新刊 再入荷 本 書籍

新教出版社 正教の道

正教の道

キリスト教正統の信仰と生き方

主教カリストス・ウェア著 松島雄一訳

本体価格:2,300円(10%税込定価:2,530円)

サイズ:四六判 272ページ

ISBN:978-4-400-32118-7 C1016 発行年月:2021/05/25

正教会の全体像を知る上で今や古典的定番となった書籍の待望の邦訳。正教の教えを簡潔に説き、古代の教父、現代の著作家、正教の祈祷文などから豊富な引用を行い、その霊性の広さと深さを具体的に伝える。

正誤表

【目次より】

プロローグ 道しるべ

第一章 神秘としての神

「永遠」なるお方の「遠さ」と「近さ」/神秘としての神/「お方」としての神への信仰/三つの「指標」/本質とエネルギア

第二章 至聖三者としての神

相互の愛としての神/一つの本質の内にある三つの位格/各位格の特性/神の両手/至聖三者に祈ること/至聖三者を生きる

第三章 創造主としての神

天を見上げて/ダイヤモンドの橋/身体、魂、霊としての人/小宇宙と仲保者/像?と肖/司祭と王/内なる王国/悪、苦悩、そして人間の堕落/堕落の結果/一人では誰も堕落しない/受難する神

第四章 人としての神

私たちと共に「道」を行くお方/主イイスス、我らを憐れめよ/二つでありながら一つ/「分かち合い」としての救済/なぜ処女懐胎なのか?/死に至るまでの従順/勝利としての死/ハリストス復活

第五章 聖霊としての神      

握りしめたこぶしか、広げられた両手か?/風と炎/聖霊と御子/ペンテコステの賜物/霊的師父と愚者/あなたがそうであるものになれ

第六章 祈りとしての神

「道」を行く者が通ってゆく三つの段階/三つの前提/天国は激しく襲われている /精神の方向転換 /被造物から創造主へ/言葉から沈黙へ/神との一致/暗黒と光

エピローグ 永遠としての神

終わりは近づく/未来の春/永遠への旅

【著者について】

カリストス府主教ティモシー・ウェア(Timothy Ware)

1934年、英国生まれ。オックスフォード大学マグダレン・カレッジを古典と神学で優等にて卒業。1958年、正教会に改宗した後、ギリシャ各地を旅し、とりわけパトモス島の聖イオアンネス修道院に長く滞在した。1966年、司祭に叙せられ、さらに修道士となり、カリストスという修道名を受けた。同年から2001年まで、オックスフォード大学の東方正教研究特任講師をつとめた。またオックスフォードでの牧会にも携わった。1982年にはディオクレイアの主教に叙せられ、さらに全地総主教の下にあるサイアテイラとグレートブリテンの大主教の補佐主教に指名された。2007年、全地総主教座に属する名義上の府主教となった。邦訳『正教会入門』(新教出版社、2017)

¥2,530

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

女子パウロ会 マザーテレサの霊性

ラニエーロ・カンタラメッサ 著 /太田綾子 訳

120ページ /B6判 並製(ソフトカバー)

女子パウロ会 発行

ISBN978-4-7896-0826-8 /Cコード:C0016

神なしの暗闇の中で苦しむ人々を助けるためにも、

イエスと深く一致しながら、同じ闇を生きぬいたマザーテレサ。

最も愛されている現代の聖人、コルカタの聖テレサは

多くの人に霊感を与えています。

高名な説教師ラニエーロ・カンタラメッサが、

十字架上の「イエスの渇き」へのこたえと貧しい人々への奉仕との、

マザーテレサにとって、分けることのできない関係や、

深い霊性に光を当てた、教皇庁での黙想会講和集。

より純粋な愛へのこの道から、各自が学び実践できることも語る。

もしいつの日か聖人になるとしたら、

わたしは"闇の聖人"になるにちがいありません。

地上で、闇の中にいる人たちの光となれるように

天国をいつも留守にしているでしょう。

──コルカタのマザーテレサ

マザーテレサが列福されたのは二〇〇三年十月十九日のことでした。

その年の待降節に、わたしはマザーについての黙想会を教皇庁で行う機会がありました。

本書はそのときの講話を収めたものです。

──著者序文より

闇に輝く、ある存在。

目に見えないその輝きを追って、魂は闇の奥深くへと導かれます……。

・・・・・・

「わたしたち自身よりもわたしたちに親密な、内なる存在の方」、

誰にも見られずにはたらくことができるあの唯一の「存在」でなくして、

誰が、自分自身を忘れ、あらゆる時間を他者のために費やし、

ハンセン病患者を胸に引き寄せ、

瀕死の人々を抱きしめるようなことを、

「かれら」にさせたでしょうか。

「You-did-it-to-me

 あなたは - それを - わたしの - ために - した」。

マザーテレサはこのことばを指折って数え、

「5本指の福音」と呼んでいました。

わたしたちの心に、マザーテレサの「連祷」が響き渡ります……。

──「訳者あとがき」より

初版発行日:2021年6月15日

もくじ

序文

1.「故郷を離れて、さあ行きなさい。」

1.聖性の源泉へ

2.ザクロの種

3.よいインスピレーション

4.霊の識別

5.聖霊に導かれるままにする

2.「たとえ死の陰の谷を歩むとも……」

1.夜の闇の中で

2.「荒涼の中にいる」偉人たちと並んで

3.清めだけではなく

4.無神論者と既婚者たちの傍らで

5.わたしたちの小さな夜

3.「生きているイエスを知っていますか?」

1.マザーテレサの生きる意義、イエス

2.愛の実とは奉仕すること

3.「わたしは奉仕するものとしてあなた方の間にいる」

4.それを超えるものを思い浮かべるものができないほどのキリストへの愛

4.「渇く」

1.創造的ことば

2.イエスが求めるのは、与えるため

3.教皇のメッセージ

4.創立者の死の後

5.マザーテレサとベタニアのマリア

訳者あとがき

¥1,210

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

サンパウロ 神の正義といつくしみ(聖書講座シリーズ15)

本書は、カトリック京都司教区聖書委員会が企画編集する「聖書講座シリーズ」〈No.15〉である。「いつくしみ、それはわたしたちの罪という限界にもかかわらず、いつも愛されているという希望を心にもたらすもので、神と人とが一つになる道です。」(大勅書『いつくしみの顔』)と言われた教皇フランシスコの思いに心を合わせ、6人の講師たちが「神の正義といつくしみ」を中心テーマとして旧約・新約聖書に描かれる神の愛を解説する。

¥1,540

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

海竜社 ターシャ・テューダ 人生の楽しみ方

ターシャ・テューダーと長年にわたり、

親交を深めた著者だからこそ、

実現できたファン待望のベリーベスト版!

珠玉の発言、エピソード、挿絵が満載です。

あきらめず、どんな境遇に置かれても楽しみを見つけ、

老いさえも楽しんだターシャ・テューダーが教えてくれる

「幸せとは? 豊かに生きるとは」?

第1章 自分の価値観を大切に

第2章 何があっても前を向いて

第3章 できることを楽しんで

第4章 楽しみの見つけ方

第5章 することがいろいろあるのはいいこと

第6章 成功する可能性は誰にでも

第7章 エプロンは便利よ

第8章 自分も楽しみ、人も楽しませた人生

¥1,760

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

女子パウロ会 マザーテレサの霊性

もしいつの日か聖人になるとしたら、わたしは"闇の聖人"になるにちがいありません。地上で、闇の中にいる人たちの光となれるように天国をいつも留守にしているでしょう。

──コルカタのマザーテレサ

¥1,210

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

サンパウロ 京都司教区聖書委員会 神の正義といつくしみ

カトリック京都司教区聖書委員会の聖書講座シリーズ第15弾|「いつくしみ、それはわたしたちの罪という限界にもかかわらず、いつも愛されているという希望を心にもたらすもので、神と人とが一つになる道です。」(大勅書『いつくしみのみ顔』)と言われた教皇フランシスコの思いに心を合わせ、旧約・新約聖書を解説

¥1,540

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

岩波書店 小型本 ちいさいおうち

静かないなかに,ちいさいおうちがたっていました.やがて道路ができ,たかい建物がたち,まわりがにぎやかな町になるにつれて,ちいさいおうちは,ひなぎくの花がさく丘をなつかしく思うのでした.美しい名作絵本.

¥880

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

岩波書店 大型絵本 ちいさいおうち

ちいさいおうち

時の流れとともに移りゆく風景を,詩情ゆたかな文章と美しい絵でみごとに描いた名作絵本.(2019.11改版)

著者 バージニア・リー・バートン 文・絵 , 石井 桃子 訳

ジャンル 書籍 > 児童書 > 絵本〈大型絵本〉

対象年齢 > 4・5歳から(大型絵本)

刊行日 1965/12/16

ISBN 9784001105537

Cコード 8798

体裁 その他・規格外 ・ 上製 ・ 44頁

しずかないなかに,ちいさいおうちがたっていました.やがてどうろができ,高いビルがたち,まわりがにぎやかな町になるにつれて,ちいさいおうちは,ひなぎくの花がさく丘をなつかしく思うのでした――.時の流れとともに移りゆく風景を,詩情ゆたかな文章と美しい絵でみごとに描きだした,バートンの傑作絵本.(2019.11改版)

¥1,760

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

教友社 主の母マリア

K・ラーナー『マリア、主の母』を読み解きつつ、さらに詳細な解説を加えた最新のマリア論解説書。「神の母」「処女懐胎」「終生処女」「無原罪の宿り」「被昇天」など 聖母マリアへの崇敬の教義的内容を明らかにした。

¥2,640

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

教文館 パウロの弁護人

著訳者など: G. タイセン 大貫 隆訳

出版社: 教文館

税込価格:4180円

(本体価格: 3,800円)

判型:四六判/486頁

ISBN:978-4-7642-6734-3

青年法律家は獄中の使徒を救えるのか?

キリスト教最大の伝道者の実像を原史料に基づいて再構築し、その卓越した神学と生涯を描き出した著者渾身の思想小説。

新約聖書学の碩学が「遺言」として贈るパウロ研究の結実!

【あらすじ】

舞台は紀元後61年のローマ。ストア哲学を信奉する若き法律家エラスムスは、友人のユダヤ教徒からある男の弁護を依頼される。その人物は、エルサレム神殿を異教徒に開放した廉で移送されてきたパウロという「キリスト信奉者」であった。受任を逡巡するエラスムスであったが、恋心を抱くユダヤ人女性ハンナの勧めもあって、遂にパウロとの接見を果たす。しかし、その先に垂れ込める暗雲とは……?

¥4,180

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

教友社 正教会の暦で読む

ロシア正教会の府主教であり、指導的神学者の一人である著者による福音書の解説。東方正教会の伝統と霊性に立ちつつ、四福音書を説き明かす。典礼暦にしたがって綴られた全354話を収録。現行で唯一入手可能な正教会の福音解説書。聖書によって信仰生活を見直す道しるべに。

著者:イラリオン・アルフェエフ

訳者:小野成信

版型:A5判 並製

ページ数:576ページ

ISBN:978-4-907991-68-5

発行:教友社

¥3,960

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

ミルトス 言葉で癒やす人になる

あなたが善意で言った言葉に傷つく人もいる。真に相手を癒す言葉とはどのようなものなのか。ラビで作家の著者が、ユダヤの知恵の宝庫である聖書やタルムードなどから示唆に富んだ物語を紹介。現代の豊富な事例と共に、友人関係、家族、職場での話し方、怒りをコントロールする方法、癒しの言葉の本質を論じる。

古のユダヤの教えは、言葉を弓矢に例えている。
「なぜ刀など他の武器ではないのか」とあるラビが問う。「それは、ある男が友人を殺そうと鞘から刀を抜いたとしても、友人が彼に弁明して慈悲を乞うなら、男は怒りを静めて刀を鞘に収めるかもしれない。しかしひとたび放たれた矢は、元には戻らないからである」

¥1,980

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

ドンボスコ 新しい未来を生きるあなたへの25のメッセージ

講演会、演奏会等発信の機会が閉ざされたコロナ禍で、日本に行かれない今だから、ぜひ伝えたいことがあるという著者。

月刊誌「カトリック生活」で好評連載中の"カトリック・サプリ"に、2017年から2020年までに掲載された中から厳選し、加筆・再構成された17編に加え、「今、あなたに届けたい!」という著者の熱い思いが込められた書き下ろし8篇を含む25編は、未来を絶望することなく、与えられた冒険にチャレンジしようと呼びかける。

カトリック・サプリ1~4も好評発売中!

その1  試練のときこそ優しくなろう

 エディット・シュタインとエティ・ヒレスム

 ノートルダムが教えてくれたこと   感染症の「時」の気づき

 感染症とサマリア人  愛の神への祈り方

その2  〝みんな〟の中に悪魔が隠れていることもある

 マグダラのマリアがつなぐもの  罪悪感を消す  コロナ禍と「自由」

 道徳と平和  福音の真珠

その3  困っている隣人に手を差し伸べるのは難しいことですか?

 フランスと聖ヨセフ  カトリックでよかった

 いのちが「歩み」である話  聖霊の舞うとき  本当の「全人医療」

その4 神の恵みはどんなときにもあふれている

 ジャンヌ・ダルクに学ぶ三つのこと  コロナ禍の自粛と神の要請

 慎重であること  時とはいのちのことだ  教会の危機ってなんだろう

その5 戻る場所を探すのではなく新しい未来を!

 イエスを翻意させようとする母

 「コロナ危機」の復活祭が教えてくれたこと  「私」の向こう側

 「神のみ旨」を考える三つの話  いのちを愛する生き方

¥814

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

再入荷 聖母の騎士社 御父の栄光のために生きる

マザー・ウージェニア・ラヴァジオを通して人類に与えられた “愛の作品”であるこのすばらしい しかも重要な本について私の意見を述べたいと思います。 天におられる私たちの父は偉大な賜物を恵みとして、 現代人が御父に対する知識と愛を高める助けとするため、 このメッセージを一人の謙遜な修道女にお与えになりました。 このメッセージが真正であることは、 フランス、グルノーブル教区長によってすでに証明されています。 私自身もこの本から多くの恵みを受けました。 ですからこの本、そして天の御父への信心が 多くの聖職者、信徒たちに紹介されることを喜ばしく思います。 すべては神の栄光のために

¥660

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

ドンボスコ 神への道のり: フランシスコ・サレジオと共に歩む (ドン・ボスコ新書)

宗教改革の時代に、司牧者として活躍した聖フランシスコ・サレジオの霊性を通して、日常で神に近づくためにはどうしたらいいかをとく。「カトリック生活」の人気連載に加筆、修正を加え、各項に黙想のヒントも掲載。黙想の手引きとして最適の一冊です。

¥770

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

再入荷 聖母の騎士社 神と親しく生きるいのりの道―幼きイエスのマリー・エウジェンヌ師とともに (聖母文庫)

本書で師はわたしたちみんなが呼ばれている聖性の道を示し、神との一致への道へわたしたちを導いてくれます。神を探し求める時、闇につつまれた道程を歩まねばなりません。祈りの道を歩み続けるために光を求める人々の具体的呼びかけにマリー・エウジェンヌ師は自分の体験の実りを本書で分かち合ってくれます。

¥550

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日