イエスキリスト

ミルトス 共観福音書が語る ユダヤ人イエス

共観福音書が語る ユダヤ人イエス

 共観福音書研究エルサレム学派 〔編著〕

 有馬七郎/河合一充 〔訳〕

 福音書をユダヤの視点で読み直すとき、そこに描かれているのは紀元1世紀のイスラエル――ユダヤ社会の中に生きるユダヤ人イエスの姿である。難解な内容をヘブライ語に訳し戻すと、明快な力強さで甦る。

 好評をいただき、再版希望が多数寄せられていた名著『イエス時代の背景』『主の祈りのユダヤ的背景』『イエスはヘブライ語を話したか』から主要部分を再編集し、新たな記事を付加した。

 キリスト教徒とユダヤ教徒の学者が共同して共観福音書(マタイ、マルコ、ルカ)を研究する「共観福音書研究エルサレム学派」の研究成果。

――目次――

編者まえがき

著者紹介

Ⅰ『ルカによる福音書』のユダヤ的背景 S.サフライ

 1章 アビヤ組の祭司

 2章 ザカリアの名誉な務め

 3章 ナジル人ヨハネ

 4章 洗礼者ヨハネの命名

 5章 神殿における女性の役割

 6章 イエス時代の巡礼

 7章 会堂と安息日

 8章 百人隊長と会堂

 9章 本当に安息日を破ったのか?

 10章 師と弟子

Ⅱ『主の祈り』のユダヤ的背景 B.ヤング

  序 「弟子たち」の祈り

 1章 天の父

 2章 聖ということ

 3章 イエスの御国

 4章 みこころ

 5章 日ごとのパン

 6章 負 債

 7章 試 み

Ⅲ イエスはヘブライ語を話した D.ビヴィン/R.ブリザート

  はじめに

 1章 アラム語・ギリシア語説の検討

 2章 言語学上の最近の研究からヘブライ語説

 3章 聖書外資料からの証言

 4章 福音書テキスト自体からの証言

 5章 原ヘブライ語福音書テキストの復元

 6章 誤訳による神学上の誤り

Ⅳ ヘブライ語から聖書理解を D.ビヴィン 

 1章 「神の国」の意味

 2章 言葉の文化的背景の違い――「きつね」の例

 3章 「天国の鍵」は何か

 4章 ファリサイ派とイエス

 5章 イエスの宮潔め

 6章 耳に置く

 7章 「顔」を含むヘブライ語表現

 8章 平安の子

Ⅴ 共観福音書の忘れられた重要問題 R.リンジー

 1章 マルコによる福音書の優先説を問う

 2章 「福音」というキーワードから分かること

  解説 エルサレム学派のアプローチ

  用語解説

  資料索引

  訳者あとがき

¥2,160

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

文春文庫 名画と読む イエスキリスト

怖い絵」で人気の著者がキリストの生涯を描いた絵画43点をオールカラーで解説しつつ、その生涯を追う。読んで、見て楽しい一冊。

“イエス・キリストのおおまかな生涯を知った上で西洋名画を楽しみたい―そう願う人のための、これは手引書を目指した”。ダ・ヴィンチ『最後の晩餐』やベラスケス『キリストの磔刑』をはじめ、レンブラント、ルーベンス、グレコなど43点をオールカラーで収録。「怖い絵」シリーズで人気を博す著者の話題作

¥864

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

春秋社 教皇ベネディクト一六世 ナザレのイエス Ⅰ Ⅱ

現代ほどイエス像が混乱している時代はない。単なる歴史学的方法によるイエス像は研究者個人の主観による総合によらざるを得ず、互いに相反するイエス像を提供することになった。いまこそ歴史学的方法を前提しつつ、信仰の立場から、福音書と聖書全体を視野に入れ、十字架とイエスの働きを正しく理解するためのイエス像を求めなくてはならない。偉大な神学者である現教皇が、現代の聖書解釈学の成果を十分にとり入れつつイエスをいきいきと描いた本書は、荒野でのサタンの誘惑では現代の途上国援助の問題にも触れて「メシア」の使命を探求し、ピラトの裁判でなぜユダヤの民はイエスでなくバラバを釈放せよと叫んだかについては、福音書と教父の伝承によりスリリングな考察を進めるなど、歴史と信仰、過去と現代を縦横に結んで、汲み尽くせぬ泉としてのイエス像をわれわれに提示する。

「メシアとは何か」。正統でありながらも斬新な解釈は、しばしば目からウロコが落ちることまちがいなし。キリスト者のみならず、キリスト教やイエスに少しでも興味のある人は絶対に読むべき一冊

¥3,240

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

送料別途品 ポスター イエスキリストの系図 日本語 小 A2サイズ

このお品は細長の箱に梱包されているので別途個別に配送料が必要となります

¥1,200

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

送料別途品 ポスター イエスキリストの系図 日本語 大 A1サイズ

このお品は細長の箱に梱包されているので別途個別に配送料が必要となります

¥1,700

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

創元社 イエスの生涯

処女懐胎による誕生、不治の病を癒すなどの奇跡、数々の知恵の言葉、十字架磔刑、そして復活……。4福音書を中心にイエスの足跡を辿り、実像解明に多角的な検証を試みる。

目次

第1章 ゴルゴタの丘で

第2章 洗礼者たちのもとで

第3章 神は今日、やってくる…

第4章 なぜ奇跡なのか

第5章 律法の愛から愛の律法へ

第6章 預言者たちを殺す町、エルサレム

第7章 長い歴史の始まり

資料編 イエスの実像を求めて

¥1,728

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

新教出版社 イエス入門

もう一度、福音書を信頼してイエスを描く──。

近代以降の新約聖書学に重要な異議と代案を提起した『イエスとその目撃者たち』の著者が、初学者向けに書き下ろしたイエス入門。学問的にイエスを学びたい人にも、教会での学びにも格好の書。オックスフォード大学出版局刊の定評あるVery Short Introduction シリーズの一冊。

【目次より】

日本の読者へ

まえがき

第1 章 イエス――世界のアイコン

第2 章 資 料

第3 章 一世紀の文脈から見たイエス

第4 章 神の王国をもたらす

第5 章 神の王国を教える

第6 章 イエスとは何者か

第7 章 死、そして新たな始まり

第8 章 キリスト教信仰の中のイエス

¥2,052

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

中央公論新社 イエス伝

イエス伝若松英輔 著

私のイエスは、「教会」には留まらない。むしろ、そこに行くことをためらう人のそばに寄り添っている――キリスト教や学問的なアプローチからでは見えてこない、今に生きるイエスに出会う。初版刊行日2015/12/10判型四六判ページ数288ページ定価本体2500円(税別)

ISBNコードISBN978-4-12-004803-6

¥2,700

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

聖母文庫 イエス伝

殉教者たちは、イエス・キリストにどのような魅力を感じたのでしょうか。

日本人ばかりではなく、たくさんの国々の人々がこの2000年の間、イエス・キリストを愛し、彼に従いました。男も女も彼のために、全てをささげ命さえ捧げました。この不思議なイエス・キリストとはどのような方でしょうか。

 この本を書いた私は、新しい説などを書くつもりはありませんでした。私が目的としたのは、〝キリスト道″をあなたに伝えたかった。もし、この本を読んでイエスヘの愛が深まり、あなたがイエスに従い、イエスのように生きるということに役立ったとすれば、私は何よりうれしく思います。

 なお、この本は、「聖母の騎士」(聖母の騎士社発行)2005年12月号から2011年7月号に掲載していた記事を加筆・訂正してまとめたものです。

¥1,080

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

聖母文庫 イエスのたとえ話

たとえ話を分かち合うにあたって、一枚の絵の中にたとえを凝縮した。さらに歴史的事例や人物、詩などを取り上げている。私たちが生きている現代社会へ問い掛けているイエスのメッセージ。

¥864

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

新教出版社 小川国夫 イエスキリストの生涯

著者は、1985年から86年にかけて12回にわたり、月刊雑誌『福音と世界』にキリストの生涯をたどる珠玉の文章を連載し、話題を呼んだ。それは、カトリック信徒として長年聖書を徹底的に読み込んできた小川が、初めてまとまった形で綴った「キリスト伝」であり、同時に平易・簡明な言葉で語った作家の信仰告白でもある。

没後5年の今年、その記念すべき小川版キリスト伝を単行本化。

まえがきは、加賀乙彦氏。解説は、小川文学研究の第一人者であり、2012年に力作評伝を刊行した勝呂泰氏(桜美林大学教授)。

¥2,052

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

教文館 ヤコブと放蕩息子

イエスは「放蕩息子」で何を語ったか? これまで知られていなかった中近東の聖書解釈と生活体験に根ざした全く新しい「譬え話」の読み方! ナウエンにも影響を与えた著者が発掘する「放蕩息子」の革新的な神のイメージ。

¥4,104

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

アスキー新書 イエスはなぜわがままなのか

イエス・キリストは、愛にあふれた正しい人、というのは間違い!?実は新約聖書には、イエスの理不尽な行動や暴力、わがままといったエピソードがのっている。イエスのすばらしさを伝えるための書物に、わざわざこんなことを書き残すのはいったいナゼ?クリスチャンは、どうしてこんな理不尽な話を受け入れられるのか?哲学者にしてクリスチャンである著者がやさしく合理的に読み解く、私たちが知らなかった聖書の真実。

担当編集者より

キリスト教の聖典である新約聖書には、イエス・キリストのさまざまな言行が記されています。実はその中に、おだやかで優しいイエスに対するイメージががらがらと壊れるような、不可解なエピソードがいくつかあります。わがままだったり、理不尽だったり、暴力的だったり……!!

たとえば、おなかが空いているのに、イチジクの木に実がなっていなかったという理由で、いちじくに「枯れてしまえ」と呪いの言葉を吐き、枯らしてしまった、このように自分勝手で短絡的な話があるのです。

そんな理不尽なエピソードの数々をごらんにいれましょう、あなたはそれをおかしいと思うでしょうか? それとも特に問題とは思わないでしょうか? そもそもそれが理不尽なのか、また、なぜ世界の多くの人が信じる宗教の聖典にそんなエピソードが載っているのかについて、哲学者にしてクリスチャンである著者がやさしく合理的に解説。意外なエピソードからキリスト教やクリスチャンへの誤解を明らかにし、私たちの知らなかった聖書の「真実」を探っていきます。

目次

■第1章 イエス様、それは理不尽すぎませんか?

空腹のあまり、イチジクの木を呪って枯らす

豚を集団自殺させる

動物を鞭でたたき出し、市場をめちゃくちゃにする

「わたしは、平和ではなく剣をもたらすために来た」

弟子に「おまえなんか生まれてこなければよかった」

理不尽なイエス像がもたらすもの

■第2章 言葉が招く、聖書への大いなる誤解

罪は悪ではない

教会は建物でも組織でもない

祈りは願いではない

真実は事実ではない

■第3章 「信じる」という感覚

信じるのはなぜか

信じたら何かいいことがあるのか

「復活」はなぜ重要なのか

世界にはなぜ残酷なことがあふれているのか

神とは何か

¥802

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日