医療 あなたの医療は大丈夫?

文藝春秋 闇の脳科学

「人間とは何か? 精神を操るとはどういうことか? ミステリーのような科学ノンフィクション。読まねば損な一冊だ」 仲野徹氏(大阪大学大学院医学系研究科教授・HONZ書評家)絶賛!

「脳に電気ショックを与えて、『完璧な人間』へとつくり変える」

現在の米脳科学界における一大トレンドであり、DARPA(米国防高等研究計画局)も莫大な予算のもと参戦する「脳深部刺激療法」。「サイコパス」「依存症」「うつ病」「てんかん」「パーキンソン病」、そして「小児性愛」「性犯罪者」さえも矯正可能であるという夢のような治療法だ。軍事転用すれば、冷酷な兵士を人工的に生み出せる。

しかし、闇に葬り去ったはずの禁断の治療法がふたたび甦ってしまった、と戦慄する人も多い。というのも1950〜60年代、マッドサイエンティスト疑惑のある天才脳神経外科医が、倫理観の希薄な南部(ニューオリンズ)の大学で、思う存分に人体実験を敢行していたからだ。患者の頭蓋骨に穴を空け、電極を差し込むことによって。しかも彼は、人類の進歩に貢献する英雄として、もてはやされていたのだという。

恐るべきことに彼は、同性愛者を異性愛者へつくり変えることに成功。暴力行為が一瞬で消えた患者、上限のない幸福感に満たされる患者、メンタル疾患が消えた患者なども。過激化する人体実験。その一方で、手術失敗で発生した廃人たちを隠し切れなくなりーー。人間の本質=「脳」という臓器に変更を加えることは許されるのか

書名(カナ) ヤミノノウカガク カンゼンナニンゲンヲツクル

ページ数 328ページ

判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装

初版奥付日 2020年10月15日

¥2,200

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

学研 新医療ビジネスの闇

PPへの参加によって日本はどうなってしまうのか。TPPによって拍車のかかる「病気ビジネス」の実態と、それを操る国際資本家たちの意図を明らかにし、「医療による経済支配」にますます飲み込まれる日本の将来を、現役の医師が鋭く予見する衝撃の一冊

¥2,052

  • 2 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

絶対に医者に殺されない47の心得

ミリオンセラー『医者に殺されない47の心得』、『「医療否定本」に殺されないための48の真実』も、やっぱり極端すぎる! 

ニューヨークで炭疽菌テロの、そして中国でSARSの臨床を経験した著者が書く、世界的に突出して「オカシイ」日本の医者と患者の生態――自分の身体の声に耳を傾けて、医者、病院、薬、検査を上手に使いこなせば、「本当の健康」が手に入る!

¥1,188

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

医者に寿命を縮められてはいけない

「体のため」と思ってやっていたことが、

かえって体に悪いとしたら――。

西洋医学の「対症療法」ばかりやっていては、体本来の回復力を失い、

あなたの“健康寿命”を縮めてしまうおそれがあるのです。

◆「疲れたとき」にスタミナ食では大迷惑

◆水を飲んでも血液はサラサラにならない

◆セキも下痢も「体の外に出るもの」を止めてはいけない

◆「解熱剤」が治りを悪く、遅くする

◆糖尿病の原因は「糖分」ではない ……etc.

本書では、「生姜健康法」「体の温め健康法」の第一人者ドクターが、

間違った健康常識に惑わされることなく、

元気に長生きする82のポイントを示します。

ぜひご自分や家族の日常の“衣・食・住”と照らし合わせてみてください

¥616

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

里見清一 医師の一分

医学の進歩で、なかなか死ねない社会が到来した。しかし90歳過ぎの老衰患者に点滴をし、抗生物質を投与し、透析を行いペースメーカーまで入れて、なんのために「救う」のだ。数多くの死に立ち会ってきた著者は、今どきの「タテマエ」「良識」を嘲笑う。「命に上下は存在する」「患者の自己決定を信じない」「現代の医者は『死神』の仕事を担う」……現代人である「あなた」の死に方についての、辛辣かつ深遠な思索。

¥777

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

底なしの闇の癌ビジネス

癌は人間が感染症から身を守るための正常な免疫反応である。それを「外科×化学×放射線療法」で取り除こうとするのは、かえって自然治癒力を落とすだけ。医者と製薬会社が結託したガン利権にとって、最も困るのはシンプルで安価で効果的な治療法である。潰されかけてもなお、海外で評判を呼ぶ最新の癌対策のすべてを紹介。あなたがガンに侵された時、選択すべき治療法がここにある! 

◎ ウィルス・細菌・真菌を別個に注目し、ガンは遺伝子変異が原因という医学の大誤解! 

◎ 人間は抗生物質によって、たしかに「細菌」による感染症から救われた。しかし体内微生物のバランスを崩し真菌が蔓延。ガンを招く結果となった! 

◎ マラリア、梅毒、丹毒がガンを治す! ?

◎ ガン患者100%にカンジダ菌が発見される。これがガンの原因か! ?

◎ 炭酸水素ナトリウムによる革命的ガン治療を確立したシモンチーニ博士は、イタリアで医師免許剥奪、投獄の憂き目に......

◎ ヨウ素・MMS・セシウム......アルカリによる殺菌作用でガンが消滅! 

◎ 細胞レベルの酸素不足がガンを生む

◎ ガン細胞、エイズウイルスを異物と認識させて治すサム・チャ チョーワ博士のIRT。博士もまた詐欺師扱いされ、暗殺未遂まで......

¥1,739

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

三五館 病院で殺される

もう医者の顔も見たくなくなる。現代医療再考の決定版。無知とゴーマンの医療現場を暴く。

¥1,512

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

アスコム 医者に殺されない47の心得

◎医療と薬を遠ざけて

元気に長生きするための47の心得

病院に行く前に、かならず読んでください

【構成】

■第1章 どんなときに病院に行くべきか

心得1「とりあえず病院へ」。あなたは医者の"おいしい"お客様

心得2「老化現象ですよ」と言う医者は信用できる 

心得3 医者によく行く人ほど、早死にする

心得4「血圧130で病気」なんてありえない

心得5 血糖値は薬で下げても無意味で、副作用がひどい

心得6 世界一売れるコレステロール薬の「病気を防ぐ確率」は宝くじ以下

心得7 がんほど誤診の多い病気はない ほか

■第2章 患者よ、病気と闘うな

心得12 一度に3種類以上の薬を出す医者を信用するな

心得13 軽い風邪で抗生物質を出す医者を信用するな

心得14「抗がん剤を使えば寿命が延びる」と言う医者を信用するな

心得15 がんの9割は、治療するほど命を縮める。放置がいちばん

心得16「医者から薬をもらう」を習慣にしてはいけない ほか

■第3章 検診・治療の真っ赤なウソ

心得20 がん検診は、やればやるほど死者を増やす

心得21「乳がん検診の結果は、すべて忘れなさい」

心得22 胃を切り取る前に、知っておきたいこと

心得23 1センチ未満の動脈瘤、年間破裂率は0・05% ほか

■第4章 100歳まで元気に生きる「食」の心得

心得27 体重、コレステロールを「減らさない」健康法を選ぶ

心得28 ピンピン100歳への体づくりは「毎日タマゴと牛乳」から

心得29 ビールは1日にロング缶2本までなら「百薬の長」

心得30 ビタミン・ミネラルの摂りすぎで早死にする

■第5章 100歳まで元気に生きる「暮らし」の心得

心得34 22時から2時にどっぷり眠る。「超」早寝早起き健康法のすすめ

心得35 石けん、シャンプーを使わないほど、肌も髪も丈夫になる

心得36 大病院にとってあなたは患者ではなく被験者

心得37 「手当て」でストレスを癒す ほか

■第6章 死が恐くなくなる老い方

心得42 ポックリ逝く技術を身につける

心得43 いきなり進行がんが見つかったらどうするか

心得44 喜怒哀楽が強い人ほどボケない

心得45 100歳まで働き続ける人生設計をする ほか

¥1,188

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

医療殺戮

◎ 内海聡氏絶賛! 「私の医師としての人生を転換させた書! 出来るだけ多くの人に読んでいただきたい驚愕の真実! 」

◎ 多くの方々からのご要望、なかでも船瀬俊介さんからの熱烈ラブコールに応えまして、復刊させていただきました! 

◎ どこをどう辿ってもロスチャイルド、ロックフェラーに収斂する

◎ これが現代医学の成り立ちと製薬トラストの独占体制だ

◎ ロックフェラー医療独占体制の下、アメリカ国民は覇気を失い、毎日大量に化学薬品を飲む国民に変わってしまった

◎ 医師たちが処方するのはもちろんロックフェラー医薬独占体制が生産する高価な医薬品ばかり

◎ 「人間性なき科学」が「道徳なき商業」と結びついたアメリカ医療体制の汚染された実態を告発する本

◎ 我々の健康を脅かす「ボロ儲けの医療技術・医薬品」は既に日本に上陸している

◎ GHQに占領された日本からロックフェラーの医療独占体制に反対の声が上がることはけっしてないだろう

◎ 米国医師会AMAはAmerican Medical Associationの略ではない、米国殺人協会American Murder Associationの略だ! 

◎ エイズウィルスは予定通り米国国防総省によって開発された?! 

◎ 米国政府機関・疾病管理センターは、エイズが一般市民に蔓延する可能性を国民に知らせないよう、全力で活動した?! 

◎ 「私は決してガンの治療法を見つけません」誓約書にサインすれば研究助成金が出る?! 

◎ 米国ガン協会は自分たちの組織を存続させるためにガンの問題がなくならないように望んでいる

◎ 症状が重いため放ったらかしにされたガン患者の方が、症状が軽くて治療を受けた患者より長生きしている現実

◎ 日本もアメリカも国家ぐるみでこの犯罪に加担している

◎ アメリカに学んではいけない、歪んだ事実に違和感を抱け! 

◎ アメリカからナチュロパシー(自然療法)・ホメオパシー(同種療法)が消えた――アロパシー(対症療法)はロスチャイルド家が発達させたドイツの医療制度

◎ 脅迫された自然治療家は、廃業または国外逃亡するしかなかった

◎ 現代医学は「死の教会」ーーその4つの「聖水」とは?

◎ 養豚家に売れなかった「豚インフルエンザワクチン」の対象を人間に切り替えて利益を得る製薬会社

◎ ワクチンの安全性は、子供に実際に摂取するまでは証明できない

◎ 米国公衆衛生局が推進した飲料水へのフッ化物添加で腎臓病・心臓病による老人の死亡率アップ

◎ フッ化物添加の真の目的は、一般大衆から政府に反抗する力を失わせ、自由を奪って彼らを完全に支配し、思うがままに操ることにある。

◎ フッ化物はナチスが発見した「言いなりになる大衆」製造兵器

◎ 化学トラストを支配する寄生体は医療システムを支配して宿主を弱体化する

◎ 本書はこの寄生体と戦うべく、日本を含めたすべての民族に向けられたメッセージである

¥3,599

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日