原発 放射能

原爆 原発 放射能について考える

未来社 浦上の原爆の語り 永井隆からローマ教皇へ

「浦上のカトリック教徒が、この70年間、どのように原爆を語ってきたのかを辿ることは、吹き荒れた暴力のあとで、どのように人びとが生きる意味を見出してきたかの軌跡でもある。」(本文より)

長崎における原爆被害を象徴する存在である浦上のカトリック教界の原爆の語りを対象に、語りの意味とその変容を提示する。永井隆の燔祭説の受容に着目し、史料批判および「実証性」に沿って、当時の視点を再構成。集団のなかで語りは、どのようにせめぎあい、いかなる理由で変容していくのか。また、どのような意味と力を与えてきたのか。

目次

第一章 歴史の語りを繙く

歴史叙述についての先行研究

歴史の物語論に対する批判

原爆被害についての先行研究

浦上の原爆の語り

第二章 浦上と永井隆

一 「浦上」

浦上の歴史と原爆被害/浦上と差別

二 永井隆の燔祭説

永井隆の足跡/永井隆の燔祭説

三 永井隆の燔祭説をめぐる論争

一九五〇年代から七〇年代/一九八〇年代以降/燔祭説をめぐる論争の問題点

第三章 焦点化する永井隆

一 占領期の長崎における原爆の語り

原爆投下後から占領軍による検閲開始までの変遷/永井隆の登場/「ピース・フロム・ナガサキ」の発祥と国際文化都市建設の礎論/朝鮮戦争の勃発による反動

二 焦点化する永井隆

占領軍との親和性/占領期の長崎における燔祭説の位置

第四章 永井隆からローマ教皇へ――純心女子学園をめぐる原爆の語り

一 純心の沿革と学校の被害

二 純心女子学園をめぐる原爆の語り

一九四五(昭和二〇)年から一九六一(昭和三六)年まで/一九六一(昭和三六)年以降/ローマ教皇ヨハネ・パウロ二世の来日と恵の丘長崎原爆ホーム/一九八一(昭和五六)年以降の純心女子学園における原爆の語り

三 二つの語りが意味するもの

第五章 浦上の原爆の語り

一 占領期

二 ローマ教皇庁と日本のカトリック教会の動向

三 浦上のひび

四 長崎における原爆被害をめぐる行政と市民活動の流れ

五 原水爆禁止運動とカトリック教界

六 カトリック地域共同体の変容

七 ローマ教皇ヨハネ・パウロ二世の来訪

八 カトリック教界への波紋

日本のカトリック教界/長崎のカトリック教界

¥2,750

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

グールドン パウゼヴァング

一生に一度は読みたい名著

そして未来に伝えたい書籍&DVDです

¥2,750

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

聖母の騎士社 原爆の秘密

原爆が長崎に落とされた時に、三菱造船所には1909年に設置された巨大な電動重機があった。

この起重機は、原爆投下に際しても損傷されず、いまだに三菱造船所で稼動している。

この事実は、1945年8月当時、長崎で最も重要な攻撃目標になるはずの軍事施設が

アメリカの原爆攻撃から外されていたことを示す有力な物的証拠になろう。

¥1,650

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

岩波現代文庫 チェルノブイリの祈り

2015年ノーベル文学賞受賞。

1986年の巨大原発事故に遭遇した人々の悲しみと衝撃とは何か.本書は普通の人々が黙してきたことを,被災地での丹念な取材で描く珠玉のドキュメント.汚染地に留まり続ける老婆.酒の力を借りて事故処理作業に従事する男,戦火の故郷を離れて汚染地で暮らす若者.四半世紀後の福島原発事故の渦中に,チェルノブイリの真実が蘇える.(解説=広河隆一)

¥1,143

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

河合ブックレット 福島原発事故

小出/裕章

1949年東京に生まれる。1968年東北大学工学部原子核工学科に入学。1974年東北大学大学院工学研究科修士課程修了(原子核工学)後、京都大学原子炉実験所助手。1960年代の高度成長期の後期に、原子力こそ未来のエネルギー源と考えて原子核工学の研究の道に進むも、早い段階で原子力の危険性に思い至る。とくに女川の反原発運動に接して以後、「核廃絶」を追求する科学者へと自覚的に研究のスタンスを転換。その姿勢を一貫させたまま現在に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

¥990

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

合同出版 放射性セシウムが人体に与える医学的生物学的影響

 チェルノブイリ原発事故で汚染された地域の住民を病理解剖し、動物実験の結果と組み合わせて、体内の放射性セシウムが人体の健康に与える影響を分析した論文。2009年、ECRRエドワード・ラッドフォード記念賞受賞。

 本書は、チェルノブイリ原子力発電所事故によって汚染された地域の住民の健康状態に関して、ゴメリ医科大学が10年にわたって実施した剖検を含む医学的調査、および動物実験の結果を評価し、人体の各器官に起こる病理学的変化を考察したものである。病変は全身の臓器に認められたが、とくに放射性セシウムの毒作用に注目し、生体中の長寿命放射性元素による一連の症候群(SLIR)を強調した。

 体内に取り込まれた放射性セシウムによる健康影響を考える一助に。

¥1,980

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日