長崎文献社 復元!江戸時代の長崎

復元!

江戸時代の長崎

博物館にのこる絵図のかずかずを

現代地図上に集大成

布袋 厚(ほてい あつし)

古地図の決定版『長崎惣町絵図』(1765年頃に作られたもの)を、長崎市基本図に重ねて復元。町あるきのガイドブックにも役立つ話題の古地図読本です。

【主な内容】

●「築町」電停はなぜ銅座町にある?

●長崎版・元祖忠臣蔵の現場は?

●長崎奉行西役所の詳細図面は?

●薩摩藩、佐賀藩屋敷はどこ?

●眼鏡橋の正式名は「第十橋」

●銀屋町はなぜ復活したか? ……他

■B5判オールカラー並製 ■192ページ

■ISBN978-4-88851-138-4

¥2,592

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

フリープレス カトリックと日本人

キリスト教とは何か、キリスト教徒は何を信じているのか。教義、構造、歴史がよく解かる

¥1,439

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

みすず書房 日本の200年 上下

日本近現代史専攻のハーバード大学教授が大学の授業ノートをもとに2002年に第1版を出し、06年に翻訳。本書は増補改訂版。徳川時代から「08年以後の日本」までの約200年が対象だ。西欧の帝国主義、植民地主義が世界を覆った時代に日本がどう生きてきたか、をバランスよくつづった通史。欧米でかなり読まれているが、日本の学生は自国の近代史が苦手だ。ぜひ本書で世界標準の教養書に触れてほしい。レベルは高いが非常に読みやすい。

¥3,888

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

吉川弘文館 話し言葉の日本史

昔の日本人はどのように話していたのか。『万葉集』の漢字の使い分けやキリシタン資料などから話し言葉を再現し、古代から近代まで言葉が次第に変化する様子を解明。形に残ることのない「話し言葉」の歴史を考える。

¥1,836

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

西南学院大学博物館研究叢書 信仰の歴史 キリスト教の伝播と受容

キリスト教の伝播と受容の歴史を,多様な図版(器物・絵画・文書)から広く学べるオールカラー図録。

キリスト教の源流であるユダヤ教から,キリスト教の誕生,アジアへの伝播,日本への伝来と禁教政策,明治以降のキリスト教主義の教育施設創設にいたる一連の図版を掲載。

【掲載図版】ユダヤ教の聖典トーラーや美術工芸品といわれるジュダイカ,各地独自の信仰形態がうかがえるイコン・聖像(特に日本の布教と関係の深いフィリピンのイコンを多数掲載)ほか,日本でのキリスト教の布教・禁教・受容の歴史を示す資料など。世界各地,また日本での多様な受容のあり方をとりあげ,キリスト教の歴史を広く学ぶことができる。

【2016年6月特別展図録/西南学院大学博物館・年2回刊

¥1,080

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

中公文庫 完約フロイス日本史 1 2 3

世界で日本でしか現代語訳されていない、西洋人による初の「日本史」の完訳本、待望の文庫化。第一巻は、布教草創期の折々に西洋人の新鮮な感性の捉えた見聞、とりわけ京や奈良の町並みや歴史的建造物、自由都市堺の殷賑、また将軍義輝の最期など、信長前史を活写する。毎日出版文化賞、菊池寛賞受賞。

¥1,234

  • 1 kg
  • 在庫切れ

中公文庫 完約フロイス日本史 4  5

日本を初めて知った西欧知識人が、当時の日本をどのように観たのかが明快に記されている。第四巻は、築城直後の大坂城で伴天連一行を接見する秀吉と城内の様相を臨場感ゆたかに描く、高山右近を領地から追放した秀吉は、博多で突如、宣教師たちの国外退去を命じる…。毎日出版文化賞、菊池寛賞受賞。

¥1,131

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

中公文庫 完約フロイス日本史 6 7

フロイスの日本史は、思いがけない視点に立った親知見あふれる新しい日本史―。第六巻は、弥次郎との邂逅にはじまるザビエル来朝の経緯を記す。また布教の拠点が山口から宗麟膝下の豊後に移り、布教がすすむ様子と、大友宗麟の周辺やキリシタン宗門を描く

¥1,131

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

中公文庫 完約フロイス日本史8 9

島津軍に敗れた大友宗麟は、自ら大坂に関白秀吉を訪ね、援軍を要請する。島津軍は豊後に侵入し、キリシタン宗門も豊後を追われる。宗麟は関白の九州征伐の最中に病死。嫡子吉統(義統)は改宗するも、関白がキリシタンの迫害者となると、棄教してキリシタン宗門を迫害する。毎日出版文化賞、菊池寛賞受賞。

¥1,234

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

中公文庫 完約フロイス日本史10 11

有馬晴信(鎮純)を始めとする西国諸侯の改宗が相次ぐなか、竜造寺隆信は大村純忠を大村城から追放し、キリシタン宗門を掌握する。竜造寺軍は更に有馬晴信の島原に侵攻。有馬軍は、家久率いる島津軍の援けをえて、宗門の命運を賭し竜造寺軍と戦い、敵将隆信を敗死させる。毎日出版文化賞、菊池寛賞受賞。

¥1,234

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

中公文庫 完約フロイス日本史12 キリシタン弾圧と信仰の決意

秀吉の弾圧と迫害の嵐のなか、着実にしかも強固に信仰の広がりを見せる、天草や島原等のキリシタンの姿を描く。また日本で最初にイエズス会員に採用された日本人・ロレンソ修道士や有馬の教会での少年使節の祝賀式典を詳細に記す。全12巻を通してのキリシタン年表付。

¥1,131

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日