ユダヤ教

ミルトス ハガター

ハガダー [過越し祭の式次第]

 ヘブライ語原文+英語・日本語訳付

 ハガダー(過越し祭の式次第)のヘブライ語原文に加えて、英語・日本語訳が付いた世界で唯一の作品です。

 初版は、日本イスラエル国交50周年と日本ユダヤ教団創設50周年を記念して、大使館とユダヤ教団(JCC)の協力により出版されました。

 ★2010年 改訂1版が発刊されました★

――目次――

Candle Lighting[ろうそくの点火]

Seder Symbols and Rituals[過越祭の食事の準備]

Order of the Service[過越祭の礼拝順序]

The Seder[過越祭の式次第]

1. Bless the Festival―KIDDUSH[カデッシュ(聖別)]

2. Wash the Hands[ウレハッツ(洗い)]

3. Bless the Spring Greens[カルパス(野菜)]

4. Divide the Middle Matzah[ヤハッツ(折半)]

5. Tell the Passover Story[マギッド(物語)]

  The Four Questions[何が違うの?――4つの質問]

  We Celebrate Tonight Because...[今夜お祝いするわけは……]

  All Through the Night[一晩中かけて]

  Why At Night[なぜ夜なの?]

  Four Sons[4人の息子]

  Jewish History Begins[ユダヤ民族の歴史の始まり]

  God's Promise To Our Fathers...[神の約束]

   Ⅰ. Our Origins[事の起こり]

   Ⅱ. Our Suffering[我々の苦しみ]

   Ⅲ. Our Sorrows[我々の悲しみ]

   Ⅳ. Our Triumph[我々の勝利]

   Counting the Plagues[十の災害]

   Fifty?Two Hundred?Two Hundred and Fifty?

   [紅海の割れについてのラビたちの解釈]

  Da-Yay-Nu(We should have been satisfied)[ダイェーヌ(我らには十分)]

  The Three Passover Symbols[過越祭の3つのシンボル]

   Ⅰ. Pesach―The Passover Sacrifice[ペサハ―過越の犠牲]

   Ⅱ. Matzah―The Unleavened Bread[マッツァー―種入れぬパン]

   Ⅲ. Maror―The Bitters Herbs[マロール―苦菜]

  The Undying Message of This Night[この夜の不滅のメッセージ]

  Halleluyah[ハレルヤ賛歌]

   Psalm113[詩篇113篇]

   Psalm114[詩篇114篇]

   May He Redeem All Israel[贖いの賛美]

6. Wash the Hands[ラハツ(洗い)]

7. Bless the Unleavened Bread[モッツィー・マッツァー(種入れぬパンの取り出し)]

8. Bless the Bitter Herb[マロール(苦菜)]

9. Combine the Seder Symbols[コレフ(間にはさむ)]

10. Serve the Meal[シュルハンオレフ(過越の食事)]

11. Share the Afikoman[ツァフン(別に取っておいたもの)]

12. Give Thanks for the Seder Meal[バレフ(祝福)]

  The Lord Provides[主は備え給う]

  Prayer for Zion[シオンの祈り]

  Sabbath Prayer[安息日の祈り]

  Festival Prayer[祭りの祈り]

  Prayer for Jerusalem[エルサレムのための祈り]

  The Goodness of God[神の善]

  Prayers of Every Heart[個々の祈り]

  Closing Benediction of Thanks[感謝の祝祷]

  The Open Door[戸を開ける]

13. Hallel―Praise the Lord[ハレル(賛歌)]

  Psalm115[詩篇115篇]

  Psalm116[詩篇116篇]

  Psalm117[詩篇117篇]

  Psalm118[詩篇118篇]

  In Triumph over Enemies[敵に対する勝利]

  The Great Praise[大ハレル]

  Psalm136[詩篇136篇]

  Blessing after the Final Cup[最後の祝福]

14. Conclude the Service[ニルツァ(嘉納)]

Seder Night Songs[過越祭の夕べの歌]

  It Happened at Night[それは真夜中に起こった]

  And Say: This Is Pesach[そして言え、これぞ過越祭の犠牲]

  Ki Loh No-eh―To Thee, O To Thee[なぜなら彼にしかるべく、彼にふさわしい]

  Ah-Dir-Hu―God of Might[偉大なる御方]

  Who Knows?[1つ誰か知っていますか]

  An Only Kid―Chad Gadyo[1匹のこやぎ]

Final Notye[最後の言葉]

ハガダー解説

¥2,700

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

阪急コミュニケーションズ ユダヤ教とは何か

 ユダヤの歴史と文化、ユダヤの視点での聖書の読み方、聖地エルサレムの解釈など、「ユダヤとは何か?」にせまる。

また、絵画、インスタレーション、タイポグラフィーなど現在活躍中のアーティストも紹介。

古代から現代までユダヤが詰まった一冊。

増補内容として、ヘブライ語、世界各地のユダヤの記憶と建築を紹介する。

¥1,728

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

教文館 ユダヤ教の福音書

ユダヤ教とキリスト教はどこが違うのか?

「父なる神と子なる神」の存在、「神であり、同時に人間でもある救い主」「受難し、殺される救い主」。このような考え方は本当にキリスト教に独自のものなのだろうか? イエスはユダヤ教の教えを否定していたのか? 世界的に著名なユダヤ学者が、新約聖書ならびに古代のラビ文献を丹念に読み直し、ユダヤ教とキリスト教に対するこれまでの見方を覆す!

第1章 神の子から人の子へ

第2章 「エチオピア語エノク書」と「第四エズラ書」における人の子

      ――一世紀における他のユダヤ教のメシア

第3章 イエスは(コシェルを守って)法規定に照らして適正な食物を食べていた

第4章 ダニエル書のミドラシュとしての受難するキリスト

 結び ユダヤ教の福音書

¥2,160

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

ミルトス ユダヤ教の基本

国際時代にユダヤ教の知識は今や必須。その信仰と理想と実践を単純明快に語る信頼できる古典的入門書。

¥2,700

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

ミルトス やさしいユダヤ教Q&A

やさしいユダヤ教Q&A

 ミルトス編集部 〔編〕

 ユダヤ教はどんな宗教か? 簡潔にいえば、ユダヤ教は一つの宗教というより、ユダヤ人の生き方そのものです。ユダヤ人を本当に理解しようとしたら、「生き方としてのユダヤ教」を理解することが大切です。

 本書ではユダヤ人の一生、宗教生活、祝祭日など、生活の中のユダヤ教をQ&A形式でやさしく解説。ユダヤ人の習慣や風習の起源と意味、また現在どのように守られているかも紹介しました。

●270項目のQ&Aでやさしくユダヤ人の生活を紹介する。

●豊富な写真や表が理解を助ける。

●索引も充実し、ユダヤ教小事典として利用できる。

――目次――

第一部 ユダヤ人の一生

 1章 ユダヤ人とは誰か

 2章 誕生

 3章 成人式

 4章 結婚

 5章 離婚

 6章 死

第二部 安息日

 7章 安息日の意味

 8章 安息日の夕べ

 9章 安息日の一日

第三部 1年の祭りと行事

 10章 祭りと暦

 11章 新年と贖罪日

 12章 仮庵の祭

 13章 ハヌカ

 14章 トゥ・ビ・シャバット

 15章 プリム

 16章 過ぎ越しの祭り

 17章 7週の祭り

 18章 ティシャ・ベアブ

 19章 ローシュ・ホーデッシュ

 20章 イスラエル独立記念日

第四部

 21章 聖なる書物

 22章 シナゴーグ

 23章 適正食品規定

 24章 衣と住のおきて

 25章 象徴

¥2,160

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

リトン ユダヤの祭りと通過儀礼

ユダヤ人の祭礼をその暦に従って、意義や背景、具体的な守り方を解説、また割礼に始まるユダヤ人の通過儀礼についても触れている。多くの貴重な写真が収載されている。

¥1,836

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

ミルトス 賢者たちの聖書伝説2冊セット

賢者たちの【聖書】伝説 上

 H・N・ビアリク他 〔編〕  ミルトス編集部 〔編訳〕

 なぜエバはあばら骨から造られたのか?? 禁断の木の実はリンゴではない!?

 旧約聖書本文の記述にないユダヤ人に伝わる伝説、伝承(アガダー)を単行本化。ユダヤの賢者たちによるイマジネーションあふれる物語は大変面白い。一見単純にみえるお話にも、深い意味が隠されている。

 ユダヤ人がどのように聖書を読んできたのか、その自由で独創的な発想の原点がここにある。

 上巻では「天地創造」から「出エジプト」までを取り扱っている。アダムとエバの物語や、ノアの洪水、アブラハム、十戒、紅海の奇跡、モーセの死等にまつわるユダヤの逸話が満載。

賢者たちの【聖書】伝説 下

 H・N・ビアリク他 〔編〕  ミルトス編集部 〔編訳〕

 聖書物語にはこんな意味があった! ユダヤ賢者による伝説が旧約聖書の理解を深め、面白さを知らせる。

 イスラエルの詩人ハイム・ナフマン・ビアリクが、聖典タルムードからユダヤ民族の貴重な伝説(アガダー)を選び出し、古典を現代に甦らせた書。画期的翻訳がここに!

 ユダヤ人がどのように聖書を読んできたのか、その自由で独創的な発想の原点がここにある。

 下巻は「ヨシュア記」から「エステル記」までを取り扱っている。士師、預言者、王たちの逸話、神殿の崩壊と補囚の悲しみなど、ユダヤ人なら皆が親しんでいる伝承集。

 ☆上下巻を通じた聖書の索引付き☆

¥3,888

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

教文社 ユダヤ教

ユダヤ人は何を信じ、いかに生きているのか?

豊かな伝統を誇るユダヤ教の信仰的特質を、ユダヤ人の生涯と生活様式から解説したユニークな入門書。数々の民族的苦難を体験しながらも、神の救済の歴史を語り継ぐ、ユダヤ人の〈いま〉に迫る。

目次

日本語版への序文

凡例

はじめに

一 ユダヤ教の多様性

二 本書のねらい

第一章 神の民への仲間入り

一 出自によるか、改宗によるか

二 割礼

三 契約と一神教

四 歴史、記憶、約束の地

五 バビロン捕囚による神学的危機

六 イスラエルの選民意識

第二章 ユダヤ人の家庭

一 メズーザー

二 衣服・髪型

三 食物規定

四 食卓の祈り

五 安息日

六 過越祭

七 仮庵祭

八 ハヌッカー

九 プリム

第三章 学校と学習

一 学習──宗教的義務と理想

二 教科書

三 学ぶことの価値

四 ヘブライ語──神の言語

五 イェシヴァとダフ・ヨミ

六 本の民

七 知的志向

八 信仰修養文学

第四章 律法遵守の始まり

一 バル・ミツヴァー

二 ユダヤの伝統における律法

三 トーラーの歓喜

四 六一三の掟

五 掟の意味と根拠

六 ユダヤ教の懲戒権と国家

七 ユダヤにおける革新

八 教義(ドグマ)と破門

第五章 シナゴーグ(会堂)

一 シナゴーグの成立と内装

二 シナゴーグでの礼拝

三 暦の諸問題と年中行事

第六章 結婚と家庭

一 結婚の位置づけ

二 他宗教間の結婚

三 ミクヴェー

四 結婚式と結婚誓約書

五 結婚式の流れ

六 子供と妊娠中絶

七 離婚の手続き

八 レヴィレート婚

九 相続法

一〇 伝統と現代

一一 女性の位置と権利

第七章 死・葬儀・来たるべき世

一 人間の儚い命

二 病人の見舞い

三 死

四 葬儀

五 服喪期

六 墓地

七 終末時における復活と審判

八 来たるべき世

¥2,268

  • 在庫切れ