カトリック神学

サンパウロ 使徒言行録を読む

使徒言行録は、ルカ福音書の後編として書かれ、初代教会においてどのように福音が宣教されていったかをわたしたちに伝えている。

エルサレムでの初代教会、ペトロの宣教、そしてパウロの宣教と受難について述べていくことを通して、使徒言行録の本当の主人公が聖霊であることが明らかにされていく。

カトリック教会で使徒言行録についての解説がほとんどない中、使徒言行録を読んでいくための必修の講話集。

※本書は、2015年に開催された聖書講座「聖霊に導かれて一使徒言行録を読む」の中から7講話を抜粋して編集したものです。

¥1,512

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

サンパウロ 第二バチカン公会議を、今日に生きる

本書は、第二バチカン公会議の開催に至るまでの準備段階を振り返り、さらに公会議の実りである「憲章」や「教令」などを解説している。 カトリック教会の刷新と改革を目指した第二バチカン公会議後、半世紀が過ぎた今日、その刷新と改革の歩みを総括し、これからの道標を明確にしていく重い責任と使命が課せられることが示される。

¥1,728

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

カトリック中央協議会 今日のカトリック神学

第二バチカン公会議を経て発展し、世にあって神への奉仕に方向づけられ、現代人に神の真理を知的な形で提供する今日のカトリック神学。その多様性について、カトリック神学を特徴づける基本的展望と原理を考察し基準を提供する文書。さまざまな環境において働く神の恩恵に関する探究であるために、神学が多くの形態をとることの正当性と必然性を認めつつ、「唯一の主の声」を伝えるという教会の使命ゆえに、神学に求められる唯一性、保つべき真のアイデンティティを明示する。 

第一章 神のことばに聞くこと

 第一節 神のことばの重要性

 第二節 信仰―神のことばへの応答

 第三節 神学―信仰の理解

第二章 教会の交わりのうちにとどまること

 第一節 神学のいのちとしての聖書研究

 第二節 使徒伝承への忠実さ

 第三節 「信仰者の感覚」への配慮

 第四節 責任をもって教導権に依拠すること

 第五節 神学者たちの交流

 第六節 世界との対話

第三章 神の真理を説明すること

 第一節 神の真理と神学の合理性

 第二節 方法および専門分野の多様性における

      神学の唯一性

 第三節 学術と知恵

¥1,296

  • 1 kg
  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

エンデレ書店 生命問題に関するカトリックの教え

すべてのカトリックの夫婦のための書。人工避妊、自然にかなった家族計画など、カトリックの教えにもとづいた生と死の倫理を説き明かす。

¥3,132

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

サンパウロ 第二バチカン公会議に学ぶ

教皇ベネディクト16世は、現代における「信仰の深刻な危機」を理由として、2012年10月11日から2013年11月24日までの期間を「信仰年」と定めた。カトリック鹿児島教区の引退司教である糸永真一師が、教皇の勧めに従い、過去50年の司牧経験を振り返りながら、第二バチカン公会議の意味をあらためて考察する。そこには人知を超えた神の英知、聖霊の豊かな恵み、さらには司教職を導いた信仰の確信があった。

¥972

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

サンパウロ 今に生きる教会 カトリックの教会論

本書は、第二ヴァティカン公会議によって刷新された教会理解に基づいて書かれた教会論である。

現代の日本社会において、キリスト者が生き生きとした教会生活を生きていくために、また教会が果たすべき役割を真に理解し、担っていく上で、大変、貴重で あり、多くの示唆に富んでいる。現代のカトリック思想を代表する著作を幅広く紹介する「カトリック思想叢書」の第26巻。

¥4,644

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

教友社 小高毅 クレド

キリスト教徒の基本的信条である「ニケア・コンスタンチノープル信条」をフランシスコ会の教父学者・小高神父が説き明かす。第一部では、同信条と「使徒信条」「ニケア信条」との違いや成立までの経緯などを詳述。第二部では、「ニケア・コンスタンチノープル信条」の文言を教理史上の展開を解説しながら、その現代的意義をわかりやすく語る。

第一部 信条の形成

 第一章 使徒信条

 第二章 ニケア信条

 第三章 ニケア・コンスタンチノープル信条

第二部 信条が伝えるもの

 第四章 わたしは信じます

 第五章 天地の創造主、父である神

 第六章 主イエス・キリスト

 第七章 主イエス・キリスト(続き)

 第八章 わたしは聖霊を信じます

 第九章 わたしは聖霊を信じます(続き)

 第十章 アーメン

あとがき

¥3,024

  • 2 kg
  • 在庫切れ

ペトロ文庫 教皇パウロ六世 使徒的勧告 福音宣教

熱烈な精神を、たとえ涙のうちに種をまかなければならないときでも、甘美と慰めに満ちた福音化の喜びを保ちましょう……。第二バチカン公会議閉幕十周年を記念し発表された勧告。教会の根本的な使命である宣教に関する、今なおいささかも古びることのない重要なメッセージ。『福音をのべ伝える』収録訳の文庫化

I 福音宣教者なるキリストから福音をのべ伝える教会へ

 II 福音化とは何か

 III 福音化の内容

 IV 福音化の方法

 V 福音化の対象

 VI 福音化の働き手

 VII 福音化の精神

¥756

  • 2 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日