女性 悩み

NHK取材班 産みたいのに産めない 卵子老化の衝撃

誰にも言えない」「治療のやめどきがわからない」「もっと早くに知っていたら」7000人アンケートでわかった不妊大国・日本の姿。深刻な男性不妊、卵子凍結・卵子提供の現実、最先端医療はどこまで。

¥1,540

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

文春文庫 卵子老化の真実

びっくりするほど若々しい30代、40代の現代女性。しかし、いくら外見が若くても「卵子の老化」は誰にも止められない。高齢出産の女性の卵巣を「古いミカン箱」に例える不妊治療の専門医。高齢出産が激増している日本で、今、何が起きているのだろうか。

今や日本人の平均初産年齢は30・3歳。4人に1人、東京都では実に5人に2人が35歳以上の出産だ。不妊の医療を受けたことがある夫婦は6組に1組。全国で誕生する赤ちゃんのうち、40人に1人は体外受精児である。

しかし、35歳の妊娠力は20代の半分に低下し、「卵子の老化」は染色体異常、流産など様々なリスクを増加させてしまう。最後は不妊治療クリニックに駆け込み、高額な体外受精を施せば妊娠できると思っているカップルも多いが、実は体外受精は「卵子の老化」に対抗できる手段ではない。老化した卵子は受精してもうまく分裂できないケースが急増。日本の不妊治療クリニックでは初診の4~5割を40代女性が占めているが、体外受精の成功率は40歳でわずか1割、45歳は1%以下。繰り返してもこの確率は上がらないのである。毎日新しい精子が1億個も作られる男性。しかし、女性は出生前に作られた700万個の卵子は初潮時にすでに20万~30万に減少、新しく卵子が作られることはない。

本書は、20年以上日本の出産現場を取材してきた著者が3年以上の歳月をかけて完成した話題の本。東尾理子・石田純一夫妻のブログで話題になった出生前診断や、卵子の在庫数を調べる最新検査、日本を代表する病院の医師や助産師の本音から高齢出産の経験談、高齢母の子育てまでを徹底取材。わかりやすいイラストやグラフ満載で衝撃的な「卵子の老化」の真実に迫る。「本当のところ何歳まで産めるの?」残り時間が気になる30代40代女性はもちろん、将来が気になる若い女性にも妻や娘の体が心配な方にも読んでほしい一冊です。

¥935

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

近藤誠の女性の医学

医者の言いなりにならず、自分で考える医療を提案し続ける反骨の医師・近藤誠が、

医者やクスリや誤った思い込みに惑わされずに、女性が元気に長生きするヒントを提唱する。

一家に一冊。全女性必読の書。 

【構成】

はじめに

第一章 僕の〝反乱〟は乳がん治療から始まった

第二章 なぜ、女性のほうが医療の犠牲になりやすいのか?

第三章 犠牲にならないために知っておくべき医療の落とし穴

  ○不用意にワクチンを打つなかれ

  ○「とりあえずCT」で、検査被ばく世界一

  ○早期発見・早期治療で寿命はのびません

  ○マンモグラフィ検診で増えた乳房切除

  ○がん検診 やればやるほど 死人が増える

  ○定期健診は人を不健康にする

  ○コレステロールに“悪玉”なし

  ○血圧は高いほうが長生きできる

  ○骨粗鬆症の薬で骨が折れる   (一部)

第四章 元気で長生きするための10か条

第五章 僕が出会った患者さんたち

あとがき

¥1,404

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

創元社 女性の心の成熟

女性は少女から娘へ、結婚を経て母親に、更に中年期へと成長し続けるが、その内面的な成熟の道筋はどのようなものか?神話やおとぎ話のユング的な分析を通して考察する。

目次

第一章 娘の心の成熟

第二章 母性の成熟

第三章 女性の意識の成熟

¥1,650

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

青春出版社 妊娠体質に変わる食べ方があった

赤ちゃんがほしいと思ったら、まず食べ方を見直して! たとえば、悪者と思われがちなコレステロールは、実は女性ホルモンの原料。これが不足すると、ホルモンの分泌も減少します。栄養ほど妊娠と深くかかわっているものはない。薬ではなく栄養素を使って体に働きかける栄養セラピーで、妊娠しやすい体をつくりましょう。

¥1,465

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

マガジンハウス 婚活疲労症候群

お見合いパーティ、ネット型婚活サービス、結婚相談所……。

花盛りの婚活マーケット、多くの異性との「出会い」の裏で、密かに疲弊する人が急増しています。

手軽に出会い、手軽に断り断られる――そんな「擬似恋愛」と「擬似失恋」の繰り返しの中で、「日が経つごとに条件を下げざるを得ない葛藤」や、

「以前『お断り』した相手がよく思えてくる未練」、「理由も告げられずに『お断り』される不快さ」など、

さまざまな要因がじわじわ心を傷つけていくのです。

心の疲弊は、重度なものになるとうつ病や不安症を発症することも多く、

これらの症状は「婚活疲労症候群」と名づけられています。

本書では、婚活を展開しつつ自らも疲弊、「いったん中断」という結論にいたった著者が、

一昨年秋に東京でオープンしたメンタルクリニックの「婚活疲労外来」担当医師の小野博行医師の協力を得て、

来院者や婚活ブログの開設者などに取材。

さまざまなかたちでの「婚活疲労」の症例を紹介し、その原因を探ります。

さらに後半ではそれらの症例と医師のアドバイスから「婚活で必要以上に疲弊しないための注意点」

さらに「もし『婚活疲労』してしまったときの脱却法」も紹介。

婚活予定、婚活中の人はもちろん、その両親・兄弟など当事者をフォローする人たちにも是非呼んでほしいルポルタージュ。

¥1,320

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

女子のための婚活本

¥1,320

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

PHP やせたい人はあたためなさい

話題のエクササイズに挑戦しても、たるんだ体に変化なし。

つらい節食や地道なカロリー制限で減らした体重も、すぐリバウンド。

……そんなあなたを変身させる方法が、ここにあります!

やせにくいのは、冷えによる代謝ダウンが最大の原因。

「体内酵素や細胞の活性化に不可欠な栄養素を“正しく食べる”、それがキレイにやせるコツ!」と著者は力説します。

そこで本書は、燃費がよくて太りにくい体になれる40のメソッドを紹介。

食べ方&食べ物を変えるだけで「冷え」も「脂肪」もミルミル解消します!

「朝はレモン水、果物の生ジュース、ゴボウ汁」「肉・魚・卵を恐れずに食べる」「レバーよりホウレン草で血液力アップ」

「一口ごとに30回噛んで食べる」「正しい姿勢で基礎代謝20%アップ」「ペットボトル湯たんぽで大きな筋肉を温める」など、

たった一つでも実践すれば、その瞬間に細胞が変わっていきます!

あなたの“燃える体”度チェックテスト付き。

¥1,320

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

おひとりを不安ゼロで生き抜く女子貯金

貯金は女性を裏切らない! ! 

昨今、日本は男女ともにシングル化が進み、もはや結婚せずに1人で生きていくのがごく当たり前と考えられる世の中になっています。

その中でも仕事やプライベートに充実を感じる女性は年々増えてきており、ライフイベントに「結婚」を必要とせず、自らの意志で1人暮らしを選択している人も多くなってきました。

前向きに1人の人生を歩んでいく姿は、新しい女性としての生き方を提案してくれます。

その一方、シングルで生きていくには、様々な不安を抱えているというのも事実で、特に将来への経済的不安は多くの人が潜在的に感じている問題です。

住まい、病気、介護などこれから起こりうる心配の種を少しでも払拭するよう、お金にまつわる知識やノウハウは少なからず身につけていかなければいけないことでしょう。

本書は安心して幸せなシングルライフを送れるための「お金」の話を分かりやすく解説した一冊となっております。

「マンションは買ったほうがいいのか」

「貯金はいくらあったらよいのか」

「保険は入ったほうがよいのか」

など基本的な知識から、貯金体質になるためのコツなど、将来につなげるきちんとした経済観念が身につく内容が満載です。

【目次】

第一章「わたしって一生おひとり?」と思ったら

第二章 おひとり女子の「マイホーム」問題

第三章 いつかはくる「老後」のおひとり生活

第四章 今、貯められないでいる理由を考えてみよう

第五章 今すぐできる貯金習慣をマスターしよう

第六章 シングル女子を助けてくれる金融商品の基礎知識

¥1,530

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

日本経済新聞社 お金の不安に答える本 女子用

この本は、働き女子が書いて働きママが編集した

働き女子のためのお金の本です(これから働く女子も可)。

「もっと早くに知っていれば、こんなに遠回りすることなかったのに!」

これまでの人生を振り返ると、そんな出来事がチラホラと思い出されます。

例えば、出産。

妊娠を機に、仕事を続けるか、退職するか悩む女性は多いでしょう。

でも、産後の再就職を少しでも考えているようであれば、ここが踏ん張りどころです!

保育所の待機児童問題は、きっと皆さんが考えている以上に深刻です。

お住まいの自治体にもよりますが、仕事を辞めると、

子どもを保育所に預けられる可能性はとても低くなってしまいます。

仕事を探したくても、子どもを預けられない。

子どもを預けたくても、仕事がないと預かってもらえない……。

私自身(働きママの編集者)、そんなジレンマに苦しみました。

「再度働くこと」へのハードルは想像以上に高いものでした。

一方で、女性の「稼ぎ力」は家計を大きく左右します。

例えば、年収300万円で20年間働き続けるとすれば、

手取りが250万円だったとしても5000万円にもなるのです。

もちろんお金だけが人生ではありません。

でも、お金は人生を豊かにするツールの一つ。

知らずに後悔するよりも、早めに知って対策を練った方が

人生にゆとりが持てることは間違いありません。

この本には、「人生の貯め時は3度訪れる」「出産・育児でこんなにもらえる」

「シングルかも? っと思ったらすべきこと」「賃貸と持ち家はどっちがおトク?」

「資産運用ってしたほうがいいの?」など、人生とお金にまつわる

「今、知っておいてよかった!」が、ぎっしりとつまっています。

ライフプランの立て方から保険や税金の仕組みまでを網羅した

人生の節目節目で役立つ情報満載の一冊です。

¥1,100

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

WAVE出版 定年が見えてきた女性たち

女性も働ききる時代がやってきた!

余裕? 貧乏? いったいどんな老後になるの?

男女雇用機会均等法世代の女性たちは40~50代を迎えている。

少し先を行く数少ない先輩女性たちは定年をどのように迎えたのだろうか。

介護の問題、単身世帯の問題、老後資金や夢など、元日経ウーマン編集長が

働く女性たちの定年後はどうなっていくのかをレポートする。

はじめに

プロローグ 定年を迎えた女性はどのくらいいるの?

 「男子55歳、女子30歳定年」は、婚期に配慮したものだった!?

 定年までのロードマップが描けない?

第1章 定年が視野に入ってくるとき

 女の50代は定年まで「胸突き八丁」

 親の介護費用に加え、バブル期に1億円で買った自宅ローン

 定年が視野に入り「降りていく生き方」を模索する

 50歳を迎えて、想定外の給料カットが続く

 定年までいられるのは幸せともいえる。やむなく退職も

 50代、「動」から「静」へ移る年代

第2章 妹たちへのメッセージ

 キャリアの「春」「夏」そして「秋」

  春ーー「見る前に跳べ」

  夏ーーコミットメントする

  秋ーー「心の声」を聴きながら棚おろし

  冬ーー現役時代のプライドを脇に置く

 「組織より個」社外で個のつながりをつくる

 いま「妹たちへ」伝えたいこと

第3章 老後のお金、いくらあれば安心ですか

 おひとりさまの老後資金はいくら必要?

 老後のために自分年金4000万円

 お金は使い果たして死ぬつもり

 住み替えすごろく、定年後は西日の当たる部屋がいい

 おにぎり型の山を望む里山に暮らす

 「貧乏ばあさん」予備軍が増えている

 真面目にこつこつ働いたのに生活保護を受けることに

 老後資金が不足するなら3つの対策を

第4章 いまだから思う、男と女、家族のこと

 母との暮らしのために異動、退職も

 母ひとり残されて、最後に頼られるのは独身の娘

 母の「おんぶおばけ」から解放されるまで

 おひとりさまでも、パートナーあり?

 60歳過ぎての結婚、再婚。人生のコースは多様になった

 2001年に「おひとりさま」という言葉が誕生

 おひとりさま、最後に頼れる人は誰か

第5章 会社を辞めて寂しくないですか?

 「60の手習い」でバンドデビュー目指す

 定年後にシャンソン歌手としてデビュー

 学校アシスタント、麻雀講師で「地域デビュー」

 大分で竹細工修行。若手作家や名工との縁を広げる

 「日本で最も美しい村」連合に出会い全国へ、そして海外へ

 心強いのは、やはり女性のネットワーク

 グループハウスなら寂しくない!?

第6章 60歳過ぎてもできる仕事、だからこそできる仕事

 60歳過ぎの就業継続は甘くない

 継続就業を経て、さらに会社をつくってしまう

 シニア層におすすめの「ゆる起業」

 定年後にIターン起業、野菜カフェを開く

 お金のために働かざるを得ない

 元管理職などおくびにも出さずパート仕事

 ボランティアで「必要とされる人」であり続ける

 70歳まで働くのが当たり前の時代がくる

エピローグ 変わる定年、60歳からの景色はどう変わる?

 「均等法世代」の女性たち、60歳の未来予測図

 これまでの発想では幸せな60代は迎えられない

 2050年は「40歳定年」の社会になる?

¥1,540

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

講談社 コトバのギフト

100人のステキな女性たちが

がんばっているあなたを、言葉で応援します!

つらいとき、恋に悩むとき、道に迷うとき、自信がないとき。

ページを開けば、人生の先輩たちが励ましてくれる!

この本では、素敵に生きる女性たちの100の名言を選んでみました。

今をときめくモデルのミランダ・カーにレディ・ガガ、マザー・テレサの穏やかな一言に、高校生ダンサー・菅井円さんの“好きなこと”に向き合う姿、ヘップバーンからケリー王妃までに愛されたスタイリスト、イデス・ヘッドの人生観に、100歳近くの素敵な恋愛観まで……。

今の自分に必要な章から開いて、“心のサプリ”となるような言葉を探してみてください。

気分を高揚させたり、疲れて落ち込んだ気分を癒したり、鼓舞したりする言葉に、きっと出会えることと思います。

虹が欲しけりゃ、雨はがまんしなきゃ。

――ドリー・パートン シンガーソングライター・女優

幸運って、努力がチャンスにめぐり合うことよ。

――オプラ・ウィンフリー タレント

100冊の本を読むより、一回の恋愛。

――瀬戸内寂聴 僧侶

¥1,540

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

すばる舎 働く女性28歳からの仕事のルール

「このままこの会社にいて大丈夫?」

「こんなに頑張ってるのに評価されない」

「私がマネジャーなんて、絶対にムリ! 」

新人時代を過ぎて、日々の仕事にも余裕が出てきた「今だからこそ」の、

働く女性の悩みに応える具体策が満載! 

DM発送業務から2度の転職を経てのプレイングマネジャー業まで、つねに「目の前の仕事」にとことん向き合うことで、

多くの「知恵」を絞り「気づき」を得てきた、元マイクロソフト女性営業部長が、

「キャリアの考え方」から「一人前の仕事術」「メンタルマネジメント術」「自分らしいワークスタイルをつくるヒント」まで、

とことん語り尽くした1冊!

¥1,540

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

現役女子のおカネ計画

人生100年時代、あなたに必要なお金はいくら? 

待ち受けるのはいきいき余生か、ビンボー老後か? 

現役世代の女子たちに送る、今日から使える実践的マネープラン! 

仕事も結婚も出産も、女性が自由に人生をデザインできる時代。保険、子育て資金、住宅資金、年金、投資、老後資金などを中心に、それぞれのライフプランに合わせた<人生100年時代を生き抜くお金の知恵>を、経済エッセイストの著者がわかりやすく伝授します。

1章 ライフデザインの時代――選べるしあわせと人生100年

2章 おカネの基本

3章 人生設計とマネープラン

4章 保険は女子のためにある

5章 子育てをするなら

6章 住宅――人生の過半をすごす大切な場所

7章 老後の準備/投資を考える/介護を知る

終章 現役女子へのエールにかえて――毎日すべきこと

¥1,650

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

精神科医が教える 女性のための老後の楽しみ方

「なんて素敵に年を重ねているんだろう」。その佇まいに息を呑み、思わず見とれてしまう……。街を歩いていると、そんな人に出会うことがあります。 そうした人の多くは実は女性なのです。もちろん、男性もカッコいい人は増えているのですが、年齢を上手に重ねる巧者は、女性ほど多くはないでしょう。 女性はいまや「人生90年時代」が目前に。そう考えると50代は大切な折り返し地点で、これから先の振る舞い方が人生後半の輝き方を決めるのです。 本書は、高齢者に“老いの楽しみ”を伝える精神科医が「いい妻、いい母を卒業」「自分の価値を再発見」「高齢女性のおしゃれは美しさを先取りしている」「夫の定年に怯える前に」「更年期を乗り切る7つの心がけ」など、素敵に自分らしく年齢を重ねる女性のライフスタイルを紹介します。 夫婦関係、仕事、お金、健康、生きがい……。 大丈夫、これからは、また本音で生きていきましょう。 文庫書き下ろし。

¥615

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

東洋経済 新卒無業

職に就かない若者たち。フリーター人口の激増と若年失業率の上昇。いま、現場では何が起こっているのか。豊富な取材や調査をもとにその実態を明らかにする。

¥1,540

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

光文社新書 高学歴女子の貧困

◎女は女というだけで貧乏になる――

見えにくい実態を明らかに。

◎女子を貧困に追いやる社会構造のなかで、教育、キャリア、結婚、子育てをどう考えればいいのか? 専業主婦を目指すのがもっとも賢い選択なのか? 当事者が自らの境遇と客観的なデータをもとにその実態をあぶり出す。娘をもつ親御さんも必読! 

【内容紹介】

高学歴女子は、もちろん努力家が多い。しかし、どれほど頑張ってみても己の力とは関係のないところに大きな壁がそびえていたら?

現代日本社会のなかに厳然として横たわる、「男/女」という性差にまつわる一筋縄ではいかない社会問題。

本書は、そこへアプローチし、当事者の本音や立場、そして女子をめぐる日本社会の暗黙の壁や制度上の問題点を浮かび上がらせることにトライした。

本書が「女子と学歴、そして人生との関わり」について、新たな視点を提示する一冊となっていれば幸いである。

さて、女子は学歴で幸せになれるのか? 

【目次】

第一章 どうして女性は高学歴でも貧困なのか――二人の高学歴女子をめぐる現状――

第二章 なぜ、女性の貧困は男性よりも深刻化しやすいのか?

第三章 女子の高学歴化は、彼女たちと社会に何をもたらしたのか?

第四章 女は女というだけで貧乏になるのだ

第五章 「アート系高学歴女子」のなれの果てとして、半生を顧みる

¥713

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

WAVE出版 30代までに絶対知っておきたい卵子のはなし

“妊活女性"だけの問題じゃない!

知っているようで意外と知らない、だけど1日でも早く知っておいた方がいい、卵子の老化とケアのお話

いま話題の“卵子の老化"。よく耳にはするけど……。

「卵子の老化ってどういうこと?」

「私の卵子、大丈夫? まだ間に合う?」

「若く見られるけど、卵子は老化している?」

なんとなく意識はしていても、実際どうすれば良いのかわからないのが女性の本音。本書では、そんな疑問に不妊治療専門の産婦人科医がやさしく丁寧に答えます。

知れば知るほど自分の卵子が愛おしくなる―“いつかは子どもを産みたい"すべての女性に読んでほしい一冊です。

¥1,540

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日