聖人 ご絵 マグダラ

聖マグダラのマリア

聖メアリーマグダレン

 

セントメアリーマグダレンは悔い改めた罪人、手袋製造業者、女性、香水製造業者、改宗者、および薬剤師の後援者です。彼女は7人の悪魔を彼女から剥奪したキリストの友人であり信者でした。イエスの彼女の人生のポストはりつけについての議論があります。フランスの伝統に従って、聖マリアマグダレンはフランスのマルセイユに伝道のためにやって来て、彼女はプロヴァンス地方全体を改宗させました。St. Mary Magdalenの記念日は7月22日です。

イタリアメダイ LAL142 マグダラのマリア

メダイ縦20ミリ トップまで25ミリ 横15ミリ 金属合金

¥100

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

新教出版社 マグダラのマリア第一の使徒

「罪の女」「改悛した娼婦」として記憶されてきた女性の、初代教会における真の地位を復元し、権威をめぐるジェンダー間の闘争の跡を聖書学的に解明した俊英の力作。

 本書の分析の中心をなすのは、マグダラのマリアとペトロとの対立関係である。この二人の競合関係をめぐる伝承は、地理的にも年代的にも広範囲にわたっているが、著者はこの二人がそれぞれイエスの復活顕現を個人的に受けたとされていることに着目し、対立についての伝承の起源を明らかにするため、初期キリスト教文献を検討していく。このように第2章ではルカ、第3章ではヨハネを中心に、正典福音書間での描写の対比がなされているのであるが、この論証はきわめて興味深く、スリリングに進められていくので、ぜひ丹念に味わってほしい。読みなれていたはずの復活記事、さらには福音書そのものが別のものに思えるほどである。(訳者あとがきより)

¥4,180

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

一粒社 マグダラのマリヤ

マグダラのマリヤ : 復活祭の使者

石井美樹子 著

 

詳細情報

タイトル マグダラのマリヤ : 復活祭の使者

著者 石井美樹子 著

著者標目 石井, 美樹子, 1942-

出版地(国名コード) JP

出版地 東京

出版社 一粒社

出版年月日等 1986.3

大きさ、容量等 181p ; 19cm

価格 980円 (税込)

JP番号 87042273

¥1,078

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

中公新書 マグダラのマリア

聖母マリアやエヴァと並んで、マグダラのマリアは、西洋世界で最もポピュラーな女性である。娼婦であった彼女は、悔悛して、キリストの磔刑、埋葬、復活に立ち会い、「使徒のなかの使徒」と呼ばれた。両極端ともいえる体験をもつため、その後の芸術表現において、多様な解釈や表象を与えられてきた。貞節にして淫ら、美しくてしかも神聖な〈娼婦=聖女〉が辿った数奇な運命を芸術作品から読み解く。図像資料多数収載。

¥880

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日