長崎文献社 浦上四番崩れ

浦上四番崩れ 

長崎・天草禁教史の新解釈         

               安高啓明 

◆仕様 ・A5判 並製 260ページ  ・定価:2600円+税  

・ISBN978-4-88851-268-8

「潜伏キリシタン」悲運の歴史! その運命は「信徒発見」から激変した。

大浦天主堂でプチジャン神父に「告白」した信徒発見。

検挙した徳川幕府、処罰した明治新政府。

長崎浦上の信徒を「旅」と「帰村」で待ち受けていたものは?

法制史専門の著者が長崎「潜伏キリシタン」の悲劇を分析した意欲作。

<内容>

(目次)

第1章 浦上四番崩れ   

1 開国と信徒発見   

2 検挙した幕府、処罰した政府   

3 明治政府のキリシタン政策

第2章 信仰と崩れ   

1 潜伏信仰の実態   

2 ふたつの崩れ   

3 浦上崩れの発生—浦上一番崩れから三番崩れまで

第3章 最後の崩れと分配預託   

1 『旅の記録』にみる中国地方の実相   

2 九州・四国地方での処遇   

3 関西・東海・北陸での処遇

第4章 解禁と帰村   

1 解禁への胎動   

2 帰村実現と浦上村   

3 帰村とその後の生活

終章

¥2,808

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

女子パウロ会 キリシタンの祈り

日本画家・小山硬のキリシタンシリーズから19点。

その一点一点の作品に漂う深い信仰者の祈り。

そこにあるキリシタンの信仰の風景を物語風に綴る作家のまなざしは瞑想に誘う。

初版発行:2008年8月25日

掲載作品

天草(慈光)

天草(母子)

洗礼

天草(祈り)

天草(礼拝)

宣教師フロイス一行と信長

玄海の月

廿六聖人殉教図

生月

ガラシャ鑽仰

雲仙

おたあジュリア

迷える子羊

五島(ミサ)

天草

天草(崎津教会)

エルサレムを臨むペトロ岐部

天草慈光

¥2,376

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

教文館 キリシタン版 太平記抜書 1から3

南北朝時代の動乱を華麗な和漢混交文で描き出した軍記物語「太平記」は、日本の言葉と歴史を習うための教科書としてイエズス会によって用いられた。40巻399章を抜粋した40巻148章が印刷に付され、流布本として広く読まれた。

¥6,912

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

教文館 キリシタン文学における日欧文化比較

キリシタンの信仰教育の中核を担ったのは、16世紀スペイン人神学者ルイス・デ・グラナダの著作であった。『ぎやどぺかどる』に代表される信心書は、キリ シタン時代の日本人にどのように読まれ、キリスト教の受容にどのように貢献したのか?日本においてキリシタン文学が成立する過程に生じた異文化間の共鳴・ 断絶・受容・変容を実証的研究によって明らかにする。

¥5,400

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

教文館 キリシタン時代の婚姻問題

宣教師が直面した最大の障害

16、17世紀、日本や中国では、離婚や支配階級の蓄妾制度が社会的に合法であった。婚姻をサクラメント(秘跡)として単一性と不解消性を説くカトリック教会の教理は、新しい布教地にどのように伝わり、どんな摩擦を引き起こしたのか。価値観の相克による問題に、宣教師たちがいかなる解決策を試み、宣教の糸口を見出したのか。布教地の社会的事情との関連に比重を置いて探求した先駆的研究。

¥5,184

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

教文館 きりしたんおらしょ

¥6,264

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

ぼうちずもの授けやう(洗礼をさずけたもう)

貴重な書籍です。1点のみ

¥5,940

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

聖母文庫 現代語訳 ドチリイナキリシタン

庫: 173ページ

出版社: 聖母の騎士社 (2007/4/1)

言語: 日本語

ISBN-10: 4882162784

¥540

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

日本キリスト教団出版局 キリシタン音楽入門

皆川達夫:著四六判 並製 184ページ1,728円税込ISBN978-4-8184-0970-5 C00732017年04月

西洋古楽・キリシタン音楽研究の大家による、待たれていた入門書

キリスト教とともに戦国末期の日本に渡来し、徳川幕府のキリスト教弾圧により消えていったグレゴリオ聖歌とルネサンス音楽…。かくれキリシタンが歌い継いだ「歌オラショ」をはじめ、幻の「キリシタン音楽」の姿を探り続けた西洋古楽研究の大家が語り下ろす、待望の入門書。

第一部 洋楽の渡来

 洋楽の渡来

 天正遣欧少年使節

 関白秀吉御前演奏

 音楽史料の欠如

第二部 『サカラメンタ提要』

 その内容

 収録された聖歌

 キリスト教弾圧

第三部 『キリシタン・マリア典礼書写本』

 もう一つの史料

 聖歌旋律の復元

 音楽との関連

 成立期と収蔵の経緯

第四部 かくれキリシタンのオラショ

 生月島の「かくれキリシタン」

 生月のオラショ

 「歌オラショ」

 《ぐるりよざ》

 《ぐるりよざ》の原ラテン語聖歌を求めて

第五部 筝曲《六段》の成立について

 変奏曲の発想

 《クレド》とは

 《クレド》と《六段》との重ね合わせ

 キリシタン期の日本における《クレド》

 ヴィオラ・ダルコによる聖歌伴奏

 筝曲《六段》の作曲者

¥1,728

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

聖母の騎士 長崎オラショの旅

キリスト教ゆかりの地、長崎を洋々なか角度から案内する。

イラスト付き巡礼の書。 

「オラショ」とは、ポルトガル語で、「祈り」のこと。

長崎では、400年前の開港時代から今日まで、

喜びにつけ悲しみに付け、祈りが捧げられてきた。

本書は、心温まる話題を盛り込んで、

今でもキリスト教信仰の息づく街長崎へあなたを案内する。 

¥540

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

サンパウロ オラショの海

単行本: 178ページ

出版社: サンパウロ (1990/12)

言語: 日本語

ISBN-10: 4805600284

ISBN-13: 978-4805600283

¥1,080

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

カクレキリシタン オラショ−魂の通奏低音

長崎県内に、いまも残るカクレキリシタンの信仰の姿は、グローバリズムにおける日本人の現代的なテーマでもある。その現在の姿を、日本人がいかにキリスト教を受容し、変容させていったのかという視点のもとに紹介する。

--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

¥1,234

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日