教文館 始まりのことば

神父が贈る366の聖句と黙想の言葉。SNSで9万超のフォロワーに支持される著者。大好評『こころの深呼吸』(2017年)の続編として刊行!聖句に毎日親しめる一冊で、受洗者へのギフトとしてもおすすめです。

「どうか、御父が、信仰によって

あなたがたの心の内にキリストを住まわせ、 

あなたがたを愛に根ざし、 

愛にしっかりと立つ者としてくださるように」 (エフェ3・16-17)

たとえ天地が崩れても、

神さまの愛は揺らぎません。

神さまの愛に根を下ろしていれば、

何も心配する必要はないのです。(本文より)

◎著者紹介

片柳弘史(かたやなぎ・ひろし) Twitterアカウント @hiroshisj

1971年埼玉県上尾市生まれ。1994年慶應義塾大学法学部法律学科卒業。1994─95年コルカタにてボランティア活動。マザー・テレサから神父になるよう勧められる。1998年イエズス会入会。現在は山口県宇部市で教会の神父、幼稚園の講師、刑務所の教誨師として働く。

『世界で一番たいせつなあなたへ──マザー・テレサからの贈り物』(PHP研究所)、『ひめくりすずめ──いつもそばにいるよ』(キリスト新聞社)など著作多数。

¥990

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

サンパウロ 主はたとえで語られた vol3

『主は「たとえ」で語られた』Vol.1、Vol.2に続く本書は、その完結編である。

本書においては、受難と死のときが迫っていることを悟っておられたイエス・キリストが、世の終わりについて「たとえ」で語られた箇所を取り上げ解説する。

著者:澤田豊成(聖パウロ修道会司祭)

判型:B6判 並製

ページ数:154ページ

ISBN:978-4-8056-3916-0

発行:サンパウロ

¥1,320

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

サンパウロ 主はたとえで語られた vol 2

好評発売中のvol.1に続く本書は、ルカによる福音書とマタイによる福音書からの「たとえ」話が述べられている。

〈放蕩息子〉〈金持ちとラザロ〉〈迷い出た羊〉など、キリスト教徒だけではなく、読者の誰もが胸をうたれ、自分の生き方をふり返って見つめ直し、良き人生へと導かれる話である。分かりやすい易しい解説と滋味のあるイラストを味わいたい。

イエスは「多くの喩えをもって、み言葉を語られ、喩えなしには語られなかった。」

(マルコによる福音書4章33~34節)

¥1,320

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

サンパウロ 主は「たとえ」で語られた VOL1

書は、月刊誌「家庭の友」(サンパウロ発行)に5年間にわたって連載された原稿をまとめたものである。

聖書の中でイエスが語られる有名な「たとえ」話に関する解説が、イエスの思いに触れ、味わうことができるように簡潔にまとめられている。

日々の生活の手引き書として最適である。

イエスは神の国の神秘、

神のなさり方を語られるとき、

必ずと言ってよいほど「たとえ」で語られた。

なぜイエスは「たとえ」を用いられたのか。

本書は「たとえ」話の解説を通して

イエスの思いに迫る。

¥1,320

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

ドンボスコ社 けんそんのしおり

「あなたは自分のつとめ以外のこと、すなわち神にたいしても、人間にたいしても責任をもっていないことに干渉してはならない」(本文より)

19世紀末の閉塞した教会において、世界宣教とカトリック教会の再生に心血を注いだ教皇レオ13世が黙想のおりに記した思索のことばをまとめました。

初版から60年が経つロングセラーです

¥275

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

あかし書房 人間 神のイコン

本書は、“George A. Maloney, S. J. Man, The Divine Icon The Patristic Doctorine of Man made according to the Image of God. New Mexico : Dove Pubications, 1973.”を訳したもの。著者のジョージ・A・マローニィ師は、イエズス会員で、フォーダム大学教授を経て、現在は米国カリフォルニアを拠点にして、世界各地で黙想指導を行っている。「神の像と似姿」についてはっきりと教え、キリスト教の人間観の根源がなんであるかを教えてくれる。キリスト教の広さ、深さ、豊かさ、親しさを感じさせてくれる一冊。

●目次

日本語版への序文 ジョージ・A・マローニィ

はじめに「像と似姿」

第1章 教父の見方

精神は実在する、像と似姿、実存主義 対 本質主義、本性と超自然

第2章 御父の像キリスト

ロゴスの教義の源泉、ギリシャのパイテイア、ユスティノスのロゴスの教義

第3章 聖エイレナイオス

最初の創造における像と似姿、失われた楽園、回復した楽園

第4章 アレクサンドリアのクレメンス

ロゴスの役割、キリスト教的グノーシス主義

第5章 オリグネス

神の「像によって」造られた人間、罪と像、像と似姿、ロゴスの役割、恵みとしての聖霊の現存、キリストへの最終的な変容

第6章 聖アタナシオス

神のロゴス - 御父の像、像と「像によって」、罪の結果、人間の神化、聖霊の働き、人間の協力

第7章 カッパドキアの教父たち、聖大バシレイオスとナジアンゾスの聖グレゴリオス

聖バシレイオス(330ごろ〜379年)、神の像によって造られた人間、堕落した人間、救い主が来る、聖霊の働き、人間の働き、ナジアンゾスの聖グレゴリオス、像の教義、治療としての御父のロゴス、聖霊の息

第8章 ニュッサの聖グレゴリオス

神の最初の像、永遠の今、性、皮の衣、完全なる人間 キリスト、神との一致

第9章 アレクサンドリアの聖キュリロス

人間は神の像によって造られている、キュリロスの人間論、キリストの役割、キリストによる聖化、聖霊 - 御子の完全なる像、楽園の人間

第10章 教父の人間論

像と似姿、罪が生じた後の人間論、キリストによって回復した人間論

¥3,080

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

中央出版社 観想と活動

¥2,090

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

サンパウロ 観想の道

本書は中世以降、霊性神学に多大な影響をおよぼしたボナベントゥラの、霊的生活の指針ともいうべき名著の新訳です。

著者:ボナヴェントゥラ

訳者:小高毅

本体:900円+税

判型:B6判並製

ページ数:168ページ

ISBN:4-8056-1505-2

発行:サンパウロ

¥990

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

岩波文庫 聖なるもの

合理的に発達した宗教の核心には、非合理的なもの―感情や予覚による圧倒的な「聖なるもの」の経験が存在する。オットー(1869‐1937)はその本質を「ヌミノーゼ」と名づけ、現象学的・宗教哲学的考察を展開する。キリスト教神学のみならず哲学・比較宗教学にも多大な影響を与えた、20世紀を代表する宗教学の基礎的名著。新訳。

¥1,254

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

あかし書房 キリスト秘義と救いの歴史

訳者など: ヴィクトール・ワルナッハ 福地幹男 土屋吉正共訳 出版社: あかし書房

税込価格:3,780円(本体価格: 3,500円)

判型:A5/336頁ISBN:978-4-87013-816-6発売年月:1984年8月1日 カテゴリー : キリスト教書籍

内容詳細

キリスト教の秘義神学的・救済史的総合による神学基礎論の試みです。この本は個人で読むよりも何人かで読書会を持ち、意見や感想を分かち合っていけたら信仰生活の刷新にも役立つと思われます。

●目次

第1章 原秘義

第2章 創造秘義

第3章 人間の悪の秘義

第4章 キリストの救いの業

第5章 教会秘義

第6章 典礼秘義

第7章 救いの秘義

第8章 救いの完

¥3,850

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

聖母文庫 真の愛への道

ノヴァク,ボグスワフ

1962年ポーランドに生まれる。1981年神言会に入会。1958年来日。1992年名古屋南山教会にて司祭叙階。2008年から名古屋南山教会の主任司祭

¥550

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

岩波文庫 神の慰めの書

私が本書の訳に従事したのは30歳代から40歳代の初めにかけてである。80歳をこえた今日までの40年間を通じて、エックハルトは私を鼓舞激励している。たとえば、「神は私よりも私に近く在(いま)す」。人間は幸福を求め、美を求め、宝を求めて遠路を行く。しかし、比類を絶したものはむしろ近くに、あまりにも近くにある。エックハルトの言葉は年とともにますます輝き、新鮮さを加える。

【マイスター・エックハルト】

ドイツの神秘思想家。1260頃〜1327。ドミニコ会士。ケルンで神学を学び、パリにてマギステルの称号を得る。ストラスブルク、ケルン等で神学を講じ、説教家としても活躍したが、汎神論者の嫌疑で告訴され、未決中に没。

¥1,210

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

オリエンス宗教研究所 存在の根を探して

天地創造、カインとアベルの物語など、聖書に記された人間の姿、そして十戒の現代的意義や主の祈り、イエスの生き方をていねいに見ていくことを通して、心の奥底で、神との生きた出会いへと読者をいざなう。カルメル会での40年にわたる観想生活から生まれた本書は、カルメルの霊性に触れ、味わう入門書としても最適。

1 生きることの原点

2 「聴く」という生き方の意味

3 私とは誰?――自らの存在に聴き入る

4 独りでは自分になれない私

5 存在の根のずれとゆがみ

6 兄弟性におけるずれとゆがみ

7 問題性からの脱出

8 信じるということ

9 イエスに出会うということ

10 福音が語るイエス・キリスト

11 食べられるものとなられた方の思い

12 イエスに近づく

13 呼び集められた人々(1)――教会のイメージとしてのマリア

14 呼び集められた人々(2)――教会のイメージとしてのご訪問

15 現代という荒れ野を歩む道(1)

16 現代という荒れ野を歩む道(2)

17 現代という荒れ野を歩む道(3)

18 主の祈り――主とともに生きる道

19 苦しみの中のイエス

20 生きるイエスを捜し続ける教会

21 キリストを生きる生活基盤

22 「心の深い深い、いちばんの奥底」へ

エピローグ 「人とは何ものか(詩編8)」――アイノタメの道

¥1,870

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

ドンボスコ社 キリストにならう

ドンボスコ社 バルバロ訳 フェデリコバルバロ 第二の聖書として読み継がれてきた書籍です。受洗のお祝いに。16×11×2センチ  

 「第二の福音書」、「中世の最高の信心書」と称されるデ・イミタティオ・クリスティ (「キリストにならう」)は神秘学派の生んだ美しい花であり、キリスト教的修徳書の逸巻で あり、聖書についで多くの人に親しまれた本である。   「キリストにならう」は、簡潔で飾り気のない正確な文体が特に賞せられ、 中世特有の美しいラテン語で書かれ、神への烈烈たるしかもつつしみ深い愛と経験が 紙面ににじみ出ている。  1953年に初版が発行され、実に25版を重ねたバルバロ師訳の「キリストにならう」。 21世紀の改訂版は版を重ねる中で失われたバルバロ師の力強い訳文に戻しながらも、 現在使われていない文語的表現を改め、さらに聖書の引用箇所や、参照箇所を明記し、 段落ごとに見出しをつけて再編集したものである。  バルバロ師の名訳がここによみがえったことは喜びにたえない。 

インデックス

第一巻 霊的生活に役立つ勧めはここにはじまる

 第一章 キリストにならって、世のはかないものを軽んじる

 第二章 へりくだる

 第三章 真理を知る

 第四章 行動は慎重に

 第五章 聖書を読む

 第六章 節度のない欲望

 第七章 むなしい期待とうぬぼれを避ける

 第八章 過度の親しみを避ける

 第九章 従順と服従

 第十章 むだな言葉を避ける

 第十一章 内的な平安を得る方法と霊的進歩への熱意

 第十二章 艱難の利益

 第十三章 誘惑に抵抗する

 第十四章 邪推を避ける

 第十五章 愛徳のために行う

 第十六章 他人の欠点を耐え忍ぶ

 第十七章 修道生活

 第十八章 聖なる教父たちの模範

 第十九章 よい修道者の修行

 第二十章 孤独と沈黙を愛する

 第二十一章 心の痛悔

第二十二章 人生のみじめさ

 第二十三章 死を黙想する

 第二十四章 罪びとの審判と罰

 第二十五章 生活を熱心に改める 

第二巻 内的生活のための勧めはここにはじまる

 第一章 内的なまじわり

 第二章 謙遜な服従

 第三章 平和を愛する善良な人

 第四章 心の清さと意向の正しさ

 第五章 自分を反省する

 第六章 正しい良心の喜び

 第七章 すべてを超えてイエスを愛する

第八章 イエスとの親しい友情

第九章 すべての慰めの喪失

第十章 神の恵みに感謝する

第十一章 イエスの十字架を愛する人はすくない

第十二章 聖なる十字架の栄光ある道 

第三巻 内的な慰めの書はここにはじまる 

第四巻 聖体拝領への信心の薦めはここにはじまる 

¥1,320

  • 1 kg
  • 在庫切れ