死に向き合う

河出出版書房 BOOK DEAD ニューヨークタイムズが報じた100人の死亡記事

内容(「BOOK」データベースより)

同時代人だからこそ書けた衝撃的な最期の瞬間とその人生。死は、人生を呼び起こし、過去に光を当てる―リンカーン、ヒトラー、スティーブ・ジョブス、マイケル・ジャクソン…。創刊以来の約170年間、時代を反映する100人の死亡記事に凝縮された歴史の息づかい。

著者について

ウィリアム・マクドナルド

ニューヨークタイムズ記者。1988年入社、2006年より死亡欄担当。

アメリカの人種問題を扱った記事で2000年にピューリッツアー賞受賞。

¥4,620

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

三五社 臨終の七不思議

なぜ臨終に立ち会うべきなのか?臨終の際、意識はどうなるのか?自分の死期は悟れるのか?もっとも幸せな臨終の形とはどんなものか?臨終を迎えるのは自宅がいいか、病院がいいか?臨終にまつわる“あの不思議”に答えます。

¥1,320

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

宝島社新書 お迎え体験

お迎え」体験とは、終末期の人間が、すでに亡くなった家族や知人など、
見るはずのない人間と出会い、会話する不思議な体験である。
従来、医療者はこうした事例を現場で確認しながらも、
幻覚、せん妄の一種として本格的な研究を避けてきた。
本調査は15年以上にわたって継続し、医師のみならず
人文・社会学者も加わっての横断的な研究成果としてまとめられた。

1700人以上の遺族アンケート調査による精密な分析により、
日本人の約4割が広い意味での「お迎え」体験を経験していることが分かった。
また、自らの死期を悟る、あるいは終末期の一時的な意識覚醒など、
本邦初の「死の直前に起きる現象」についての統計調査、データが初めて公開される。

¥968

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日