カルメル会の霊的読書

聖母文庫 神との親しさ1 聖性の理想

[神との親しさ]は黙想の手引きとなると同時に、完全なるキリスト教的生活を生きる道を教える本です。黙想書に最適。

 本書は、すぐれた霊性の大家で、ローマの跣足カルメル会国債神学院で教理神学と霊性神学を教えていたガブリエル修道士がまとめた、古典的名著である。その内容は今日なお、いささかも現代性を失っていない。それどころか、キリスト教的生活に関する公会議の教えの注解とさえ言えるであろう。(「はじめに」より)

¥540

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

聖母文庫 神との親しさ2 祈りと対神徳

 キリスト教的完徳の根本的手段とされる念祷と、信・望・愛についての黙想。

 念祷は、内的生活をいとなむために絶対に必要な手段で、いわば内的生活の呼吸、リズムのようなものである。しかし、ふつうは、ある時期、じっさいに努力して黙想に励まないかぎり、そうした結果は得られない。ことばをかえていれば、念祷するすることを学ばなければならない。(序文より)

¥540

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

聖母文庫 神との親しさ3 心の浄化

キリスト信者の必読書。神よ、あなたを知り、愛し、あなたに仕えるために、わたしを造ってくださったのです。

 神は、わたしたちの霊魂の上に光り輝く神聖な太陽であって、霊魂を占領し、その中にしみ通り、これをご自分の光と愛に化してしまいたいとさえ望んでおられる。しかしそうなさるためには、その人が「被造物のすべてのしみ」、つまり、罪の汚れや、乱れた愛着をことごとく振りきろうと決意するのをお待ちになるのである。」

¥540

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

聖母文庫 神との親しさ4 愛の実践と聖霊

キリスト教的生活の基礎である愛の掟と聖霊の賜物について黙想するために。

 「まことにわたしは言う。わたしの兄弟である最も小さな者の一人にしたのは、わたしにしてくれたことなのである」(マタイ25・40)とイエズスは言われた。兄弟的愛徳は神に対する愛の延長、創造主であり父である神のために、すべての人を抱擁する愛の広がりにほかならない。

¥540

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

聖母文庫 神との親しさ5 秘跡と使徒職

信者を聖化する教会,教会によってさずけられる秘跡,信者の義務である使徒職などについての黙想。(キリスト教書総目録より)

¥540

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

聖母文庫 神との親しさ6 三位一体の神

三位一体の神、神の属性、聖霊についての黙想。人々の中に働かれる聖霊について考える。・・・・・三位一体の奥義は、神の善、愛、豊饒性、生命は、測ることも、くみつくすこともできない大洋であることをわたしたちに悟らせてくれる。神の無限の偉大さについての感覚(センス)を大きくしてくれるこの悟りは、なんと貴重であろう。 224頁 (038)

¥540

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

聖母文庫 神との親しさ7 キリスト・イエズス

 おおイエズス、受肉された神のみ言葉であなたの内に秘められた偉大な神秘を、もっと深く悟らせてください。

 じつにみことばが人間となられたのは、わたしたちに超自然の存在を与えるためであった。イエズスはわたしたちを神の子とするために、この地上に来られたのである。本性上、神のおん子であるイエズスは、このようにして、彼によって、彼において、恩恵によって神の子となった多くの兄弟の長子となられた。これこそ、わたしたちを超自然的な状態に高める神の感嘆すべき神秘な計画である。

¥540

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

聖母文庫 神との親しさ8 聖マリアと聖ヨセフ

おお、神の母マリア、そしてわたしの母でもあるマリア。あなたのやさしいお姿は、なんという光、なんという慰めをわたしにもたらすことでしょう。

 おおイエズス、わたしは、ナザレの小さな家で、マリアとヨセフのそばにおいでになる、子どものあなたをながめるのが、ほんとうに好きです。こんなに単純でけんそんなあなたの生活は、あなたと同じ年ごろの、他の子供たちの生活になんとよく似ているのでしょう。(本文より)

¥540

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

聖母文庫 JESUS イエズス

東方教会の無名の修道士が、主イエス・キリストの御姿を生き生きと書く黙想の書。 「本書はすでに8カ国後に翻訳されている。これによっても 本書がいかに普遍的な興味をひく本であるかがうかがい知れよう。 どのページを開き、どの一節を読んでも、何ともいえぬ爽やかさを感じる。 それは、いわば下地として、本文の背後にある聖書のみことばそのものから生じる爽やかさである」 (ゼノ・イエル神父「序文」より)

¥540

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

聖母文庫 神はわたしたちのうちに わたしは神のうちに

わたしの一生に太陽がさんさんと注いでいたのは 「心の深みに住まわれる神」と親しくしていたからでした。 二十一世紀の日本に生きるわたしたちは、 過去のどの時代の人々よりも豊かな生活をしています。 しかしこの時代が過去のどの時代よりも 平和な時代であるとは誰も言えないでしょう。 国と国の間の平和、国内の平和だけではありません。 最も大事な心の平和が失われた時代なのです。 エリザベットは短命でこの世を去ることを恨まず、 むしろ喜びの内にこの世を去ることができたのは、 喜びのうちに人生を生きたからであり、 その喜びは「神との親しさ」から来ていたのです。

¥540

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

ラウンシオ修士 神の現存の体験

生涯、神の現存の修行(神との親しい沈黙の語らい)を続けたカルメル会のラウレンシオ修士の談話や書簡を収載。キリスト教的完徳の要約ともいうべき、一修道士の模範と教え。 

ご復活のラウレンシオ修士(1611-1691)

カルメル会の修道士。神秘家。「神との親しい沈黙の語らい」の修行を通して、神との一致を求めた。彼の死後、その生活や教えが尊重され、多くのキリスト者に影響を与えた。 

目次

・日本語訳序文

・序説

・霊的訓言

・ラウレンシオ修士の談話

・ラウレンシオ修士の手紙

¥864

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日