新刊 再入荷 本 書籍

アルカナ出版 神の愛と知恵 ラテン語原点訳

本書は、目次にもあるように、五部からなっています。原典では、各部が無題になっているため、簡単に解説を加えておきます。< br> 第一部は、愛の定義から始まります。愛と生命との同一性を指摘し、その生命の源としての神は、〈人間そのもの〉、人間の原型です。その〈神・人〉によって、宇宙万物と人間が創造されました。特に人間は、その〈意志と理性〉が神の〈愛と英知〉をうける器であることから、神の似姿として造られています。 第二部は、創造にさいして、特殊な媒体となった霊界の太陽について触れます。自然の太陽からくる熱と光が、自然的生命の源になっているのと同様、霊界の太陽からくる熱(すなわち愛)と、光(すなわち英知)があって、自然界だけでなく、霊界、とくに人の霊的な生命(つまり合理性と自由)の成長にとって、唯一無比の力になっています。以上は『天界と地獄』にも散見できます。 第三部では、段階gradusの概念が入ります。創造の秩序には、連続的な段階と隔離的な段階があります。とくに後者には、目的・原因・結果の系列があり、それがあらゆる秩序をより高い段階に引きあげていくジャンプ力になります。これは自然界の無生物から、霊の世界に生きる人間まで、ありとあらゆるものに及び、その契機にしたがい、人の霊眼も開かれていきます。自然界と霊界の相応も、宇宙万物・人間・霊界・天界のハイラルキーも、そこから説明でき、天界を目指す人と、地獄を目指す人の区別も、そこから生まれます。 第四部は、自然の大気が、太陽の熱と光の媒体となって、宇宙の創造と成長に役立っているように、霊界の太陽の熱と光、つまり神の愛と英知は、霊界の大気を通して、自然世界の背後にあって、万物と人間を役立ちの世界へと導いています。そこでコナートゥスconatusという概念が登場します。英語ではefforts、日本語でも「努力」と訳されていますが、自然の物質世界と生物の世界、それに人間にも備わっている生命的なジャンプ力、神の愛と英知がめざす目的、つまり役立ちに向かわせる働きです。本書では、「推進力」(場合により「効能」)と訳しました。 第五部は、人間の心臓と肺臓の解剖学的反省をとおして、人の意志と理性が、それぞれ役割を異にしながらも、いかに神の愛と英知に近づいていくかを、夫婦の結婚になぞらえて解説します。つまり、「知る・理解する・感知する」というステップを踏みながら、意志と理性が相補的に結ばれ、神の愛と知恵による恒久の計画が、人の中で実現されてゆき、人は神の似姿・神の像になって行きます。 スヴェーデンボルイの『神の愛と知恵』は、その数多くの著作のなかでも、特に親しまれていますが、その理由は、万物の進化が偶発的に生起して、その積み重ねで、この世界の秩序を説明しようとするネオ・ダーウィニズムや唯物史観にたいして、時代的には遥か以前から、はっきりとした「ノー」を提示している点です。神の創造の秩序のなかで、神によって意図的に組み込まれた〈愛と英知〉の広大な計画を、いきいきと読者のまえに示します

¥2,200

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

教文館 パウロの弁護人

著訳者など: G. タイセン 大貫 隆訳

出版社: 教文館

税込価格:4180円

(本体価格: 3,800円)

判型:四六判/486頁

ISBN:978-4-7642-6734-3

青年法律家は獄中の使徒を救えるのか?

キリスト教最大の伝道者の実像を原史料に基づいて再構築し、その卓越した神学と生涯を描き出した著者渾身の思想小説。

新約聖書学の碩学が「遺言」として贈るパウロ研究の結実!

【あらすじ】

舞台は紀元後61年のローマ。ストア哲学を信奉する若き法律家エラスムスは、友人のユダヤ教徒からある男の弁護を依頼される。その人物は、エルサレム神殿を異教徒に開放した廉で移送されてきたパウロという「キリスト信奉者」であった。受任を逡巡するエラスムスであったが、恋心を抱くユダヤ人女性ハンナの勧めもあって、遂にパウロとの接見を果たす。しかし、その先に垂れ込める暗雲とは……?

¥4,180

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

一麦出版社 心の垣根を越えて

心の垣根を越えて テゼのブラザー・ロジェ その生涯とビジョン

〈テゼ〉という驚きべき出来事を可能にした人物の伝記。その人の名はブラザー・ロジェ。この時代に人々から最も愛されたキリスト教の指導者の一人。

彼は、なぜキリスト者の間に対立が存在しなければならないのかと問うた。

彼は、和解と平和が日々そこで具体的なものとなっていくような共同体を設立した。

世界中から、キリスト教のあらゆる教派から、何千もの若者たちが、毎週テゼを訪れ、共に祈り、学び、礼拝している。

著者:キャスリン・スピンク

訳者:打樋啓史、村瀬義史

判型:A5判 並製

ページ数:256ページ

ISBN:978-4-86325-130-4

発行:一麦出版社

¥3,080

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

サンパウロ CD 来ませ救い主

「降誕」から「復活」へと向かう典礼の歩みの中で、合唱曲となったカトリック聖歌が、その輝きを放つ。

合唱によるカトリック聖歌シリーズ第2弾。

●収録曲

1. とくわきながれよ

2. やみじになやめる

3. あわれみの神(A)

4. 来ませ救い主

5. しずけき

6. きたれ友よ

7. あめのみつかいの

8. 地にも空にも

9. まきびと

10. ああベトレヘムよ

11. あわれみのみ心よ

12. 主のもとに

13. みあるじを

14. みえらびうけし

15. いばらのかむり

16. カルワリオの

17. おん身はむごき

18. かぎりなき

19. しゅろの葉を

20. いざよろこべ

21. よろこべ今日ぞ

22. さかえのみ神を

編曲:伴谷晃二、佐伯康則、町田治、瀬尾照明、外山愛

指揮:平本義和

合唱:コラール長崎、お告げのマリア修道会

演奏:齋藤亨(Violin)、田辺清士(Cello)、松本俊穂(Organ)、他

曲数:22曲

発売:サンパウロ

¥2,933

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

サンパウロ CD みははマリア

教会堂から漏れ聞こえてくるマリアへの賛歌、耳に心地よいその歌は、おのずと堂内へ人々を引き寄せる。

合唱によるカトリック聖歌シリーズ第4弾。

●曲名

 1. あめつちをつくり

 2. くしきぶどうの木

 3. ふかき主の愛

 4. みこころに

 5. うるわしき

 6. きよけし

 7. あまつみはは

 8. みははマリア

 9. われらの母なる

 10. うるわしきみはは

 11. うつしよにも

 12. あめなるきさきの

 13. 愛のみはは

 14. いざほめうたわん

 15. めぐみのみははよ

 16. あめのきさき

 17. ああうるわし

 18. きよきおとめとて

 19. アヴェ・マリア

 20. ああなつかしき

 21. そらのかなた

 22. あかつきの星よ

編曲:伴谷晃二、佐伯康則、町田治、瀬尾照明、外山愛

指揮:平本義和

合唱:コラール長崎、お告げのマリア修道会

演奏:松本俊穂(Organ)、齋藤亨(Violin)、梶耕輔(Viola)、他

曲数:22曲

発売:サンパウロ

¥2,933

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

サンパウロ CD 主をほめたたえよ

教会は、グレゴリオ聖歌を「ローマ典礼に固有な歌として認め」(「典礼憲章」116)、「典礼行為において、他の同等のものの間で首位を占めるべき」(同)ものとして、典礼における確固とした地位をグレゴリオ聖歌に与えている。これは、教会が新しい扉を開くだけでなく、伝統的なグレゴリオ聖歌やラテン語による多声音楽などの偉大な遺産を高く評価していることの表れといえるだろう。

このアルバムには、伝統的なラテン語の聖歌を中心に、現代日韓の作曲家による新しいラテン語の聖歌も収録されている。「ラテン語の聖歌をアジアから世界に」というスローガンのもと、日韓の<サンパウロ>による初のCDが誕生した。

●Laudate Dominum -THE BEST OF LATIN SACRED HYMNS-

1.O Salutaris Hostia(L.Perosi) 1'53

2.Ave Maria (I.Bianchi) 3'16

3.Adoramus te, Christe (T.Dubois) 3'13

4.Ave Maria (N.Rucci) 2'04

5.Alleluia (G.P.Telemann) 1'54

6.Ave Maria (P.Mascani) 3'20

7.Veni, Jesu, Amor mi (L.Cherubini) 3'03

8.Stabat Mater (Z.Kodaly) 4'26

9.O Bone Jesu (Yoon,Yong-Sun) 4'03

10.O sacrum convivium (D.Bartolucci) 2'07

11.Tu es Petrus (M.E.Bossi) 4'00

12.Ave verum Corpus (W.A.Mozart) 3'50

13.Ave Verum (C.Saint-Saens) 3'53

14.Ave Verum (A.Guilmant) 4'10

15.Ave Verum (C.F.Gounod) 3'27

16.Tota Pulchra (G.Bernini) 3'56

17.Salve Mater misericordiae (高田 三郎) 4'39

18.Requiem (G.Puccini) 5'45

19.Laudate Dominum (G.F.Handel) 3'03

指揮:Lee Seong Hoon

合唱:釜山カトリック合唱団 Busan Catholic Chire

演奏:聖アンドレア弦楽アンサンブル St. Andrew String Ensemble

録音:釜山カトリック大学神学部 大聖堂 2005年8月18-21日

¥3,080

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

アメリカ 書籍 煉獄の空腹の魂

空腹の魂:超自然的な訪問、メッセージ、および浄化からの警告 153ページ

煉獄の魂からの超自然的な訪問の物語

来世の魅力的で冷静な説明

教会で検証された証言と遺物

ローマの「煉獄博物館」からの写真が含まれています

幽霊のような音を聞いて1週間後、30年間亡くなった母親の精神で、男性が自宅を訪れました。彼女は彼の毅然とした人生について彼を非難し、ミサに彼女の名前で言わせるように彼に頼みます。それから彼女は彼の袖に手を置き、消えない火傷跡を残して出発します。。。

煉獄を信じていないルター派の牧師は、彼の小さなドイツの教会で祈り、慰め、そして避難を求めて彼に来る「悪魔」からの繰り返しの訪問の困惑した受信者です。しかし、貧しい人々への哀れみは男の懐疑論を克服し、彼はどのような種類の亡くなった魂がキリストに属し、それでもなお苦しむことができるかに驚嘆します。。。

空腹の魂:煉獄からの超自然的な訪問、メッセージ、および警告は、これらの物語と、煉獄での死者からの地上の訪問に関する他の多くの信頼できる教会で検証された説明を語っています。これらの説明には、ローマの「煉獄博物館」からの画像が付属しています。この画像には、衣服や本に焼き付けられた手形の多数の証拠を含む、聖霊との出会いの遺物が含まれています。自然な方法では説明できない、または人工的な方法では複製できない焼け跡。「カトリックの幽霊物語」の単なるコレクションではなく、  Hungry Souls また、これらの説明から、来世、神の憐れみ、そして最終的には煉獄で兄弟姉妹のために祈り、犠牲を払う緊急の必要性について、そしてその場所での私たち自身の滞在を短くするために私たちの生活を改革することについての重要な真実を識別します本当のそしてひどい苦しみの。

著者について: Gerard JM van den Aardweg、Ph.D。は、個人開業のオランダの心理療法士です。超心理学での彼の仕事に加えて-臨死体験やHungrySoulsで詳述されているような超常現象について書いたり話したりする-ヴァンデンアードウェグ博士は、プロライフとプロファミリーの主題について広範囲に書いています。彼は現在、7人の子供と17人の孫を持つ妻と一緒にオランダに住んでいます。

¥2,420

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

教友社 正教会の暦で読む

ロシア正教会の府主教であり、指導的神学者の一人である著者による福音書の解説。東方正教会の伝統と霊性に立ちつつ、四福音書を説き明かす。典礼暦にしたがって綴られた全354話を収録。現行で唯一入手可能な正教会の福音解説書。聖書によって信仰生活を見直す道しるべに。

著者:イラリオン・アルフェエフ

訳者:小野成信

版型:A5判 並製

ページ数:576ページ

ISBN:978-4-907991-68-5

発行:教友社

¥3,960

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

教文館 言葉を歌う グレゴリオ聖歌セミオロジーとリズム解釈

教会音楽はどのように、神の言葉を語りうるか。

現代音楽とは全く異なる構想で創作された「聖歌」。その限りなく繊細な抑揚と神学的なテキスト解釈が織り成す、表現の豊かさに迫る。

難解な記号で記録されたネウマ譜から、聖歌をサウンド(空間に鳴り響く音)として再現する方法論、「セミオロジー」を用いて、聖歌が本来備えていた具象的なニュアン スを導き出すことを試みた、最先端の研究。

¥3,300

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

日貿出版社 新装版 ステンドグラスの絵解き

ステンドグラス作家であり研究家でもある著者が、フランス留学中から今日まで二十数年間かけて取材した、900ヶ所あまりの教会のステンドグラスから選りすぐった360点の写真を全てカラーで掲載。旧約聖書の37場面、新約聖書の51場面、そして使徒や福音史家を含む60人以上の聖人達の生涯などをステンドグラスの図像で紹介する初めての「絵解き本」。海外で訪れた教会で、そこに描かれている物語が理解できるように、丁寧な解説と間違えやすい図像に関しては簡単な見分け方のポイントなどもつけた。

選りすぐりの教会のステンドグラス360点の写真を掲載。旧約・新約聖書の場面、使徒や福音史家を含む聖人達の生涯などを図像で紹介した「絵解き本」。描かれた物語を紐解き、図像の見分け方のポイントなども述べる。

 

¥4,180

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

リトン ユダヤの祭りと通過儀礼

¥1,815

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

勁草書房 交差する辺野古

辺野古の人々を20余年にわたって翻弄してきた普天間基地移設問題。辺野古区民、建設反対運動、そして日本政府が交差する中で、なぜ辺野古は生活環境悪化につながる「条件付き受け入れ容認」の立場をとることになったのか。辺野古区民の経験を通し、普天間基地移設問題は日本のどこでも起こりうる、普遍的な社会問題であることを描き出す。

¥3,960

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

サンパウロ カトリックとプロテスタント

キリスト教における宗教改革によって二つに分かれてしまったカトリックとプロテスタント。何がどのように違うのかを、カトリック神父が分かりやすく解説する。

 本書は、カトリックの神父が相互理解を求めて、その共通点、相違点を丁寧に解説したものである。聖書、洗礼、神父、牧師、結婚、離婚、自死の問題など、具体的なテーマをもとに説明する。

●主な目次

第1部 カトリックとプロテスタントに共通するもの

第2部 カトリックとプロテスタントが相違する点

第3部 宗教社会学の立場から見た相違点

第4部 カトリックとプロテスタントの一致を目指す「教会一致運動」

¥1,100

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

ミルトス 言葉で癒やす人になる

あなたが善意で言った言葉に傷つく人もいる。真に相手を癒す言葉とはどのようなものなのか。ラビで作家の著者が、ユダヤの知恵の宝庫である聖書やタルムードなどから示唆に富んだ物語を紹介。現代の豊富な事例と共に、友人関係、家族、職場での話し方、怒りをコントロールする方法、癒しの言葉の本質を論じる。

古のユダヤの教えは、言葉を弓矢に例えている。
「なぜ刀など他の武器ではないのか」とあるラビが問う。「それは、ある男が友人を殺そうと鞘から刀を抜いたとしても、友人が彼に弁明して慈悲を乞うなら、男は怒りを静めて刀を鞘に収めるかもしれない。しかしひとたび放たれた矢は、元には戻らないからである」

¥1,980

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

講談社新書 土葬の村

これは恐らく、現存する最後といっていい土葬の村の記録である。

村人は、なぜ今も「土葬」を選ぶのか?

日本の伝統的な葬式である「土葬・野辺送り」が姿を消したのは、昭和の終わり頃とされている。

入れ替わるように火葬が増え、現在、日本の火葬普及率は99.9%を超える。

土葬は、日本の風土から完全に消滅してしまったのだろうか?

筆者は「土葬・野辺送り」の聞き取り調査を30年にわたって続け、平成、令和になっても、ある地域に集中して残っていることを突き止めた。

それは大和朝廷のあった奈良盆地の東側、茶畑が美しい山間にある。

剣豪、柳生十兵衛ゆかりの柳生の里を含む、複数の集落にまたがるエリアだ。

日本人の精神生活を豊かにしてきた千年の弔い文化を、まだ奇跡的に残る土葬の村の「古老の証言」を手がかりに、詳らかにする。

【本書の内容】

はじめに

第一章 今も残る土葬の村

第二章 野焼き火葬の村の証言

第三章 風葬 聖なる放置屍体

第四章 土葬、野辺送りの怪談・奇譚

おわりに

¥1,100

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

創元社 キリスト教入門 (聖書協会共同訳対応版)

キリスト教・聖書への確かな入り口を提供する、中学生から読めるテキスト。写真や絵画を多数使用したビジュアルなレイアウトで、キリスト教や聖書のエッセンスをやさしく伝える。3巻シリーズの第1巻は、礼拝や祈り、教会などキリスト教の基本を解説するほか、イエスの生涯と弟子たちの働き、旧約聖書と新約聖書の概要を紹介する。聖書箇所は、約30年ぶりの新しい日本語訳「聖書協会共同訳」に対応。

¥990

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

創元社 新約聖書の教え (聖書協会共同訳)

キリスト教・聖書への確かな入り口

キリスト教の根幹であるイエスの教えに触れる。イエスが行った数多くのたとえ話や奇跡を紹介しながら、その教えの意味を丁寧に解説。また、初代教会、とくにパウロの活動に焦点を当て、キリスト教が世界に広がっていく様子を詳細に描き出す。キリスト教・聖書のエッセンスをビジュアルなレイアウトで伝えるテキストシリーズの第3巻。聖書箇所は、約30年ぶりの新しい日本語訳「聖書協会共同訳」に対応。

¥990

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

創元社 旧約聖書の教え(聖書協会共同訳対応)

天地創造に始まる旧約聖書の壮大な世界を学ぶ。アダムとエバ、ノアの箱舟、バベルの塔などの有名な物語、出エジプトや十戒の教えの意味をやさしく解説しながら、新約聖書との密接なつながりを念頭に預言者たちの活躍も丁寧に紹介する。キリスト教・聖書のエッセンスをビジュアルなレイアウトで伝えるテキストシリーズの第2巻。聖書箇所は、約30年ぶりの新しい日本語訳「聖書協会共同訳」に対応。

¥990

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

サンパウロ 酒井しょうこと辿る 聖フランチェスコの足跡

1985年、聖テレーズをイメージしたアンティークショップ「マチルド・イン・ザ・ギャレット」を代官山にオープン。

2004年、アッシジを初めて訪れた後、聖フランチェスコをイメージした2つめのショップ「フランキンセンス+ショップ」を立ち上げる。

現在、カトリック田園調布教会の麓に2つのショップを構える。

著書に「酒井しょうこのシンプルスタイル」CCCメディアハウス等がある。在世フランシスコ会会員。

¥1,980

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

CD カノンのミサ  ヴォーカル・アンサンブル カペラ

レオナルド・ダ・ヴィンチと同時代に活躍し、マルティン・ルターも絶賛したルネサンスを代表する天才作曲家が残した19曲のミサ曲全集

本格的な中世・ルネサンス専門のヴォーカル・アンサンブル カペラの第12弾。

全曲を通して2声のカノンを軸に作られている、実に聴き応えのあるミサ曲。それぞれジョスカンの初期と後期の様式の異なる2曲。カノンを追っていくとまたたくまに目眩くジョスカン・ワールドに引きずり込まれていく!

レグルス

¥2,750

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

いのちのことば社 最上のひまつぶし

ついに出た!楽しく「間違い探し」「迷路」などをしながら、聖書の世界を味わえる!

日めくり「笑ってみことば」「猫と笑ってみことば」でおなじみのパント大吉による期待の新作。月刊「いのちのことば」誌で人気を

博した「聖書の場面でまちがいさがし」に大幅にコンテンツが加わりました!子どもから大人まで楽しみながら、新約聖書、イエス様の生涯をたどることができます。

月刊「いのちのことば」連載時に親しまれていた方に朗報です!同じイラストは、間違い探し箇所が変更され、さらにサイズも大きくなって見やすい一冊となっています!

¥759

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

未来社 浦上の原爆の語り 永井隆からローマ教皇へ

「浦上のカトリック教徒が、この70年間、どのように原爆を語ってきたのかを辿ることは、吹き荒れた暴力のあとで、どのように人びとが生きる意味を見出してきたかの軌跡でもある。」(本文より)

長崎における原爆被害を象徴する存在である浦上のカトリック教界の原爆の語りを対象に、語りの意味とその変容を提示する。永井隆の燔祭説の受容に着目し、史料批判および「実証性」に沿って、当時の視点を再構成。集団のなかで語りは、どのようにせめぎあい、いかなる理由で変容していくのか。また、どのような意味と力を与えてきたのか。

目次

第一章 歴史の語りを繙く

歴史叙述についての先行研究

歴史の物語論に対する批判

原爆被害についての先行研究

浦上の原爆の語り

第二章 浦上と永井隆

一 「浦上」

浦上の歴史と原爆被害/浦上と差別

二 永井隆の燔祭説

永井隆の足跡/永井隆の燔祭説

三 永井隆の燔祭説をめぐる論争

一九五〇年代から七〇年代/一九八〇年代以降/燔祭説をめぐる論争の問題点

第三章 焦点化する永井隆

一 占領期の長崎における原爆の語り

原爆投下後から占領軍による検閲開始までの変遷/永井隆の登場/「ピース・フロム・ナガサキ」の発祥と国際文化都市建設の礎論/朝鮮戦争の勃発による反動

二 焦点化する永井隆

占領軍との親和性/占領期の長崎における燔祭説の位置

第四章 永井隆からローマ教皇へ――純心女子学園をめぐる原爆の語り

一 純心の沿革と学校の被害

二 純心女子学園をめぐる原爆の語り

一九四五(昭和二〇)年から一九六一(昭和三六)年まで/一九六一(昭和三六)年以降/ローマ教皇ヨハネ・パウロ二世の来日と恵の丘長崎原爆ホーム/一九八一(昭和五六)年以降の純心女子学園における原爆の語り

三 二つの語りが意味するもの

第五章 浦上の原爆の語り

一 占領期

二 ローマ教皇庁と日本のカトリック教会の動向

三 浦上のひび

四 長崎における原爆被害をめぐる行政と市民活動の流れ

五 原水爆禁止運動とカトリック教界

六 カトリック地域共同体の変容

七 ローマ教皇ヨハネ・パウロ二世の来訪

八 カトリック教界への波紋

日本のカトリック教界/長崎のカトリック教界

¥2,750

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

小峰書店 おじいちゃんのたびじたく

静かに暮らすおじいちゃんのもとに、ある日、やってきたおきゃくさま。明かりを持って、おじいちゃんの旅のおともをしてくれるようです。おじいちゃんは大喜びで、旅に出る支度を始めます。春、満開の桜の中、おじいちゃんは出発します。大好きな人たちに会いに行くために―。

誰にでも訪れる「旅立ち」を、あたたかくやさしいまなざしで描いた韓国の絵本。

¥1,540

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

ドンボスコ 新しい未来を生きるあなたへの25のメッセージ

講演会、演奏会等発信の機会が閉ざされたコロナ禍で、日本に行かれない今だから、ぜひ伝えたいことがあるという著者。

月刊誌「カトリック生活」で好評連載中の"カトリック・サプリ"に、2017年から2020年までに掲載された中から厳選し、加筆・再構成された17編に加え、「今、あなたに届けたい!」という著者の熱い思いが込められた書き下ろし8篇を含む25編は、未来を絶望することなく、与えられた冒険にチャレンジしようと呼びかける。

カトリック・サプリ1~4も好評発売中!

その1  試練のときこそ優しくなろう

 エディット・シュタインとエティ・ヒレスム

 ノートルダムが教えてくれたこと   感染症の「時」の気づき

 感染症とサマリア人  愛の神への祈り方

その2  〝みんな〟の中に悪魔が隠れていることもある

 マグダラのマリアがつなぐもの  罪悪感を消す  コロナ禍と「自由」

 道徳と平和  福音の真珠

その3  困っている隣人に手を差し伸べるのは難しいことですか?

 フランスと聖ヨセフ  カトリックでよかった

 いのちが「歩み」である話  聖霊の舞うとき  本当の「全人医療」

その4 神の恵みはどんなときにもあふれている

 ジャンヌ・ダルクに学ぶ三つのこと  コロナ禍の自粛と神の要請

 慎重であること  時とはいのちのことだ  教会の危機ってなんだろう

その5 戻る場所を探すのではなく新しい未来を!

 イエスを翻意させようとする母

 「コロナ危機」の復活祭が教えてくれたこと  「私」の向こう側

 「神のみ旨」を考える三つの話  いのちを愛する生き方

¥814

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

八坂書房 改訂増補版 中世教皇史

教皇権を「本質的には中世ヨーロッパで生まれた」ものと喝破、西欧中世の実社会の動向の中にその興隆と衰退の実態を見定め、「ヴァティカン以前」の教皇と教皇庁の本質を物語性豊かに描き出す。古代から現代まで連綿と続く教皇・教皇庁の歴史を語る上で欠かせぬ名著、訳註や巻末の文献案内・教皇一覧を増補した待望の新版。図版多数。

第1章 始まり

1ローマ司教/2ローマ帝国下の教皇権/3教皇権の解放

第2章 中世教皇権の勃興

1教皇権とフランク人/2西欧人とローマ/3皇帝権と教皇権

第3章 改革の時代

1改革運動の始まり/2グレゴリウス七世と叙任権闘争/3教皇政府の発展/4十二世紀の教皇たち

第4章 教皇君主制

1中世教皇権の危機/2教皇の「バビロン捕囚」/3大シスマ(教会大分裂)

第5章 新時代の幕開け

訳者あとがき

改訂増補版へのあとがき

歴代教皇一覧(増補あり)/文献案内(増補あり)

¥4,180

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

オリエンス宗教研究所 旧約聖書に見るあがないの物語

旧約聖書の登場人物たちがより身近に感じられる入門書。聖書における「あがないの物語」を通して、神の救いの業(わざ)を読み解く。

神の人類に対する限りない愛と赦しを理解するために。

商品番号: 114-2

ISBN978-4-87232-114-2

A5判・並製・224頁

本体価格: 1,800円(税別)

旧約聖書において、神が人間の想像をはるかに超えて救いの約束を実現するさまを、「あがないの物語」という観点から、その深い意味をわかりやすく解き明かす。新約におけるイエスの十字架の死をより豊かなイメージでとらえ、神の人間に対する限りない愛と赦しを理解するために。大学生たちへの長年の講義から生まれた、だれもが旧約聖書に親しむことができる入門書。わかりやすい人物相関図やさまざまな名画も紹介。

¥1,980

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

河出書房新社 やさしい旧約聖書物語 やさしい新約聖書物語

河出書房の旧著『少年少女世界の文学2 聖書物語』を2分冊として新装復刊。はじめて聖書に接するおとなのみなさんにもわかりやすく読みやすい。

¥2,860

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

日本キリスト教団出版局 日本聖公会聖歌集による聖歌伴奏・アレンジ集 第5巻

2006年に刊行された「日本聖公会聖歌集」の各曲を生き生きと賛美するためのオルガン用伴奏曲集。会衆が聖歌の各節の歌詞をより明確に味わえるように、ラストヴァース用のアレンジを中心に、デスカント、前奏、後奏など、多彩な伴奏のヴァリエーションを掲載。第5巻には、教会暦の召天前祈祷日と諸祝日、聖餐式まで、聖歌215~272番のうち48曲が収録されます。巻末の「諸教派賛美歌対照表」を活用すれば、伴奏用だけでなく、さまざまな教派の礼拝でも奏楽曲集としてお使いいただけます。

出版: 日本キリスト教団出版局

著者: 立教大学教会音楽研究所

発売/発行年月: 2021年2月21日

判型: A4

¥2,200

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

再入荷 聖母の騎士社 御父の栄光のために生きる

マザー・ウージェニア・ラヴァジオを通して人類に与えられた “愛の作品”であるこのすばらしい しかも重要な本について私の意見を述べたいと思います。 天におられる私たちの父は偉大な賜物を恵みとして、 現代人が御父に対する知識と愛を高める助けとするため、 このメッセージを一人の謙遜な修道女にお与えになりました。 このメッセージが真正であることは、 フランス、グルノーブル教区長によってすでに証明されています。 私自身もこの本から多くの恵みを受けました。 ですからこの本、そして天の御父への信心が 多くの聖職者、信徒たちに紹介されることを喜ばしく思います。 すべては神の栄光のために

¥660

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

再入荷 新世社 秘儀と象徴 東方典礼への招き

タイトル 秘義と象徴 : 東方典礼への招き

著者 アンリ=イレネー・ダルメ著 ; 市瀬英昭訳

著者標目 Dalmais, Irénée Henri

著者標目 市瀬, 英昭

シリーズ名 東方キリスト教叢書, 5

出版社 新世社

出版年月日等 2002.8

大きさ、容量等 220p

大きさ、容量等 22cm

注記 "Les liturgies d'Orient, Paris, 1980, 2.ed."の全訳 -- あとがきによる

ISBN 4883820424

本書は西方のキリスト教、とりわけ、日本のキリスト教においてはほとんど聞かれることのなかった東方キリスト教典礼の歴史と現在についての手頃な概説書。無駄のない簡潔な記述の背後に、この分野における著者の並々ならぬ博識が感じられる。

¥2,750

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

ドンボスコ 神への道のり: フランシスコ・サレジオと共に歩む (ドン・ボスコ新書)

宗教改革の時代に、司牧者として活躍した聖フランシスコ・サレジオの霊性を通して、日常で神に近づくためにはどうしたらいいかをとく。「カトリック生活」の人気連載に加筆、修正を加え、各項に黙想のヒントも掲載。黙想の手引きとして最適の一冊です。

¥770

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

再入荷 聖母の騎士社 神と親しく生きるいのりの道―幼きイエスのマリー・エウジェンヌ師とともに (聖母文庫)

本書で師はわたしたちみんなが呼ばれている聖性の道を示し、神との一致への道へわたしたちを導いてくれます。神を探し求める時、闇につつまれた道程を歩まねばなりません。祈りの道を歩み続けるために光を求める人々の具体的呼びかけにマリー・エウジェンヌ師は自分の体験の実りを本書で分かち合ってくれます。

¥550

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

再入荷 聖母の騎士社 熱愛のヨセフとマリア

ヨセフとマリア。若くて美しい二人。 たがいの愛情の身振りは、何という躍動! 何という貞潔!何という上品さ! 二人は見つめ合っているが、まなざしは自分たち自身に立ち止まっていない。 彼らは、目に見えるものの彼方に、マリアが胎内に宿している御方を観ている。 「まことの光」が二人の顔を照らし変容させている。 ヨセフの福は赤、聖霊の愛と火をあらわす色。 「おとめ」マリアは王の着る緋色を着ていて、額と両肩との、三つの金の星は、 イエスの誕生の前と間と後における、彼女の純潔のしるし。

¥660

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

河出書房新社 緊急宣言 パンデミック

コロナによるパンデミックが最初に吹き荒れた2020年春、英米の有力紙に掲載された記事と緊急インタビューを日本オリジナル編集でまとめたハラリのコロナ論。本質を突いた警告と提言。

¥1,430

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

キリスト新聞社 希望する力

 上智大学ソフィア会主催「Net de ASF」で、「不安な時代をどう生きるか」をテーマに語られた東西2人の神父による珠玉の対談に、約3万字の書き下ろしを加えた現代へのメッセージ。

 「父なる神が皆さんを祝福し、その愛で満たし、守ってくださいますように。くじけずに立ち続け、失望せずにいられる力、希望する力を与えてくださいますように」(教皇フランシスコ『パンデミック後の選択』より)

第1章 対談「不安な時代をどう生きるか」

 Ⅰ 上智大学での思い出

 Ⅱ コロナ禍をどう過ごしたか

 Ⅲ 「最寄りさん」と関わる中で

 Ⅳ 「恩寵のウイルス」と「新しい信仰様式」

第2章 「恐れるな、愛せよ」 片柳弘史

 新しい宣教様式

 コロナ禍の意味

 すべては神の愛の中に

 できないこと、できること

 おわりに

第3章 「コロナ時代の教会論」 晴佐久昌英

 恩寵のウイルスがもたらす新普遍主義

 新しい信仰様式としての福音家族

 骨の教会と肉の教会

 「最寄り」の再発見

¥1,320

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日