愛するペットも神様のもとへ

評論社 ずーっとずっとだいすきだよ

犬のエルフィーと男の子は大の仲良し。一緒に大きくなりました。

でもエルフィーは犬だから、男の子よりもずっとはやく大きくなりました。

そしてだんだんと老いて、太っていきました。男の子は寝る前には必ず、「エルフィー、ずーっと、だいすきだよ」と言ってあげたのでした。男の子の家族もエルフィーのことを大好きでしたが、誰もそれを口に出しては言いませんでした。

ある朝、目を覚ますとエルフィーが死んでいました。

みんな悲しくてたまりませんでしたが、男の子は毎晩エルフィーに「ずーっと、だいすきだよ」と言ってあげていたので、いくらか気持ちが楽でした。男の子は、今後動物を飼うときは、きっと毎晩「ずーっと、ずっと、だいすきだよ」と言ってあげよう、と思うのでした。

愛する者との死別がテーマの作品です。死んでしまってからでは、もう「好きだ」と言えなくなってしまうから、気持ちをきちんと伝えよう、と語りかけています。

「すきなら、すきと いってやればよかったのに だれも、いってやらなかった。いわなくっても、わかると おもっていたんだね。」

小学校の教科書に採用されたように、普段考えることの少ないテーマについて、考えるきっかけになる作品です。

エルフィーとぼくは、いっしょに大きくなった。年月がたって、ぼくの背がのびる一方で、愛するエルフィーはふとって動作もにぶくなっていた。ある朝、目がさめると、エルフィーが死んでいた。深い悲しみにくれながらも、ぼくには、ひとつ、なぐさめが、あった。それは・・・

お母さま方へ

 作者のハンス・ウィルヘルムさんは西ドイツに生まれました。現在、アメリカ合衆国のコネチカットに住んで、絵本の仕事に専心されています。

 「ずーっと、ずっと、だいすきだよ」で語られるテーマは、大変美しい考え方ではないでしょうか。相手が、人間だろうと動物だろうと、愛するものに対して、心のありったけで、「愛している」と告げてあげよう、それは、日びの暮らしを暖めて、幸せにしてくれる、そして、やがてやってくる「死」をいたずらに嘆くことなく、愛の思い出が悲しみをもいやし、なぐさめをもたらしてくれるだろう、というのです。

 お子さまにどうか、人や動物に愛を注ぐ心のたいせつさを、教えてあげてください。

(表紙カバーより)

¥1,296

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

ペット用シルクタフタ埋葬袋 小

ペット用の埋葬袋です。石灰を入れてご遺骸をおさめて埋葬することもできますが(その場合のサイズにご注意ください)、円柱型骨壺を入れることもできます。埋葬時には骨壺からお骨を出して土中に埋葬すると袋と共に自然に還ることができます。(商品は写真下の小さいサイズ(4種です)ベトナム製

御遺骸埋葬 小鳥・ハムスター・モルモット・ミニウサギなど小動物

お骨 生体時10キロまでの小型動物

底110mm径×170mm(100mmのところで縛れます)

¥2,057

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日