HOME本聖書専門書CDDVD>聖書の世界聖書 絵画

新教出版社 聖書の風景 小磯良平の聖書挿絵

画家は何を、聖書から読み取り、形にしたのか――

日本を代表する洋画家小磯良平(1903-1988)が、日本聖書協会から委嘱され口語訳聖書のために書き下ろした32枚の聖書挿絵。生前の小磯と親しく接していた著者が、画家の人生行路と重ねつつ、1枚1枚の挿絵を読み解く。聖書から挿絵へ、挿絵から聖書へ。その往復運動から生まれる信仰表現のドラマ。

¥2,700

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

新教出版社 渡辺禎雄聖書版画集 くすしきみわざ

日本の伝統民芸である型染版画の素朴な美と、深く篤実なキリスト教信仰とが結びついて、独自の表現世界を築き上げた渡辺禎雄(1913‐1996)。その生誕100年を記念し、代表作70点余を収録した作品集。造形を通して神の「くすしきみわざ」を賛美し続けた、わが国キリスト教美術の一頂点が、広く鑑賞しやすい形となった。

¥5,400

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

西東社 聖書と名画

厳選名画114点収録!

ビジュアル図解 聖書と名画

サイズ:A5判 224ページ/ISBNコード:9784791623211

『楽園追放』『受胎告知』『最後の晩餐』...旧約・新約聖書を表現した名画の数々。名画約110点を聖書のストーリーを交えながら、人類史上最大のベストセラー「聖書」を名画と共に、旧約聖書から新約聖書まで丁寧に解説します!

ユダヤ教とは何か? 天使とは何か? 『旧約聖書』の神とは...... 充実の特集で、より知識を深堀できる1冊です。

¥1,404

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

新潮社 カラヴァッジョ巡礼

17世紀初頭のローマで、一世を風靡したバロック絵画の巨匠カラヴァッジョ。斬新な明暗法を駆使した写実的かつ幻視的な作品は常に賛否両論を巻き起こし、さらには生来の激しい気性から殺人を犯し、逃亡生活を余儀なくされる。聖なる画家にして非道な犯罪者。その光と闇に包まれた生涯を辿りつつ、現地に遺された作品を追って旅する。

¥1,512

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

世界文化社 名画で読み解く聖書

世界一のベストセラーといわれる聖書の世界に、誰もが一度は目にしたことがある名画を通して触れられる1冊。『バベルの塔』『受胎告知』『最後の晩餐』など、聖書の物語やエピソードを描いた名作それぞれが意味すること、描いた画家の主張、隠されたメッセージを丁寧に解説します。地図や図版を豊富に使うことで聖書の登場人物やストーリーを簡単に理解できるだけでなく、名画の見どころもわかる内容となっています。

【目次】

序章 聖書概説

第1部 旧約聖書

第1章 無から生まれた世界

第2章 民族の祖たち

第3章 約束の地へ

第4章 王の時代

第5章 イスラエル興亡記

断章 知恵文学と詩書

第2部 新約聖書

第1章 キリスト降誕

第2章 イエスと弟子たち

第3章 イエスの受難

第4章 イエスの死後

¥1,512

  • 2 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

創元社 西洋名画の読み方

1.あの名画は一体何を描こうとしたのか?本書は14世紀から19世紀初期に描かれた名画を177点取り上げ、その絵に込められたキリスト教や古代の神話の主題(物語)から、人物、象徴、オブジェなど細部描写の意味に至るまでを解説。作品は年代順に配列され、西洋美術400年の歴史の変化を俯瞰することができる。巻末には詳細な索引を付け、画家、作品、主題、象徴、人物、出来事などから検索が可能。美術好き必携の名作ガイド。

2.近現代絵画は難解だといわれる。なにを意味しているのかもわからないし、どう見たらいいのかもわからない。本書は現役の画家であり批評家であり美術史家である著者が、自らの感動した近現代の名画を180点選択。時代順に古いものから取り上げながら、独自の視点と経験から、その見方を示した。ユニークな構成と切り口で、難解な近現代美術の意味を解きほぐす、画集と美術史を兼ねた入門書。

3.聖書とギリシャ・ローマ神話が西洋美術の世界に大きなインパクトを与えたことは疑いのない事実である。本書は、ジョットからゴヤまで、14世紀から19世紀における巨匠たちの名画の主題となった聖書、神話、伝説の原典を明らかにしながら、その名人芸と想像力の核心を解き明かしていく。一枚の絵に凝縮された深遠な物語世界を存分に堪能できる、西洋美術ファン必携の名画ガイド第3弾。

4.美術史上もっとも輝きに満ちていた時代ルネサンス。1400年~1600年にかけてイタリアの芸術家たちは「再生」を目指してひた走っていた。ボッティチェリ、マンテーニャ、ペルジーノ、ダ・ヴィンチ、ラファエロ、ミケランジェロ、コレッジョ、ティツィアーノら多くの偉大な才能が生んだ傑作の数々を「遠近法」「解剖学」「自然」「友情」など200近くのキーワードで読み解く、西洋美術ファン必携の名画ガイド第4弾。

¥4,104

  • 3 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

中経文庫 聖書の名画はなぜこんなに面白いのか

海外旅行に出かけ、有名な美術館にせっかく足を運んでも、何を描いているのか、さっぱりわからない……。もし、そうだとしたら何とも残念なこと。西洋絵画には、私たちにとっては馴染みが薄い旧約聖書・新約聖書を題材とした作品が数多くあります。聖書の物語の知識が少しあるだけで、絵を見る楽しみがグンと広がります。本書は、その手助けとなる初心者向け入門書の決定版。

¥740

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

講談社 幸せになれる宗教画

仕事や生きがい、恋に悩んでいる人は、キリスト教絵画を見れば癒すことができる!『最後の晩餐』には、自分を犠牲にする生き方が。『受胎告知』では、理不尽に打ち勝つ勇気が。『サロメ』には恋の陥りがちな罠が。『復活』には相手を信じる大切さが。『三位一体』では家族関係の絆について描かれている。

これらの絵を紹介しながら、説教のうまい若手神父として多くのファンを集める著者が、聖画に隠された幸せになるための法則や、生きるヒントを解説する。

また、『ダ・ヴィンチ・コード』や『ミケランジェロ・コード』などで、ゆがめて広まった“嘘情報”の間違いを指摘しつつ、美術館に持って行きたい正しいウンチク本としての要素も満たす。

序章 弱い人が大好きだった男、イエス・キリストの一生

 01 ムリーリョ『ロザリオの聖母』

 02 ジョット『ユダの裏切り』

1章 愛されたい!

 03 ヘールトヘン・トト・シント・ヤンス『夜のキリスト降誕』

 04 ベラスケス『キリストの磔刑』

 05 ミケランジェロ『最後の審判』

2章 変わりたい!

 06 レオナルド・ダ・ヴィンチ『最後の晩餐』

 07 ピエロ・デラ・フランチェスカ『キリストの洗礼』

 08 ラファエロ『キリストの変容』

 09 クラナッハ『聖ヨハネの首を持つサロメ』

3章 強くなりたい!

 10 ミケランジェロ『ピエタ』

 11 ムリーリョ『無原罪のお宿り』

 12 マサッチオ『楽園追放』

 13 ピエロ・デラ・フランチェスカ『キリストの復活』

4章 力がほしい!

 14 マルティーニ『受胎告知』

 15 ティツィアーノ『悔悛するマグダラのマリア』

 16 エル・グレコ『聖三位一体』

5章 守られたい!

 17 ラファエロ『小椅子の聖母』

 18 ジョット『ラザロの甦生』

6章 戒め

 19 ドゥッチョ『山上の誘惑』

 20 ブリューゲル『バベルの塔』

¥1,404

  • 2 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

新教新書 放蕩息子の精神史

人は神に帰れるか――3.11 後に問う

《放蕩息子》のたとえが、時代や文化を越えて人々の精神にいかなる刺激を与え続けてきたかを、美術や文学を追跡しながら探る。30 点以上の豊富な図版が読者の理解を助ける。また、テキストの精密な釈義を通して、このたとえが秘める指針を読み解く。人間理性の万能感の行き着いた先は、制御を失った技術の暴走と自然環境の蕩尽だったのではないか。私たちは真に成人した者として故郷に帰還することができるのか。イエスのたとえから、真の希望のありかを探る。

目次より

第Ⅰ部 キリスト教美術の中の《放蕩息子》

1 中世教会美術

2 宗教改革の時代の《放蕩息子》――デューラーとヒエロニムス・ボス

3 レンブラントの《放蕩息子》

4 ロダン以後バルラッハまで

5 現代美術の中の《放蕩息子》

  1 マルク・シャガール/2 中国《剪紙》芸術の世界/3 渡辺総一の世界

第Ⅱ部 《放蕩息子》の精神史

1 《放蕩息子》のたとえを読む

2 《放蕩息子》の精神史――古代教会から宗教改革まで

3 近代文学の中の《放蕩息子》――ジイド・リルケ・カフカ

4 《放蕩息子》の精神分析学的解釈――自己実現と影

5 《放蕩息子》と現代文明――明日への希望

福音書に記されたイエスのたとえの中でも最もよく知られている“放蕩息子”。このたとえは古代以来数多くの人々のたましいに刺激を与え、様々な解釈と造形を生み出してきた。いま危機と混迷の時代を生きる私たちは、このたとえから何を読みとることができるのか。豊かな学殖と深い洞察をもって解釈史をたどりながら、神と人間のドラマを読み解く。

¥1,512

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

青春出版社 名画とあらすじでわかる新約聖書

新書サイズ

「天地創造」(ミケランジェロ)、「ノアの箱舟」カラッチ、「バベルの塔」(ブリューゲル)、「モーセの十戒」(レンブラント)…西洋の画家たちに描かれ続けた「聖書」の世界観とは! 名画とあらすじで読み解く一冊。オールカラー。

¥1,193

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日