ガラバンダルの聖母

ガラバンダルの聖母(ガラバンダルのせいぼ)は、ガラバンダルに聖母マリアが出現したとされる出来事である。

ガラバンダルの出現は広く知られており、スペイン北部、カンタブリア州のペーニャ・サグラ山脈に位置するサン・セバスチャン・デ・ガラバンダルの田舎町で、1961年から1965年にかけて、四人の若い女子生徒に、大天使聖ミカエルが最初に現れ、次に祝されたおとめマリアが現れたとされる。

訪問は千回にもわたり、多くの群衆を引きつけ、超自然的現象をともない、その多くが写真に収められ、何千人もの目撃者がいる。幻視を見たのはマリ・ローリ・マゾン(1949年5月1日-2009年4月20日)、ヤシンタ・ゴンザレス(1949年4月27日-)、マリ・クルス・ゴンザレス(1950年6月21日-)、そしてコンチータ・ゴンザレス(1949年2月7日-)である。

この一連のご訪問での祝されたおとめマリアはしばしば「ガラバンダルのカルメル山の聖母」と呼ばれる。それは、聖母の容姿とドレス、髪型が、カルメル山の聖母のご絵によく似ているからである。

『人はたくさんの犠牲と、罪の償いをしなければなりません。また、何回もご聖体を訪問しなければなりません。でも、なによりもまず、善い人になることが必要です。もし、善い人になろうとしないなら、とても大きな罰がわたしたちの上に下るでしょう。さかずきは既に溢れようとしています。ですから、私達が行いを改めなければ、罰がやって来ます。』

DVD ガラバンダル聖母のメッセージ

¥2,160

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

ガラバンダル聖母のメッセージ

¥1,728

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日