子どもギフト良書 いのち

いのちの時間

命について深く考える本です。大人にも子供さんにもどうぞ。

小さな虫から人間まで、その「いのち」と「死」を見つめ、深い印象の絵と短いながら奥行きのある言葉で、やさしくその意味を語りかけてくれます。子どもには難しい大切な人や動物の「死」についての理解がきっと深まります。推薦の言葉 アルフォンス・デーケン(上智大学教授)「この世にあるすべてのいのちは、与えられた時間を精いっぱい生きている。おとなとこどもが生と死の豊かな神秘について語りあおうとするとき、この本は豊かな想像力を育む得がたい一冊となろう。」

¥1,650

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

童話屋 葉っぱのフレディ いのちの旅

大きな木の太い枝に生まれた、葉っぱのフレディのおはなし。

春に生まれたフレディは、数えきれないほどの葉っぱにとりまかれていました。はじめは、葉っぱはどれも自分と同じ形をしていると思っていましたが、やがてひとつとして同じ葉っぱはないことに気がつきます。フレディは親友で物知りのダニエルから、いろいろなことを教わります。自分達が木の葉っぱだということ、めぐりめぐる季節のこと...フレディは夏の間、気持ちよく、楽しく過ごしました。遅くまで遊んだり、人間のために涼しい木陰をつくってあげたり。

秋が来ると、緑色の葉っぱたちは一気に紅葉しました。みなそれぞれ違う色に色づいていきます。そして冬。とうとう葉っぱが死ぬときがきます。死ぬとはどういうことなのか...ダニエルはフレディに、いのちについて説きます。「いつかは死ぬさ。でも”いのち”は永遠に生きているのだよ。」フレディは自分が生きてきた意味について考えます。「ねえダニエル。ぼくは生まれてきてよかったのだろうか。」そして最後の葉っぱとなったフレディは、地面に降り、ねむりにつきます。「死」について考える作品です。フレディとダニエルの会話を通じて、生きるとはどういうことか、死とはなにかを考えさせられます。「死ぬということも 変わることの一つなのだよ」というダニエルの言葉に、著者の哲学が込められているようです。

文章が中心の本です。季節の移ろいとともに変化していく木の様子が美しい写真と水彩の挿絵で表現されています。

この絵本を、自分の力で「考える」ことをはじめた日本の子どもと、子どもの心をもった大人たちに贈ります。わたしたちはどこから来て、どこへ行くのだろう。生きるとはどういうことだろう。死とは何だろう。人は生きているかぎりこうした問いを問いつづけます。この絵本が自分の人生を「考える」きっかけになることを祈ります。本書は、アメリカの著名な哲学者レオ・バスカーリア博士が「いのち」について子どもたちに書いた生涯でただ一冊の絵本です。

¥1,650

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

BL出版 その手がおぼえている

子どもは仲良しのお友だちと手をつなぐのが大好き。

大人だって、大好きな人と手をつなぐと、なんだってできそう、どこへだって行けそうな、無敵な気持ちになりませんか?本書は、お母さんと子どもが重ねていく時間と記憶を、手を通して描く物語です。大きなおなかをそっとなでるお母さんの手は、優しい。この世界は素敵なところだよ。あなたに会えるのが、とっても楽しみだよ。きっと、そんなことを思いながら。あなたが産まれたとき、お母さんの手はその小さな体を愛おしそうに包みこむ。ふらふらしながら、ようやく立っちしたとき、あんよしたとき。あなたの「初めて」を誇らしげにささえてくれたのは、お母さんの手。暗い夜の階段をのぼるとき、怖がるあなたの小さな手を、温かな手がしっかりと握ってくれた。スキップして走って転んで、泣きべそをかいたときには、お母さんの手があなたを抱き上げて、テキパキとよごれた手を洗ってくれた。パンパンパン!手のひらをあわせて音を鳴らし、笑顔を見合わせた手遊び。一緒に土をさわり、野菜をもいだ庭仕事。並んで立ち、一緒においしいものを作りだしたキッチン。手のひらから小鳥にえさをあげた、雪の日。当たり前のように手をつないで、並んで歩いていた親子だけれど、子どもの成長につれて、いつしかお母さんは小さな背中を見送ることが多くなっていく――。温かくて柔らかい本書の絵を眺めていると、自分の中に確かにある愛された記憶と感触に、心が満たされるような気がします。

自分がもらってきたたくさんの愛を、今度は子どもにバトンタッチしていく――。人間がずっとつづけてきたことの素晴らしさと尊さ、そしてかぎりない愛が、本書からきらきらと溢れ出ています。最後のページを開いてみてください。

献辞の下にある、翻訳者の落合恵子さんの温かく真摯なメッセージが胸をうちます。

大切な人と一緒に読めば、忘れがたい思い出のひとつになること間違いなしの一冊です。

¥1,650

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

岩崎書店 ずっとそばに

森の中で仲良く暮らしてきた動物たち。その森が人間によって開発されてしまいます。餌がなくなってきて、とうとうくまさんはみんなのかわりに里まで出ていくことに…

¥1,404

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

いのちを考える絵本 いのちのおはなし

「いのちは、どこにあると思いますか?」

「いのち」や、いのちをどうつかおうかと決める「こころ」は見えませんが、見えないものこそ大切にすべきです。空気は見えませんが、人が生きるのに大切だということに似ています。――<あとがきより>

¥1,430

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

聖母の騎士社 まんが 焼けたロザリオ

聖母の騎士社 小崎登明神父様の生い立ち、実話を描いたまんがです。

 

¥1,296

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

読み上げCDつき いのちいろはかるた ジュニア版

ジュニア版:札サイズ9.5cm×6.8cm 

読みあげCD・解説付き

読みあげCD内容:日野原重明先生による読み札読みあげ・吉田名保美さん(フリーアナウンサー)による読み札・解説読みあげ

読み札:日野原重明(聖路加国際病院理事長) 

絵 札:柳沢京子 

解 説:宮坂勝之(聖路加国際病院周術期センター長) 

発 行:NPO法人いのちと平和の森飯綱高原 

製 作:株式会社アスク

¥2,750

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

いのちをいただく

大人から子供まで読んでいただきたい

命を考える本

5万部突破! 『JIN―仁―』で人気の漫画家・村上もとかさんも絶賛! 朝日新聞「天声人語」欄でも取り上げられ、学校での読み聞かせでも愛読されています。

西日本新聞社から刊行されている単行本『いのちをいただく』は、全国で感動を呼び、10万部を突破したロングセラー。『紙しばい いのちをいただく』も、紙しばいとしては異例の売れゆきを続けています。この名作が、新版として、手に取りやすい絵本になりました。

坂本さんは、食肉センターで牛を“とく”仕事をしています。息子のしのぶくんは、小学校の授業参観で、お父さんの仕事について、うつむきながら「普通の肉屋です」と答えます。担任の先生に、「お父さんが仕事ばせんと、肉ば食べれんとぞ」と言われ、しのぶくんは考えを変えます。「お父さんの仕事はすごかとやね」と言うしのぶくんを見て、坂本さんはもう少しこの仕事を続けようと決心します。そんなある日、坂本さんが勤める食肉センターに、女の子と一頭の牛がやってきて――。

¥1,540

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日