CD 偲ぶ

大切な人を葬る慰めと哀悼の調べ

Disc.1

01. いつくしみ深き (2:27) 

02. ノーバディ ノウズ (2:53) 

03. 愛の御神よ(賛美歌 429) (2:43) 

04. アメイジング グレイス (4:08) 

05. 主よ わが切なる祈りを (2:46) 

06. ハレルヤ (2:30) 

07. イエスの御名 (2:55) 

08. 世の罪のため (3:46) 

09. わが心の切なる願い (2:00) 

10. ヴォカリーズ (5:08) 

11. 祈り (2:51) 

12. 主よ 終わりまで(賛美歌 338) (3:03) 

13. ラルゴ (4:25) 

14. アリオーソ (3:43)

¥2,571

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

初めてキリスト教葬儀に参列する方へ

日本キリスト教団出版局 キリスト教葬儀リーフレット

50枚入り

21センチ×12センチ(21×45センチをジャバラ折り)

キリスト教葬儀はどのように行われるのか、どのような意味があるのか

参列の心構え等もわかりやすく解説しています。聖書のみことば、主の祈りも収録

¥2,700

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

キリスト新聞社 キリスト教における死と葬儀

キリスト者にとって、死ぬということは...

「十字架の無力な死を通して導き出された貴い生の本質こそ、

 多くの悲劇を前に無力な我々への、清廉な力づけとなろう。」

 天童荒太『悼む人』著者推薦!

季刊『Ministry(ミニストリー)』第7号の特集「みんなで葬儀!」と「本のひろば」特別号「私たちの死と葬儀」などを中心に単行本化。キリスト教の死の理解、葬儀の意味などを明らかにしつつ、実践的、牧会的な視点をもって、看取りや悼み、死の準備教育など、著者が10数年にわたって取り組んできたことをまとめる。作家・天童荒太氏との対談「『悼む人』と十字架の神学」も収録。

【目次より】

はじめに/日本人にとって、今、死ぬということ/死に直面して/キリスト教信仰において/キリスト

教の葬儀/牧師にこそ牧師が必要/「死に備える」ミニストリー/死の現実と信仰/看取ること、看取られること①/看取ること、看取られること②/「突然の死」に直面して①/「突然の死」に直面して②/臨終の時と祈り/地上での最後の交わり/葬儀礼拝─神の出来事として①/葬儀礼拝─神の出来事として②/すべてを主に委ねて/キリスト教葬儀の実際/キリスト者の死生観Ⅰ/キリスト者の死生観Ⅱ/キリスト者の死生観Ⅲ/桜とゆり─日本的死生観とルターの死と復活の理解/天童荒太『悼む人』を読む/悼む人と十字架の神学(天童荒太×石居基夫 対談)/遺族と牧師のホンネ/ケーススタディ「こんな時、どうする?」

¥1,944

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

日本キリスト教団出版局 慰めと希望の葬儀

信徒が信徒の為の葬儀をと試練の上に形作ったひな形が沢山掲載されています。これからの教会葬儀の参考に。良書

『信徒の友』に掲載された「葬」に関する記事を精選。キリスト教葬儀の核心となる死生観や聖書の教えを学びつつ、「遺言書の書き方」「葬儀の流れ」「グリーフケア」などの具体的な段取りや備えを詳述した手引き書。「新しい『いのち』への準備ノート」付き。

¥1,944

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イーグレープ キリスト教葬儀

今までにない具体的な葬儀に関する本。キリスト教葬儀の有り方や式の流れ全般に亘る。本書は、事前の心備えとして、また他宗教の方々への配慮などを知るうえでも実戦向き、良きアドバイザーとして必携の書。著者の葬儀に賭ける篤い思いと信仰が正直に語られ、葬儀を通して願う福音の浸透とキリスト教の日本土着化に対する改善と提案も含まれる。 

【目次】

主に導かれて

キリスト教葬儀について

キリスト教葬儀とは

葬儀手順、式次第、料金表、別途費用

キリスト教葬儀の流れ

訃報、病院で、自宅で、納棺、打ち合わせ、前夜式、

告別式、出棺、火葬、会食、解散

その他

納骨、納骨後、その他の費用、分骨、密葬

私の信仰

復活、副葬品、送る心、合掌、火葬前式、炉前の祈り、確信、渾身の力、先祖の墓守について、他宗教葬儀に関する礼儀

より良いキリスト教葬儀とは

キリスト教葬儀のすすめ

業者としての葬儀心得

宗教の役割 

¥1,080

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

玉川平安教会出版部 キリスト者と葬儀

第1章 葬儀の手引きとその実際(葬儀の意味

葬儀の目的 ほか)

第2章 葬儀式辞(故逢坂語郎兄葬儀式辞

故逢坂多恵姉葬儀式辞 ほか)

第3章 「死と復活の説教」(『眠れる死者たちについての知恵』

『十字架の傷跡を示される復活の主』)

第4章 附録(教会墓地における墓前の祈り式辞

最近の「葬儀説教」についての一考察)

¥1,620

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

説教塾ブックレット ホーリネス信仰と葬儀説教

2008年5月19日に行われた東京説教塾例会での講演録。日本ホーリネス教団に属する牧師たちによる、「葬りにおけるホーリネス信仰の伝統と実践」についての取り組みと報告。

¥1,944

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

キリスト新聞社 葬儀説教集北の大地に生きた人々

「見えないものに目を注ぐ」(佐藤篤二)

「錬達の信仰者」(清水金吾)

「いつも喜びなさい」(長谷川登寿子)

「神の力は弱さの中に現れる」(林一郎)

「神に愛された人」(佐藤操)

「雄々しく生きた人生」(佐藤達雄)

「主はわたしの牧者」(佐藤タケコ)

佐藤ちや姉の思い出

長谷川誠三のこと—主をよろこばせる

「神の使命に生きる」(樋浦誠)〔ほか〕

¥1,296

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

日本キリスト教団出版局 歌いつつ聖徒らと共に

アメリカ有数の説教学者が、現代のキリスト教葬儀について問う

近年、キリスト教会の葬儀は大きく変わりつつある。しかし、そこに問題はないのだろうか。キリスト教葬儀を源流からたどりつつ、キリスト者はどのように死を理解し、備えたらよいのか、またどのように葬儀を執り行うべきか、よい葬儀説教とは何か、具体的に論述する。

♦目次♦

第一部 背 景

第1章 死を示すしるし─人間の儀式、キリスト教の慣習

第2章 忌避される体と復活させられた体について

第3章 キリストにあって死んだ者の将来

第4章 キリスト教の葬儀に、いったい何が起こったのか

第5章 信仰のドラマとしての葬儀

第二部 死に際しての教会の務め

第6章 わたしたちの死の時において

第7章 よい葬儀のしるし

第8章 葬儀のプランを立てる─実際的な事がら

第9章 生と死についての真実を語る─葬儀における説教

補遺 難しい葬儀

¥4,860

  • 2 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

いのちのことば社 キリスト教葬儀

小さく家庭で葬儀を行うよう解説された良書です

いざという時のために読んでおきたい一冊

人間にとってどうして葬儀が必要なのかということから、キリスト教葬儀の歴史、さらには、実際の手順と知っておくべきこと、葬儀のスタイル、火葬、葬儀費用などの実際的なことまでを、あかしを交えて、平易に説明する。手作りの葬儀のあり方、式次第プログラムなども、写真を掲載しながら紹介する読みやすいハンドブック。

¥756

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日