近代日本 キリスト教

幻冬社 ザビエルの置き土産

250単語の語源を紐解く、語学エッセイ。

運動、ジャンケン、弁当……

実は日本語じゃなかったの?

地球の裏側で今も公用語として使われているポルトガル語。

遠い地域の言葉と思いきや、実は多くの単語が日本語として生活の中に潜んでいるのです―――。

長年ポルトガル語に触れ独自で研究を続けた著者が、

日本語とポルトガル語の意外な共通点を大公開。

言葉の面白さを実感できる珠玉の語学エッセイ。

¥1,320

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

彩流社 日本に住むザビエル家の末裔

「ルイスさんはスペイン生まれ。ザビエルが日本からパリに送った手紙を16歳の時に読み感動、日本へ渡ることを決心した。25歳でマドリッドの神学大を卒業後に来日。20年間、上智大や早稲田大で倫理学や比較宗教論を教え、84年から10年間は福岡県の高校で教師として働いた。ザビエルの兄ミゲルはルイスさんの父の祖先でフランス系。ちなみにルイスさんの母はケルト系で、祖先にはスペインの画家ゴヤが肖像画を描いている、プラド美術館の創設者ホセ・モニノ・イ・レドンドがいる。ルイスさんは現在、山口県下松市在住。日本での司牧生活はすでに50年以上になる。現在は、字部市アストピアに完成した、チャペルを備えたブライダル施設「フェリース」で働いている。本の著者である鈴木れいこさんは、ルイスさんのスペイン語教室の生徒。「聖フランシスコ・ザビエルがお手本」というルイスさん。神に頼り切った飾らない人柄が、本の中からも十分に伝わってくる。

¥1,650

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

フリープレス カトリックと日本人

キリスト教とは何か、キリスト教徒は何を信じているのか。教義、構造、歴史がよく解かる

¥1,466

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

みすず書房 日本の200年 上下

日本近現代史専攻のハーバード大学教授が大学の授業ノートをもとに2002年に第1版を出し、06年に翻訳。本書は増補改訂版。徳川時代から「08年以後の日本」までの約200年が対象だ。西欧の帝国主義、植民地主義が世界を覆った時代に日本がどう生きてきたか、をバランスよくつづった通史。欧米でかなり読まれているが、日本の学生は自国の近代史が苦手だ。ぜひ本書で世界標準の教養書に触れてほしい。レベルは高いが非常に読みやすい。

¥3,960

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

吉川弘文館 話し言葉の日本史

昔の日本人はどのように話していたのか。『万葉集』の漢字の使い分けやキリシタン資料などから話し言葉を再現し、古代から近代まで言葉が次第に変化する様子を解明。形に残ることのない「話し言葉」の歴史を考える。

¥1,870

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

西南学院大学博物館研究叢書 信仰の歴史 キリスト教の伝播と受容

キリスト教の伝播と受容の歴史を,多様な図版(器物・絵画・文書)から広く学べるオールカラー図録。

キリスト教の源流であるユダヤ教から,キリスト教の誕生,アジアへの伝播,日本への伝来と禁教政策,明治以降のキリスト教主義の教育施設創設にいたる一連の図版を掲載。

【掲載図版】ユダヤ教の聖典トーラーや美術工芸品といわれるジュダイカ,各地独自の信仰形態がうかがえるイコン・聖像(特に日本の布教と関係の深いフィリピンのイコンを多数掲載)ほか,日本でのキリスト教の布教・禁教・受容の歴史を示す資料など。世界各地,また日本での多様な受容のあり方をとりあげ,キリスト教の歴史を広く学ぶことができる。

【2016年6月特別展図録/西南学院大学博物館・年2回刊

¥1,100

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

中公文庫 完約フロイス日本史 4  5

日本を初めて知った西欧知識人が、当時の日本をどのように観たのかが明快に記されている。第四巻は、築城直後の大坂城で伴天連一行を接見する秀吉と城内の様相を臨場感ゆたかに描く、高山右近を領地から追放した秀吉は、博多で突如、宣教師たちの国外退去を命じる…。毎日出版文化賞、菊池寛賞受賞。

¥1,151

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

中公文庫 完約フロイス日本史 6 7

フロイスの日本史は、思いがけない視点に立った親知見あふれる新しい日本史―。第六巻は、弥次郎との邂逅にはじまるザビエル来朝の経緯を記す。また布教の拠点が山口から宗麟膝下の豊後に移り、布教がすすむ様子と、大友宗麟の周辺やキリシタン宗門を描く

¥1,151

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

中公文庫 完約フロイス日本史8 9

島津軍に敗れた大友宗麟は、自ら大坂に関白秀吉を訪ね、援軍を要請する。島津軍は豊後に侵入し、キリシタン宗門も豊後を追われる。宗麟は関白の九州征伐の最中に病死。嫡子吉統(義統)は改宗するも、関白がキリシタンの迫害者となると、棄教してキリシタン宗門を迫害する。毎日出版文化賞、菊池寛賞受賞。

¥1,234

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

中公文庫 完約フロイス日本史10 11

有馬晴信(鎮純)を始めとする西国諸侯の改宗が相次ぐなか、竜造寺隆信は大村純忠を大村城から追放し、キリシタン宗門を掌握する。竜造寺軍は更に有馬晴信の島原に侵攻。有馬軍は、家久率いる島津軍の援けをえて、宗門の命運を賭し竜造寺軍と戦い、敵将隆信を敗死させる。毎日出版文化賞、菊池寛賞受賞。

¥1,256

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

中公文庫 完約フロイス日本史12 キリシタン弾圧と信仰の決意

秀吉の弾圧と迫害の嵐のなか、着実にしかも強固に信仰の広がりを見せる、天草や島原等のキリシタンの姿を描く。また日本で最初にイエズス会員に採用された日本人・ロレンソ修道士や有馬の教会での少年使節の祝賀式典を詳細に記す。全12巻を通してのキリシタン年表付。

¥1,151

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

筑摩書房 宣教師ザビエルと被差別民

宗教改革、大航海時代という世界史の転換期、日本はその影響をどう受けたのか?バスク生まれのザビエルは、カトリック改革派として、アジア底辺層への布教に乗り出す。その活動は日本にも及ぶ。ザビエルら宣教師たちは、ハンセン病患者を救済し、被差別民へも布教の手を差し伸べる…。やがて徳川幕府による禁制は身分差別強化のもととなる。しかし、その後も二百数十年にわたりキリシタン信仰は地下水脈のように受け継がれていった。差別問題をアジア思想史レベルでとらえ続けた沖浦和光が取組んだ最後の著作。

この本の目次

第1章 “宗教改革”と“大航海時代”の申し子・ザビエル
第2章 ザビエルを日本へと導いた出会い
第3章 ゴアを訪れて
第4章 ザビエルが訪れた香料列島
第5章 戦国時代の世情と仏教
第6章 ザビエルの上陸とキリスト教の広がり
第7章 戦国期キリシタンの渡来と「救癩」運動
第8章 オランダの台頭
第9章 賎民制の推移
第10章 「宗門人別改」制と「キリシタン類族改」制

¥1,650

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

女子パウロ会 ローマへいった少年使節

16世紀末近く、まだあどけなさの残る4人の少年が、日本人としてはじめて、ヨーロッパへの旅に出る。少年の前途はどのような事件が待ちかまえ、いかに終結するのだろうか。

初版発行:2016年5月20日

もくじ

第一章 バリニャーノ神父の壮大な計画

 消されていた“日本の歴史”

 使命をおびた船出

 日本の布教をめぐって

 マカオからマラッカへ

 苦しい船旅

 バリニャーノ神父との別れ

 喜望峰をこえて

第二章 喜びのヨーロッパ

 ヨーロッパの玄関リスボン

 ミゲルとマルチノの病気

 スペイン国王に会う

 熱狂的な歓迎

 けなげな少年たち

 花の都フィレンツェ

 ローマをめざして

第三章 歓迎のうずのなかで

 あふれる老教皇の愛

 教皇の死と新教皇誕生

 イタリア各地の旅

 水上都市ベネチア

 難航する帰路

 母国からのあいつぐ悲報

 “禁教令”下の帰国

終章 その後の少年使節

 関白秀吉に会う

 裏切りのはて

 中浦ジュリアンの最期

¥1,100

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

女子パウロ会 遙かなるローマ

から400年以上も前、4人の少年たちが3年余の歳月をかけてローマにおもむき、時の教皇グレゴリオ13世に謁見した。

長く、苦しい旅の途中、少年たちは何を考え、どんな思いを抱いていたのか? そして、彼らの目に映ったヨーロッパは?

天正の少年使節が日本をたってから8年の後、すっかり成人して帰国するまでの物語。

もくじ

出発まで

海は怖い

マラッカの赤い夕日

暑い国インドで

ヨーロッパの玄関

エスパニアを駆ける

栄光のローマ

帰りの出来事

8年ぶりの故国

少年使節年表

¥554

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

聖母文庫 伊達政宗と慶長遺欧使節

大航海時代、メキシコ、スペインを経て、ローマ教皇パウロ5世に謁見した

慶長使節の7年に及ぶ苦難と壮挙の物語。 

16世紀から17世紀に至る大航海時代、

日本人が初めて異国の宗教と出合い真剣に信じていったことは事実であった。

そのことがあったからこそ日本人の船サン・ファン・バプチスタ号が

2回にも及ぶ太平洋の横断を為し遂げたわけである。

それと共に日本人が新イスパニア(メキシコ)、イスパニア(スペイン)、

そしてローマ教皇の許まで行ったことは永遠に讃えられるべきものである。

¥550

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

PHP 日本史のなかのキリスト教

鎖国のなかで命を危険にさらしながら、布教活動を行なった人たちは何を見たのか?

命を失うことになるかもしれないと知りながら来日する宣教師たち。キリシタン禁制、厳格な鎖国のなか懸命に布教を行なう外国人たちが後を絶たなかった。

日本に初めてキリスト教の種をまいた聖フランシスコ・ザビエルやその影響から洗礼を受けたキリシタン大名、日本二六殉教者……キリシタン弾圧の時代にあっても、じっと耐える強い信仰心は驚嘆に値する。

「有限の苦しみと永遠の幸せ」を信じて、健気に天の神への忠誠を誓う。当時は恐れられていたハンセン病患者や、障がい者に対する厳しい差別があるなかで、信者たちは積極的に弱者に寄り添い、生涯を捧げていった。

本書は、日本の歴史を辿りながら、有名な人物から市井の人々にまで広く焦点を当てていく。日本史のなかで輝き続けるキリスト教について人物を中心に広くとりあげた解説書。

¥865

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

青土社 聖母像の到来

聖母マリアのイコノロジー。16世紀、キリスト教宣教師とともに到来した聖母マリア像を、日本の民衆はいかに受容し創作し変容させたのか。「世界美術史」 の立場から聖母像への認識の変更を迫る、美術史の第一人者が書き遺した、図像研究の輝かしい達成。

¥3,740

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

女子パウロ会 日本の教会の歴史

ペトロ岐部と187殉教者物語 子供さんに読ませたい本

2008年の秋、日本の教会は、本書の中でもいろいろと紹介されている殉教者188人の列福を祝う。ザビエルがはじめてキリスト教を伝えてから、四百数十年、どれほどの迫害に耐えて、信仰は生き抜かれたか。日本に本当の信教の自由、良心の自由を確立するために、ぜひ学びたい教会の歴史。

¥1,430

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

リーベル出版 ローマを目指して 天正少年使節の物語

ヨーロッパのキリスト教文化の国々を見聞しに、七年間の月日を費やして、長崎からローマをめざして旅した、天正少年使節の波乱に満ちた物語。旅のあいだ、辛苦をなめ、苦労を重ねながらたくましく成長してゆく少年たち。未知なるものを恐れず、夢を抱き、困難に立ち向かってゆく少年たちの熱き魂は、時代をこえて今なお、わたしたちに訴えかけてくる何かがある―。

¥1,540

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

恵みの風に帆をはって

ペトロ岐部と187殉教者物語 子供さんに読ませたい本

勇気と優しさを生きぬいた人たちが現代に伝える希望の福音

¥1,980

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

DVD アジアの瞳

天正遣欧使節団を描いた傑作

¥10,079

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

聖母文庫 江戸キリシタン山屋敷

東京・文京区小日向周辺に、

キリスト教禁教時代、宣教師を収容した山屋敷があった。

そこで殉教した宣教師、監禁された人たちがいた。 

最初は寛永16年(1639)初夏、伝馬町牢内で拷問により転んだとされ

暫く収容されていたイエズス会ジョアン・パプチスタ・ポルロ神父と

マルチノ式見市左御門神父が送られてきた。

続いて寛永20年(1643)9月、イエズス会士4人と従者6人、

それに宝永6年(1709)11月には

イタリア人在俗司祭ジョアン・パプチスタ・シドッチ神父も送られてきた。

彼らは一様に扶持米が与えられ仮令表面上でも転宗を誓えば

一生涯をのんびりと山屋敷で暮らせたわけであった。

¥660

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

新潮新書 武士道とキリスト教

牧師にして日本屈指の剣術家が説く! 武士の切腹は宣教師の殉教に通じる。「義」は「愛」に呼応する―人の生き死にを真摯に問う二つの「道」を極めて得た、いま日本人に必要な智恵。

¥759

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

聖母文庫  南蛮キリシタン女医 明石レジーナ

備前のキリシタン武将ジョアン明石掃部守重の末娘として岡山城下で生まれ、江戸初期の切支丹弾圧時代にポルトガル人宣教師が伝えた南蛮医学に情熱を燃やし、漢方の医師たちが見放した患者の外科治療に献身した女性がいたことはあまり知られていない。実証歴史作家が描くレジーナ明石亜矢の物語。

¥880

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

殿様は明治をどう生きたのか

江戸時代に各地を治めていた藩主は、明治には華族として「鹿鳴館」で開かれる舞踏会場で華やかに踊っていたというイメージでとられがちである。だが、実際には極貧生活にあえぐ者があれば、宮司となって世間の片隅でひっそりと生きる者、はたまた外交官として世界各地を飛び回る者もいた。こうした十四人の元殿様の知られざる生き様をテレビなどでお馴染みの河合敦が紹介する。

¥1,023

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

フォレストブックス 勝海舟最後の告白

明治維新で大きな役割を果たした勝海舟。彼の人脈にはクリスチャンが少なからずおり、彼自身キリスト教を擁護していた。

そして晩年、アメリカ人医師が、勝の口から「私はキリストを 信じる」という告白を聞いた。勝海舟が最期に見た真実とは何だったのか―。

¥1,045

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

作品社 勝海舟とキリスト教

青い目の嫁が見た、晩年の海舟の孤独な内面。 義弟象山の横死、病弱の長男、娘の病死など重なる試練に耐えながら、窮状にある異邦の友人家族に優しく援助の手を差し伸べる……、三男梅太郎の妻クララの視点から描く晩年の海舟の素顔。

¥1,100

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

ドンボスコ社 高山右近 その霊性をたどる旅

血で血を洗うような戦国時代、生涯カトリックの信仰を貫き晩年は国外追放された ひとりのキリシタン大名、高山右近。その人生と信仰の歩みをたどる旅に、ご一緒に出かけませんか。オールカラー、ゆかりの地の写真等満載です! ●もくじ 高山右近の霊性 聖書の言葉より 右近列福までの軌跡が日本の教会に示すもの … パウロ大塚喜直 高山右近 歴史・人物ガイド 第1章 信長と右近  1 豊能 右近誕生  2 沢城 キリストとの出会い  3 芥川城 父ダリオをみつめて  4 高槻 城主高山右近  5 有岡 決断の時  6 安土 信長のもとで あなたはどう思われますか ―― 降りていく人・ユスト高山右近 … 古巣馨 右近は意外とくいしん坊? 第2章 右近と秀吉  7 京都 義を第一に 千利休と右近  8 賤ヶ岳 右近死す?  9 大阪 導き手として 大坂城  10 明石 嵐の前の静けさ  11 博多(箱崎) 右近追放! 教皇シスト五世の手紙  12 室津 なくてはならぬもの  13 小豆島 潜伏の日々  14 金沢(1) 前田利家に招かれて 八王子城攻め(小田原城攻め)  15 名護屋(佐賀県) 秀吉との謁見かなう 聚楽第(城下町大名屋敷図) 千利休 聚楽屋敷址  16 伏見 父ダリオ、逝く 外国に伝わった右近の心 … デ・ルカ・レンゾ 第3章 右近と家康  17 金沢(2) 金沢城、大修復 もうひとつの関ケ原、大聖寺攻め  18 高岡 高岡城の縄張り 北国の使徒として  19 金沢(3) 加賀からの追放 道行(金沢から長崎へ)  20 長崎 さらば、日本  21 マニラ 殉教者として マニラでの右近の葬儀とその後 ユスト高山右近の列福に思う … 平林冬樹 右近ゆかりの地をめぐって … 関谷義樹 右近をめぐる人々 右近関連略年表 参考文献

¥1,100

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

聖母文庫 高山右近の生涯 日本初期キリスト教史

イエス・キリストへの信仰を貫いた戦国武将、高山右近の生涯を描いた伝記。右近の列聖申請書の底本となった、イエズス会士ヨハネス・ラウレスによる書の現代語訳版。

¥1,100

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

高山右近の足跡を歩く

己の信念を曲げず6万石を放棄した大名がいた! 

織田信長・豊臣秀吉に仕え、徳川家康・前田利家と同じ時代に生きたキリシタン大名高山右近の生涯は、波乱に満ちた人生で あった( あとがきより)。

400 年前の全国の高山右近ゆかりの地を探し歩いて写真におさめた写真集。

●目次

キリシタン大名高山右近(川崎桃太) 

生誕の地・高山(大阪府豊能郡)を歩く 

奈良・多聞城・沢城を歩く (宗教論争) 多聞城跡/沢城跡 

高槻を歩く 高山右近天主教会堂跡・高槻カトリック教会/和田惟政の墓/南蛮寺跡 

安土・京都を歩く 明智光秀の首塚/大徳寺総見院(織田信長)/黒田官兵衛(如水)邸跡 

賤(しず)ケ岳を歩く 賤ケ岳合戦の七本槍 

明石・小豆島を歩く 船上城本丸跡/小豆島多聞寺の十字入り灯籠/高山右近潜伏の地碑 

京都・伏見・洛中を歩く 伏見城下高山右近屋敷/元和キリシタン殉教の地  

石川・金沢を歩く 金沢城の内堀である内惣構堀/高山家に伝わる掛け軸/本行寺(七尾市)  

長崎を歩く 高山右近が納められたノヴァリチェスのイエズス会修練院の墓  

¥1,430

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

パウロ文庫 キリシタン大名高山右近

世は、下克上の戦国時代。信長、秀吉、家康と、めまぐるしく勝者は変わる。そのなかで、キリシタンとしての誠実をつらぬきとおすことは、なんとむずかしいことか。右近の、武将としての力量と人望を恐れた家康は、ついに決断する。マニラへの追放を…。

¥1,100

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

フォレストブックス 天を想う生涯 キリシタン大名黒田官兵衛と高山右近

16世紀後半、日本にキリスト教が伝えられ、多くの大名がキリシタンとなり、南蛮文化が花開いた。秀吉の軍師・黒田官兵衛と、盟友・高山右近は、ともにキリシタン大名ながら、キリスト教への弾圧が強まる中で選んだ道は大きく分かれていった……。 2014年NHK大河ドラマ「軍師・官兵衛」の副読本としてもおススメ。

¥1,320

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

フォレストブックス 高山右近を追え

髙山右近を追い続け、高橋敏夫牧師の既刊、『武将髙山右近の信仰と茶の湯』と『キリシタン大名髙山右近を追え!』を一部改定して合わせた一冊が登場。

¥1,430

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日