教友社 ミサ聖祭に与るための準備

ロマーノ・グアルディーニ 著

アンドレア・ボナツィ 訳注

A5判 並製

246ページ

ISBN978-4-907991-41-8

Cコード:C3016

教友社

世俗化する現代社会の中で、ミサとは何か、ご聖体とは何かを問いかける古典的名著。20世紀を代表するカトリック神学者で、第2バチカン公会議の典礼改革に大きな影響を与えたグアルディーニの代表作の待望の邦訳。

初版発行:2018年2月27日

¥2,160

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

教友社 香部屋係のハンドブック

この度、香部屋係のハンドブックが世に出ることになりました。 これまではいわゆる「侍者」のための手引きとかガイドブックはありましたが、香部屋係のハンドブックは初めてではないかと思います。これは、福岡サン・スルピス大神学院典礼学教授の白浜満神父様が『カトリック新聞』に連載した記事と、長年、香部屋係として細やかな奉仕に務められた齊藤賀壽子さんの体験メモとが一つになったものです。つまり、理論と実践が見事に組み合わされており、具体的ですので、大変重宝だと思います。著者のご両人に感謝の意を表すとともに、本著が教会や修道院などで大いに利用されることをお奨め致します。

¥1,404

  • 1 kg
  • 在庫切れ

教友社 信徒が書いた典礼マニュアル

『新しい典礼暦の研究』の著者が長年の典礼学の探求から生み出した自伝的典礼論。

目次

1 導入編(筆者の生きた時代の典礼背景

豊島教会紹介典例委員会)

2 マニュアル編(待降節クリスマス降誕節 ほか)

3 小教区外の活動編(カトリック・アクション同志会カンタテ・ドミノ現代典礼研究会にいたるまで ほか)

¥5,292

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

第2版 オリエンス宗教研究所 典礼奉仕への招き

すべての信者が招かれている典礼奉仕の役割を理解し、実践するためのポイントをまとめました。祭壇奉仕や聖体奉仕ばかりでなく、障害をもつ方や高齢者、外国籍の信者の方とともに典礼をささげる場合、子どもの信仰教育とミサとの結びつき、「司祭不在のときの主日の集会祭儀」などについてもわかりやすく解説。終身助祭の現場での姿や、司祭が不在の際の実践例も紹介しています。教会委員や典礼委員のテキストとしてもご活用ください。

¥1,620

  • 1 kg
  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

オリエンス宗教研究所 ミサがわかる

『ローマ・ミサ典礼書の総則(暫定版)』に沿って旧版の総則との対応箇所を補足しました。

ミサ典礼を行う際に、祭壇奉仕者が理解しておくべき内容(役割・実践)を、豊富な図でやさしく説明します。

「入堂行列の順序」「祭壇での移動と各自の位置」、「コルポラーレやプリフィカトリウムのたたみ方」から「献香の分担」まで、さまざまな典礼の神学的な意味をわかりやすく解説しながら具体的に図示します。典礼に直接かかわる奉仕者や、新たに典礼委員になった信徒の参考書として好評です。

第一編 典礼奉仕の神学

   第一章 典礼は神奉仕

   第二章 典礼は祭司の民の奉

   第三章 会衆は奉仕する祭司の民

   第四章 会衆の祭司の務め

第二編 朗読奉仕の役割と実践

   第一章 聖書朗読の務め

   第二章 朗読の準備

   第三章 朗読奉仕の務め

   第四章 詩編歌唱の務め

第三編 祭壇奉仕の役割と実銭

   第一章 祭壇奉仕の務め

   第二章 祭壇奉仕の準備

   第三章 香炉、聖水の奉仕と燭台、十字架の奉持

   第四章 祭器卓の準備

第四編 ミサにおける典礼奉仕

   第一章 開祭

   第二章 ことばの典礼

   第三章 感謝の典礼

   第四章 交わりの儀

   第五章 閉祭

結びに  付録・ミサの典礼奉仕図

¥2,700

  • 1 kg
  • 在庫切れ