死に向き合う

幻冬社 ありがとうといって死のう

今のあなたの悲しみは、明日、誰かへの優しさに変わります。

「悲しみよ、こんにちは」と笑顔で言える人生こそ、豊かな人生なのです。

第1章 年を取るのは恥かしいことではない

・年を取るのは恥かしいことではない

・人生の秋になったら冬を迎える準備をする

・私たちはお月様。満月に向かって膨れ上がり、満ちた瞬間に欠け始める

・私たちには「生きようとする」DNAが刻みこまれている

・死は一度きりのもの。死んだ経験のある方は一人もいらっしゃいません

・日本人は「死ぬと無になると思っている人」が多い

・死を考えるということは、生を考えること

・死を身近に感じ、仲良くする

・死はすべてを飲み込むブラックホール

・リアルな死は物体としてやってくる

第2章 どんな状況にあっても、私たちには楽しむ力、生きる力が備わっている

・人生ってほんとうにつらい。いろんなものを捨てていかないといけない。

・どんな状況にあっても、私たちには悲しみを乗り越える力、生きる力が備わっている

・人生の苦しみに必ず意味がある。いずれ喜びとして、希望として返ってくる

・痛みがあっても穏やかに逝ける

・泣くだけ泣いていい。叫ぶだけ叫んでいい。

・あのつらい時を生き抜いたからこそ死ぬ時に死に切れる

第3章 心豊かな人生を送るために

・肉体は衰えても精神性だけは上がり続ける。そんな人生を送ってほしい

・目に見えるもに執着しすぎるといくつになっても精神性があがっていかない

・毎日を感謝して生きるとは、あなたが持つ「自制心」を使いながら生活すること

・自己愛から解放されていくのが人としての成熟

・自分がイライラしていることを人から悟られないように生きる

第4章 向こうにいっても人は孤独ではない。誰かが待っていてくれる

・向こうにいっても人は孤独ではない。誰かが待っていてくれる

・死んだあとに素晴らしい世界が待っているよ。そのことを多くの人に伝えてくれ

・孤独は人間関係の希薄さからくる

・どんな人でも亡くなる直前まで変わることができる

・人は旅立つ前に素直になる

・粋な生き方、粋な死に方

・「see you again.」(また、会いたいね)は、私の好きな言葉

¥1,188

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

ダイヤモンド社 より良き死のために

「死への準備教育」創始者が教える幸せに死ぬための哲学とは? 死を正面から取り上げることが日本でタブー視されていた50年以上前から「死の哲学」を説き続けてきた著者が、80代半ばとなり、自らの旅立ちのときを意識しつつ、私たちが身近な人や自分自身の死について準備すべきことを精神面と実生活面から教える。

¥1,512

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

海竜社 生と死の現場から

生と死の現場から

聖路加国際病院 救命救急医のメッセージ

石松 伸一(いしまつ しんいち)

 

本体1400円+税

 

2018.5

 

978-4-7593-1597-4

多くの患者さんが毎日訪れる東京・築地にある聖路加国際病院。その中でも、救命救急センターはまさに「生と死」の最前線の現場です。日々、現場で患者さんの命を救おうと努力されている救命救急センター長の石松医師に具体的なエピソードを交えながら、日頃考えられていること、感じられていることを語って頂きます。

テーマは救命救急センターの日常だけでなく、センターが発足して今のようになるまでの紆余曲折、ご自分と父親との関係、山谷地区でのボランティア活動、救急医を目指す若い医師たちへのメッセージ等多岐にわたります。

医療にかかわる方だけでなく、病院に患者としてお世話になる可能性がある老若男女すべての方々に、ぜひ手にとって頂きたい1冊です。

¥1,512

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

小学館 なんとめでたいご臨終

誰でも最期まで家で朗らかに生きられます!

 痛みや不安がなく、最期まで朗らかに過ごしたい――それは誰しもが願うことでしょう。それを叶える場所は、果たして病院でしょうか。

 多くの人は、家で最期まで過ごしたいと望みながらも病院で最期を迎えています。そうした中、家族に介護力がなくても、おひとりさまでも、末期がんでも、ボケていても、「誰だって、最期まで家で朗らかに生きられる!」と著者・小笠原文雄さんは説きます。

 本書には、「退院したら5日の命」と余命宣告されながら5年経った今も元気に過ごす患者さんや、大切な人を看取った直後にご遺体を囲み、笑顔でピースするご家族、まるで自らの死期が分かっているような患者さん、「今がいちばん幸せ」と言う末期がんの患者さんなど、「在宅医療」だからこその、常識では考えられないような笑顔と奇跡のエピソードが満載です。

 自分もそんな「人生のめでたい最期」を迎えたいと願う人や、大切な人にそんな最期を迎えてもらいたいと望む人、最期まで自分で介護を続けられるだろうかと不安な人も、読めば明るい気持ちになり、「笑顔でピース!」したくなること請け合いです。

 だからあなたも、生きているうちに読んでください!

¥1,512

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

岩波新書 ひとり死時代のお葬式とお墓

著者 小谷 みどり 著

通し番号 新赤版 1672

ジャンル 書籍 > 岩波新書 > 社会

刊行日 2017/07/28

ISBN 9784004316725

Cコード 0236

体裁 新書 ・ 240頁

定価本体780円+税

「ひとり死」の時代になりつつある今,火葬のみのお葬式や,共同墓,無縁墓などがさらに広まっている.個人個人は死後を誰に託したらいいのかを悩み,自治体は身寄りがいても遺骨の引き取り手がいない人の増加など難題に直面している.海外ではどうしているのか? 日本各地の具体的な事例とともに,これからを展望する.

¥842

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

PHP文庫 死を語る

死について真面目に語った対談である。

同時に、「どうやって生きたらよいか」を考える究極の実用書でもある。(佐藤優)

人生は残酷であり、生きるということは本当に苦しいことだ。

この対談の中でも何度か言っているが、“あの時に死んでしまえばよかった"と

未だに思う私である。(中村うさぎ)。

原因不明の病で心肺停止に陥るという臨死体験を経て、

「家族」の意味を考えるようになった中村うさぎと、

「鈴木宗男事件」で社会的に葬り去られそうになった佐藤優。

日本、宗教、社会、男と女……。数奇な経験を持つ二人が、

様々な視点で「生と死」について、徹底的に語り尽くす! 

『死を笑う』を改題し、加筆修正。 

本書の目次より

「天国の門」が現れない/モスクワで死を意識した日/ 死ぬのは怖くないですか?/人格が壊れていく恐怖/ 美の欠如は女の死/社会的な死が若者たちを追い詰める/ 獄中で描いた出所後のシナリオ/サイコパスに更生の余地はない/ 日本人の死生観とキリスト教的死生観/「絶対無」の状態で生きるとは? 男らしさ・女らしさという幻想/日本で自殺が認められなくなった理由 ほとんどの宗教は自殺を否定しない/天国は怖いところ?/ 賢く生きていく小ワザ/作家としての性

¥734

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

ポプラ新書 死に逝く人は何を想うのか 遺される家族にできること

一回しかない「最期のお別れ」を、かけがえのない時間にするために――。大切な人との死別はつらい。あまりのつらさに誰もが打ちひしがれるだろう。そもそも私たちは死に逝く人の気持ちがわからない。だからこそ遺される家族は途方に暮れてしまう。「何を考えているかわからない」「一緒にいるのがつらい」私たちは、どうすれば末期の患者さんに寄り添い、サポートすることができるのだろう?本書は、1200人以上の人生を見届けたホスピス音楽療法士が、24の実話を紹介しながら、穏やかな「見送り」のあり方を提案する希望の書だ。

■本書の構成

はじめに

第一章 死に直面した人の心の変化

第二章 大切な人のために家族ができること

第三章 グリーフについて――悲しいのは、当たり前のこと

おわりに

■24のケース

トム――誰にもわかってもらえない気持ち

池田さん――あきらめたわけじゃない

ローラ――信じられないし、信じたくない

エリカ――なんでこんなことになったの?

清水さん――「老人ホームに入れるなんて親不孝な娘だ! 」

大嶋さん――「頑張って」「元気になってね」の言葉がつらい

ジェーン――明日、目が覚めなければいい

川井さん――心配なのは、いつまで生きるかわからないこと

北田さん――もしかしたら治るかもしれない

白鳥さん――まだ死にたくないけど、もう近いと思う

アレン――娘の成長を見届けたい

坂口さん――あなたのために唄うワルツ

チャールズ――母のロザリオを探して

月舘さん――「治ったら、また会えるから」

小原さん――姉との電話

荒井さん――戦火を生き延びて

岡本さん――伝えたいのは「ありがとう」だけ

千葉さん――「ごめんなさい」

井出さん――母ちゃんのおかげで幸せだった

伊藤さん――私がここにいる理由

ユージーン――「そろそろ部屋を片づけるとき」

平野さん――明日、家に帰らないといけない

前田さん――死んだ母さんが見える

早川さん――音楽が最期の贈り物

■著者情報

ホスピス緩和ケア専門の米国認定音楽療法士。アメリカのホスピスで10年間音楽療法を実践。13年に帰国、15年から青森慈恵会病院緩和ケア病棟でセッションを提供。著書に『ラスト・ソング』(ポプラ社)がある。

¥885

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

摂理館出版 ある囚人の物語

ある囚人の物語 -死刑前三週間の記録-

著訳者など: ポール・J・ロイゾー:著

出版社: 摂理館出版

税込価格:800円

(本体価格: 741円)

判型:A5/118頁

ISBN:978-4-904697-01-6

発売年月:2017年11月29日 

¥800

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

みすず書房 死ぬとはどのようなことか

「「不安」は、命の終わりについて闘わされる多くの激論の背後に隠れている題名のようなものです。……解消したいと願いながらも口にはされないことがらであり、わざと無視されることがあまりにも多い問題です。それは死ぬということについての、そして死に臨んだときの、意思疎通を妨げる最大の障害となります」

終末期に最も大切なことは、患者本人、家族、医師、看護師らのあいだの十分な対話である。そのためにはわれわれは日頃から《死》をタブーにすることなく、積極的に論じなくてはならない。

本書は、死が間近な人の生の実態、「安楽死問題」、患者の事前意思表明書など、アクチュアルな問題を論じ、ドイツで読まれ続けているベストセラーである。医療に求められるのは、患者の痛みを鎮めることだけではない、人間としての尊厳を保ちながら穏やかに死を迎えられるようにすることである。著者の説く看取りの教育はドイツの医師養成課程に採り入れられ、不可欠の課題になっている。

緩和医療やホスピスをめぐる誤解や偏見をただし、よりよい終末期のための医療と社会制度を説く、《死》に関する現代の必読書。

目次

まえがき

新書版まえがき

第1章 死ぬことについてわたしたちは何を知っているか

わたしたちはなぜ死ぬのか

プログラム化された細胞死

臓器の死

生体の全体死

脳死は人間の死か

誕生と死はよく似たできごとである

  誕生/死亡

臨死体験

第2章 命の終わり──希望と現実

病院

集中治療室

介護施設

自宅

緩和医療病棟とホスピス

第3章 看取りの構造

開業医

SAPV(緩和医療専門外来)チーム

緩和医療科

緩和医療における共同診察業務

入院ホスピス

訪問ホスピス・サービス

医療のピラミッド

ほかになすべきことは何か

医学生の専門教育

緩和医療従事者の再教育

展望

第4章 命の終わりに人は何を必要とするか

a 意思疎通

  観察の経験から/医学の授業を変えていく/啓発による支援/多数の専門分野の意思疎通/意識が稀薄なときの意思疎通/家族の内輪の意思疎通

b 医学的治療

  痛み/呼吸困難/神経精神病の症状/一時的な鎮静

c 心理社会的介護

  心理的な看取り/社会福祉業務/悲しみに寄り添う

d 人間の霊性に配慮した看取り

  そもそも(医学において)霊性とはどういう意味か/霊性と価値観と人生の意味/医師の役割/司牧者の役割/チームの役割/むすび

第5章 黙想と重い病

黙想とは何か

黙想がなぜ重い病のとき助けとなるのか

最後に念のため

第6章 空腹と渇きは死を招くか──終末期の患者、認知症または植物状態の患者への栄養水分補給

健常者との栄養水分補給の違い

人工栄養と認知症

植物状態の患者にたいする栄養水分補給

  植物状態と最小意識状態/植物状態における栄養補給の適応

第7章 命の終わりにもっとも頻繁に遭遇する問題──また、どのようにしてそれを防ぐか

意思疎通の問題

  医師と患者のあいだの意思疎通/家庭内での意思疎通/看護チーム内のさまざまな職種のあいだの意思疎通

治療の失敗

  終末期における「涸渇死」と「窒息死」/過剰な医学的治療/緩和医療の不足/不必要な鎮静処置/鎮痛のためのモルヒネ/呼吸困難にたいする誤った治療

心理社会的な問題と霊性に根ざす問題

  どんな助けも受け入れられない/自分自身の欲求を排除する

第8章 命の終わりのための準備──意思決定委任状と患者の事前意思表明書

意思決定の願望

終末期に備える計画

終末期への備えの方法

  終末期における医療判断に関する意思決定委任状/介添人指定/自分自身の価値観/患者の事前意思表明書

患者の事前意思表明書がないと、何が起こるか

推定意思が確定できないと、何が起こるか

裁判所の介入が求められるのはどのようなときか

命の終わりにおける決断のための三つの黄金律

第9章 医療における「死亡幇助」とはどのようなことか──自己決定と死への備えとのあいだの終末期医療

「積極的死亡幇助」

「消極的死亡幇助」と医学的適応

「間接的死亡幇助」

新しい概念

自死幇助

医師による自死幇助をわたしたちは必要としているか

第10章 緩和医療とホスピスの活動──神話と現実

緩和医療とホスピスの活動

  起源/ドイツでの展開/過度の倫理的要求の危険

緩和医療を認めさせる闘い

  麻酔科か腫瘍科か/ドイツにおける緩和医療学講座の発展/だれがそれで得をするのか/将来にとっての危険と希望

第11章 死を目前にした命──緩和医療の贈り物

むすび

¥3,672

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

東京書籍 死は永遠の別れなのか

著者ケスラーが、数十年前に人から話すと「信用に傷がつきますよ」と言われていた『臨終時の幻像(デスベッド・ビジョン)』などについて、それを伝える勇気と真実を尊重する気持ちが強まり、世に問うことにしてまとめたのが本書である。

 医療従事者・聖職者・愛する人を失った人たちが、目の前で死にゆく人たちについて実際に見聞きした驚くべき個人的な体験の数々を、本書ではありのままに載せている。信じようが信じまいが、こうした現象は目新しいものでも、珍しいものでもなく、本物であり、よくあるということだ。

 私たちの理解と説明を超えたこれらの体験は、死を迎える人たちの見る幻が、本人と家族に「希望」をもたらし、死や死後について新たな見方を提供してくれているようでもある。

¥1,620

  • 在庫切れ

人生の最期を笑って生きるために 死ぬまでにやっておきなさい

「患者さんの“死の恐怖”をやわらげること。それが私たち医師の仕事です」年間100回以上の講演で全国を飛び回る終末期医療の名医が語ってくれた―。死を恐れずに見つめてわかった“幸せに生きるために大切なこと”。あなたは残された時間をどう使いますか。

¥1,028

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

丸善出版 人生最期のことば

偉人、英雄からミュージシャン、アウトローまで、見事な生き方からろくでもない生き様まで多様な生き方を簡潔に記し、一時代を画した人たちの最期の様子と最期のことばを紹介します。 収録されている「最後のことば」は、墓石や記念碑にある墓碑銘・碑文など、あるいは演説、死亡記事、パンフレット、新聞記事、書簡などに基づいたものですが、故人が亡くなる現場に居合わせた人々の証言もあります。 有名な最期のことばもあれば、忘れ去られていることばもあります。しかし、人が死に臨んで言い残した言葉には心身ともに私たちを鼓舞する「ことばの力」があります。

¥1,836

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

死を考える100冊の本

いかに生き、いかに死ぬか――死生観を養う上で参考になる世界の名著を100冊厳選。

名言と内容について触れられています。

『死の瞬間』(E・キューブラー・ロス)、『人間臨終図鑑』(山田風太郎)、『チベットの死者の書』、『葉隠』(山本常朝)『戦艦大和ノ最期』(吉田満)など、様々な書籍に記されたエッセンスが凝集された究極の一冊。

¥1,512

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

現代書林 死を乗り越える映画ガイド

「死が怖くなくなる読書」の続編。

読書だけではなく映画も、死の「おそれ」や死別の「かなしみ」を克服する力をもっていると著者は訴えます。死があるから生があることに気づかせてくれる映画、死者の視点に立って世界を見ることを教えてくれる映画、など50本の作品をセレクトしました。作家の顔だけでなく、冠婚葬祭業の代表として多くの人々の「死」と向き合ってきた著者ならではのと深い洞察に満ちた内容となっています。

¥1,512

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

聖母文庫 シスター高木 母の祈り

母として遺していきたい子供への想いが

ぎゅっと詰まっています

¥540

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

教文館 自分らしい最期を生きる

あなたは残された時間をどう生きますか?

死の不安や病を抱えながら、残された日々をどのように過ごしたらよいでしょうか。

人生の振り返り作業によって今ある心の痛みと向き合い、感謝の心を引き出して自分を癒す〈セルフ・スピリチュアルケア〉。

本人も介護する人も、みんなが心おだやかな時間を過せるよう、在宅医療の医師が実例を交えながら、終末期の〈新しい心の整理術〉を手引きします。

 ✤巻末付録✤

設問にこたえて自分で作る

心の整理の実践「セルフ・スピリチュアル・ノート」

最期に備えて伝えたいことをまとめる「エンディング・ノート」を収録!

 

¥1,404

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

死とどう向き合うか

アルフォンス・デーケン NHK出版

身近な人の死、いつかは訪れる自分の死。この世に生を享けたすべてのものにとって、死は避けられない。だれもが直面する「死」をどう捉えて生きていくのか。「死への準備教育」の普及に努めてきた著者が、半世紀にわたり深めた「生と死の思索」を平易に語る。

¥1,512

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

海竜社 自分の家で死にたい

3000人を看取ってきた在宅看護師の記録とアドバイス

自分が望む最期を迎えるために。44年にわたって3000人を看取ってきた在宅看護師が綴る愛と感動の記録。

 

¥1,512

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

海竜社 家で死ぬということ

日本のホスピス医第一人者の医師が語る

あなたはどこで、どのように死にたいですか?『病院で死ぬということ』から22年!今、在宅ホスピス医の現場に身を投じた著者が問いかける、生きるということ、病むということ、死ぬということ。

 

¥1,512

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

シンコーミュージック 人生最後の食事

ドイツのジャーナリストがハンブルグのホスピスに密着して書き上げた感動のドキュメント(ノンフィクション)

ドイツのテレビ・ジャーナリスト、デルテ・シッパーが、とあるホスピスで働く専属シェフとその入居者たちに密着取材して書き上げたドキュメント本、邦訳版でついに登場!

人生でいちばん価値のあることは何だろう。

充実した一日は、無為に過ごした1年にも引けをとらないといえるだろうか。

我々はどんな最期を迎えたいのだろう。

どう生きたいのだろう。

死について、また充実した人生を送る秘訣について書かれた感動の一冊。

¥1,296

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日