牧師や医師が体験した死後の世界の書籍など

NHKスペシャル 超常現象

HKが超常現象に

正面から向き合った!

幽霊、超能力、生まれ変わり、テレパシーなど超常現象と言われてきた事象は、科学でどこまで説明可能なのか。ノーベル賞受賞者を含む世界各国の科学者たちへの取材の成果を、解明の道筋のドキュメントをまじえて紹介していく。NHKスペシャル、BSプレミアムで放送の、注目の番組が出版化。

内容(「BOOK」データベースより)

幽霊、臨死体験、生まれ変わり、念力、透視、予知、テレパシー…。超常現象VS科学どこまでが判明し、どこからが謎なのか。世界各地を取材した果てに、たどりついた“答え”とは―

¥1,760

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

ポプラ新書 お迎えされて人は逝く

死は、けして敗北ではありません。

人生を、医療任せにしてはいけません。

「亡き母が手を握ってくれた」「夫と愛用車でドライブに行った」――これまで幻覚・せん妄として治療対象であった「お迎え」現象が、死生に向き合う貴重な過程として医療現場で注目されている。死を怖れ、痛みとたたかう患者に何ができるのか、緩和ケア医として2500人を看取った医師が終末期医療のあり方、死との向き合い方を問いかける。

¥857

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

死後の世界を知れば人生が輝き始める

三度の臨死体験を経験した男は何を得たのか?世界的ベストセラー『未来からの生還』の著者が「あの世」で知った死と生の真実、人生の本当の目的とは何かを「女性を元気にする」運動を主宰し、〈エゴスキュー〉を日本に紹介した越山雅代と共に教えてくれます。

¥1,540

  • 1 kg
  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

死と神秘と夢のボーダーライン

死ぬとき、脳は<ボーダーランド>に入り込む。臨死脳研究の国際的リーダーが、

スピリチュアル体験の謎を解き明かした決定版!絶賛! V.S.ラマチャンドラン(『脳のなかの幽霊』の著者)、

アラン・ホブソン(『夢に迷う脳』の著者)オカルトな体験を、単なる幻覚だとか妄想だとかで片付けず、

なぜそれが切実さを持つのか、といったところまで考えたのはおもしろい。もちろん仮説ではあるけれど、なかなか説得力はあるんじゃないか。ーー山形浩生『新・山形月報! 〜cakes』現代の脳科学が臨死体験の詳細について語ることを知りたい読者には、最近の書物としては『死と神秘と夢のボーダーランド』をお勧めしたい。ーー養老孟司『毎日新聞』

¥2,530

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

サンパウロ 死後の世界を見つめて

実証科学によって証明できることだけを受け入れる現代社会にあって、死後の世界である「あの世」について語ることは愚かなことか。 また「あの世」とは、人間がその死後にしか入り込めない領域なのか。

長年、死について考えてきた著者が、キリスト教的視点から、すべての人に必ず訪れる死について、また、「あの世」について考察する。

¥1,760

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

エリザベスキュープラロス

¥775

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

東京書籍 死は永遠の別れなのか

著者ケスラーが、数十年前に人から話すと「信用に傷がつきますよ」と言われていた『臨終時の幻像(デスベッド・ビジョン)』などについて、それを伝える勇気と真実を尊重する気持ちが強まり、世に問うことにしてまとめたのが本書である。

 医療従事者・聖職者・愛する人を失った人たちが、目の前で死にゆく人たちについて実際に見聞きした驚くべき個人的な体験の数々を、本書ではありのままに載せている。信じようが信じまいが、こうした現象は目新しいものでも、珍しいものでもなく、本物であり、よくあるということだ。

 私たちの理解と説明を超えたこれらの体験は、死を迎える人たちの見る幻が、本人と家族に「希望」をもたらし、死や死後について新たな見方を提供してくれているようでもある。

¥1,650

  • 在庫切れ