教文館 聖公会がたいせつにしてきたもの

2010 年に聖公会出版から刊行され、何度も版を重ねたベストセラーの待望の復刊!

 

聖公会の教会はどのような教会なのか?との素朴な疑問に若き碩学が答える。

聖公会の成立から、現代社会に生きる教会の姿まで、多くの図版とともに分りやすく叙述。

本邦初の本格的なやさしいアングリカニズム入門書。

 

[目次]

はじめに

ペリーと聖公会

チャニング・ムーア・ウィリアムズの来日

ジャン・ベッテルハイムの琉球宣教

知里幸恵と小さき者への福音

「女工哀史」と聖公会

オーガスティンの英国伝道

「カンタベリーの主教座」とのリンク

信徒中心の英国宗教改革

ケルト・キリスト教と聖公会

分散された権威としての「聖書・伝統・理性」

あらゆる絶対主義を否定する聖公会のヴィア・メディア

聖公会の主教職の本来的意味

世界の聖公会──アングリカン・コミュニオン

聖公会の「公共性」理解と「パリッシュ」制度

聖公会の“Critical Solidarity”(批判的連帯)の伝統

おわりに

¥1,320

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日