シスター 本

シスターの本

かんき出版 機嫌良くいれば、だいたいのことはうまくいく。

お楽しみはこれから。ゴールは「いい人生」!死との向き合い方、心の持ち方、毎日の習慣。50万人の悩みを聞いてきた89歳シスターが贈る37のレッスン。

目次

1 小さなことを面白がれば人生は大成功(人生をワクワクさせる「好奇心」をもち続ける。;YouTubeなどデジタルを味方にする。 ほか)

2 日々機嫌よく、心を整えるコツ(気になることを言われたら、「既読スルー」でほっておく。;「ついてない」という気分でいるのは、もったいない。小さな訓練で気持ちを切り替える。 ほか)

3 大切な人との別れ、悲しみを生きる力に変える(一瞬元気になったかに見える時間、この世から旅立つ準備がはじまる。;仲違いしている人と仲直りをしたい。死にゆく人の強い思い。 ほか)

4 いつかくる死、終わりがあるから一生懸命になれる(死の瞬間は、本人にはわからない。だから、死を恐れることはない。;自分の気持ちを押さえつけず、いまこの瞬間を満足できることで埋めてゆく。)

¥1,430

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

ソフトバンククリエイティブ 死は人生で最も大切なことを教えてくれる

死は人生で最も大切なことを教えてくれる

鈴木 秀子:著者

「死」こそ、人生で最高の先生です。

「えっ!? 死なんて避けたいし、全然いいものじゃない」

「死ぬなんて怖い」

「死ぬことを考えると、気分が暗くなる」

…そんな言葉を多くの方がおっしゃいます。

しかし、やはり、人は死を意識すると、考え方や行動が美しく変わるのです。

それは、身内や親友が亡くなる時も、自分自身が死を迎える時も同じです。

少し例を出しましょう。

人は死を意識すると…

・生きる上で、最も大事なことが見えてくる(本当に大事なことしかする時間がとれなくなるから)

・人に優しくなれる(みんなを愛し、みんなから愛されて、死を迎えたいから)

・死を冷静に受け止めることができる(死から逆算して人生を送ることができるから)

・過去の反省ができる(これまでを振り返るため)

「死」はとても大事なことを、私たちに教えてくれるのです。

そのきっかけを与えるのが、本書の役割。

実際に、膨大な数の死にゆく人たちを見届けた著者が、

エピソードを通じて、優しく説いていきます。

さらに、死を意識せずとも、普段から簡単に

美しく生きる心構えが身に着く簡単なレッスンも紹介しています。

¥1,019

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

文響社 世界でたった一人の自分を大切にする

聖心女子大学で教鞭をとってきたシスターが、

すべての女性に伝えたいこと。

就職する、結婚する、子どもを産む、いろいろな生き方を選ぶ中で、

隣の芝生が青く見えてしまうこと、たまにありませんか。

シスターは、「人との違いは、不平等ではなく個性」と語ります。

桜には桜らしい咲き方が、すみれにはすみれらしい咲き方があるように、

私たち人間それぞれにも、自分にしかできない咲き方があります。

桜しか咲かない世界よりも、色々な花が咲く世界のほうが美しいように、

人間社会も色々な人がいるから素晴らしいのです。

自分らしく幸せに生きるために必要な、

「3つの絆を育てる」という考え方をお伝えします。

●「生かされている」と考える

●「自分を下げる言葉」を言わない

●「夢中」で心を切りかえる

●「当たり前」に感動する

●自分のいいところを育てて、自分と仲良くする

●「機嫌よく」生きる

●「見えない本心」に耳をすませる

●「時間」と「心」をあげる

●人には「いい人でいたい」本能がある

●「聞き流し方」を身につける

●自然の美しさを賛美し、感謝する

●本当の祈りを覚える

●深い悲しみに意味を見出す

●ミッションを生かす生き方をする

¥1,210

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

PHP研究所 人はいつか死ぬのだから

人はいつか死ぬのだから

小さな「気づき」は人生の恵み

著者 鈴木秀子著 《聖心会シスター》

主な著作 『世界でたったひとりの自分を大切にする』(文響社)

税込価格 1,353円(本体価格1,230円)

内容 死にゆく人々の看取りと、悩める人々に寄り添い続けているシスターがコロナ禍に語る「いまを生きる」ヒント。人生で本当に大切なこと。

解説

 この世に生まれ出た人間に、必ず訪れる「死」。人は誰でもそのことを知っているはずなのに、ほとんどの人は、「まだ大丈夫」「自分にはまだ来ない」と思って生きているのではないでしょうか。しかし、コロナ禍のいま、まだ元気だった人のあっけない死や自死のニュースを耳にして、誰もが死を身近に感じたはずです。

 本書は、悩みを抱えた人からの相談や特に死が近づいた人の看取りとその家族の心に寄り添い、祈ることに長年、力を注いできた聖心会シスターが、「生きているあいだに、本当に大切にすべきことは何か」を、これまでの貴重な体験をもとに語ったものです。

 死ぬときになって後悔しないように、思い込みから閉ざしていた心を開くこと、当たり前と思っていたことのかけがえのなさに気づくこと、いま生かされていることに感謝することなどに思い至らせてくれます。何気ない毎日をもっと幸せに生きられる秘訣を教えてくれる、人生の必読書です。

¥1,353

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

ジャンヌボッセ

96歳、日本在住65年のカナダ人シスターが教える幸せに生きる秘訣

■ポイント

96歳、”調布の宝物”とたたえられ、慕われている、日本在住65年を超すカナダ人シスターの、慈愛に満ちたそして力強い言葉が、生きる勇気を与えてくれます。いまのあなたを受け入れて、微笑を絶やさなければ、幸せはついてくる。

■内容

 調布のコングラシオン・ド・ノートルダム修道会に御年96歳のカナダ人シスターがいます。彼女はいまでも週3回勉強会を開き、カトリック信者ではない人々にも門戸を開き、これまで多くの人たちの悩みを聞き、勇気付けてききており、幅広い人々に敬愛されています。 本書は、やさしい柔和な笑顔の底に流れる、彼女のゆるぎない信念、謙虚な姿勢からにじむ彼女の言葉を拾い出し、日常の中で、幸福感や豊かさを感じるためのヒントが散りばめられた一冊とします。 多くの悩みに耳を傾けてきた彼女ならではの日本人に対する答とは? 65年以上日本で暮らす彼女から見た日本人の美点とは? 読めば心が軽くなる生き方の指南書です。

■著者

1916年カナダ。ケベック生まれ。21歳でコングレガシオン・ド・ノートルダム修道会のシスターになる。1947年、来日。修道会小学校の英語・音楽教師を11年、女子寮寮母を16年務め、50代後半から週3日聖書の勉強会を行っている。

¥1,045

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

渡辺和子 面倒だからしよう

累計発行118万部のベストセラー、『置かれた場所で咲きなさい』の渡辺和子による最新著書。

本書のタイトル『面倒だから、しよう』は、著者がノートルダム清心女子大学の教授だった当時からの合言葉で、実際に学生に教えていたものです。

「人は皆、苦労を厭い、面倒なことを避け、自分中心に生きようとする傾向があり、私もその例外ではありません。

しかし、人間らしく、よりよく生きるということは、このような自然的傾向と闘うことなのです。」 自分を見つめなおし、毎日をあたらしく、ていねいに生きるための一冊。

小さなことこそ、心をこめて、ていねいに。幸せは、いつもあなたの心が決める。120万部突破のベストセラー『置かれた場所で咲きなさい』待望の第二弾。

¥1,045

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

渡辺和子

花びらを傷つけられていっそう芳香を放つスミレのように、

人も苦しみを乗り越えて強くなれる――。

心を癒やす愛の力とは、女性らしさとは、日本人に必要な教育とは何か……

やさしくも力強い言葉で語りかける珠玉のエッセイ集。

豊かな人間性を育む言葉の数々が、ここにある。

【目次】

たいせつなもの

・たいせつなもの

・汚濁の空気

・女性とくつ下

・らしさ

・美しい人

・若い世代との対話

・文明と人間の幸福

・ディケンズのことば

・目に見えないもの

・ゆるし

・平和への道

・Where are you?

・みずから灯を

・愛する力

・暴力は自分に

・実験主義

・迷惑より奉仕を

・礼儀について

・心のゆとり

・女子教育について

・「新しい女性」の教育

・相互理解ということ

・経済成長と教育

・教育者の日記から

・自由のきびしさ

ある感想

・幸福

・スミレ

・鏡

・隣人、ともに苦しむ心

・セミの声

・ヨブの話

・タレント

・いっぱいの水

・思い出すこと

・サマリア人

・温かい岡山の心

・ある感想I

・ある感想II

・友情と離脱―修練女への手紙―

・世界会議に出席して―「平和推進における大学の役割」―

・日本人の心と宣教

・親孝行に関する一考察

【著者について】

渡辺和子(わたなべ かずこ)

1927年北海道生まれ。ノートルダム清心学園理事長。

教育総監・渡辺錠太郎の次女として生まれ、その後、聖心女子大学を経て、上智大学大学院修了。

ノートルダム修道女会に入りアメリカに派遣されて、ボストン・カレッジ大学に学ぶ。

ノートルダム清心女子大学(岡山)教授、同大学学長歴任。著者に、

『目に見えないけれど大切なもの』『「ひと」として大切なこと』『忘れかけていた大切なこと』

『置かれた場所で咲きなさい』『面倒だから、しよう』など多数。

出版社からのコメント

【著者より】

この本は、一九七〇年に上梓した私の第一著作集『人をそだてる』(サンパウロ) 

を改題し、文庫化したものです。

四十年以上も前の本ではありますが、朝日新聞出版さんから文庫化の希望をいただき、

この本に書かれていることばをまだ必要とされる方がいらっしゃるなら、

という気持ちで出版していただくことにしました。

確かにこの四十数年の間に、社会は大きく変わりました。

本書では科学技術と人類の幸福の関係について何度もふれていますが、

科学技術は確かに生活を便利にしました。

執筆当時と比べると、多くの建物にエレベーター、または自動ドアが設置され、

年配者やお体の不自由な方にとって暮らしやすい社会になりました。

このような便利さは、他人の手を借りなくても済むような世の中にしましたが、

他方、困った人を見て、心配して思いやる気持ちを忘れさせつつあると感じます。

福祉は大切です。しかし、「手を差し伸べる気持ち」を

福祉のために用いられたお金で売り渡してはいけないのです。……(中略) 

文庫化にあたって書名を『スミレのように踏まれて香る』としましたが、

スミレは花弁を傷つけられて、いっそう強く香り立つそうです。

苦しみを踏み台にしてつつましくも健気に強く育っていくのは、人間も同じです。

人の心の苦しみは、同じく心をもってしか癒せません。……(中略) 

この本を手に取ってくださった方に、

スミレの花言葉でもある「小さな幸せ」が訪れますようにと祈ります。

(「はじめに」より) 

¥627

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

渡辺和子

あいさつをしたのに、会釈すら返してもらえなかった時。他人から辛辣なことを言われたり、そういうことを人づてに聞かされた時。「私はもっといい仕事ができたはずなのに」と自信をなくした時――傷いっぱいの日々を生きるあなたの心を支える言葉が、ここにあります。

本書は、「信仰があっても、なくても、人間、落ち込むことに変わりはないのです」というシスター渡辺が、「ひとりの人間」としての日常や、心と体の病から立ち直った経験から学んだことを、飾らない筆致で綴ったエッセイ集。あなたの生き方、考え方を励まします。

「そんな自分を嫌わず、いじめず」「したい性と主体性」「なぜ人を殺してはいけないのか」「好き嫌いを乗り越える」……など、ふと感じるみじめさやむなしさ、孤独感は、たくましくしなやかな自分を育てる糧になるということを教えてくれる48篇を収録。 心に穴があきそうなあなたに読んでほしい、珠玉の随想集、待望の文庫化!

小さな誤解をうけて心が波立つ時。思いがけない挫折にあい、人生にポッカリ穴があいたような気がする日―人は皆、傷いっぱいの日常を生きています。あなたのみじめさやむなしさ、孤独感はきっと、たくましくしなやかな自分を育てる糧になるでしょう。本書は、ひとりの人間としてのシスターの日常や、病の経験から学んだことを飾らず、ありのまま綴る珠玉の随想集。愛と励ましの言葉がここにあります。

¥564

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

高木 慶子 それでも誰かが支えてくれる

シスター高木の本は 死別を経験された方へ 生き方を模索されている方 のコーナーにもあります

人生は喪失体験の連続。若さ、仕事、友人、パートナー。グリーフケアに携わってきた著者が、喪失を乗り越え生きることの意味を説く。

¥1,540

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

鈴木秀子

たった1ミリでいいのです。心と体を広げてみて下さい。あなたと、あなたのまわりの人が必ず幸せになります。25のミラクルステップ。

鈴木/秀子

東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。フランス、イタリアに留学。ハワイ大学、スタンフォード大学で教鞭をとる。聖心女子大学教授を経て、国際コミュニオン学会名誉会長。聖心女子大学キリスト教文化研究所研究員・聖心会会員。文学博士。1980年代後半に、日本にはじめて、エニアグラムを紹介し、以後日本におけるエニアグラムの第一人者として、高い評価を得ている。全国および海外からの頻繁な招聘、要望に応えて、「人生の意味」を聴衆と共に考える講演会、ワークショップで、さまざまな指導に当たっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

¥1,570

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

鈴木秀子 9つの性格

「すべての人は、9つのタイプに分けることができる」――発刊後すぐに話題騒然となった、44万部突破のベストセラー、ついに文庫化!

「すべての人は9つのタイプに分けられる」――世界各国で科学的に検証され、日米の一流企業で人事研修にも採用されている、神秘の人間学“エニアグラム”。

タイプを分ける20の質問に答えれば、あなたが、(1)完全でありたい人、(2)人の助けになりたい人、(3)成功を追い求める人、(4)特別な存在であろうとする人、(5)知識を得て観察する人、(6)安全を求め慎重に行動する人、(7)楽しさを求め行動する人、(8)強さを求め自己主張する人、(9)調和と平和を願う人、の中でどのタイプかがわかる。

自分のタイプを知り、こだわりや恐れから解放されれば、自らの能力と個性を最大限に生かすことができる。さらに、相手のタイプを知り、長所と短所を見極めれば、その人に合った対応の仕方がわかり、良好な人間関係も築ける。まさに、新しい生き方を実現するための“人生の地図”といえる。

各界で話題騒然となった44万部突破のベストセラー、ついに文庫化!

「人間は、九つの本質の中の一つを与えられて、この世に生を受ける」―世界各国で科学的に検証され、日米の一流企業で人事研修にも採用されている、神秘の人間学“エニアグラム”。自分のタイプを知り、囚われから解放されれば、自らの能力と個性を最大限に生かすことができる。まさに新しい生き方を実現するための“人生の地図”なのだ。日本中で話題騒然となったベストセラー、ついに文庫化。

商品の説明をすべて表示する

¥711

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

今泉ヒナ子 シスターのおしゃべりノート赤いバラの歌

季節の移ろい、日々の情景、友人との会話や出会い……日常の出来事一つひとつに心を留め、感動し、そのすべてに神の計らいを見いだす今泉ヒナ子シスター。幸せに生きる秘訣がいっぱい詰まったエッセー集です。

目次

・序のことば(渡辺和子)

・第一章 日常でふと思うことの中にこそ、神さまはいらっしゃる

・第二章 素敵な人との出会いは神さまが開けてくださった窓

・第三章 神さまからの贈り物を感謝していただくと、生きることが楽しくなるでしょう

・第四章 ちょっとだけ人生の先輩から、あなたへ

・第五章 いのち――受け継ぎ、伝えていく大切なもの

・第六章 神さまはいつも一緒にいてくださる!

・第七章 私たちはこの国で、カトリック教育に心を注ぎ続けたいのです

・少しばかり長いあとがき 赤いバラの歌〜わがおしゃべりの歴史〜

■著者略歴(いまいずみ・ひなこ)

1931 年東京都生まれ。1954 年清泉女子大学英文科卒業。同年コングレガシオン・ド・ノートルダム修道女

会入会。1960 年東北大学文学部修士課程修了。桜の聖母短期大学学長、コングレガシオン・ド・ノートルダ

ム修道会日本管区長、明治学園理事長、桜の聖母学院理事長を歴任、現在学校法人明治学園学園長。

¥770

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

PHP研究所 渡辺和子 どんな時でも人は笑顔になれる

願ったことが叶えられなかった時の落胆や失望には計り知れないものがあります。でも、そういう切なさ、つらさこそが、実は人間が成長してゆく上で「本当にたいせつなもの」「必要なもの」だったのだと、いつか必ず気づく日があるものです――

本書は200万部を超えるベストセラ―『置かれた場所で咲きなさい』の著者で、昨年末に89歳で帰天したノートルダム清心学園理事長・渡辺和子さんの図らずも遺作となった書。 

2.26事件での父の死、母の反対を押し切って入った修道生活や若くして就いた学長職、つらい鬱病や難病の経験など、厳しい現実の中で学んだことをまとめた既刊著書の中から、いま改めて伝えたいことを厳選。親交のあったマザー・テレサや恩師、そして苦手だった母との思い出も交え、読みやすくまとめたものです。

<神が置いてくださったところで咲きなさい>で始まる詩も収録しました。心疲れて道に迷うとき、生きるヒントを示してくれる本です。

時間の使い方は、いのちの使い方。たった一度の人生をどう生きるか?生涯を教育に捧げ、89歳で帰天した著者が、最後に遺した書。

¥1,100

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日