ご絵 聖人 メダイ

聖モニカ St.Monica

聖モニカ

 

聖モニカは、主婦、アルコール依存症、母親、そして姦通の犠牲者の後援者です。彼女はクリスチャンに育てられ、不倫、悪意を持った異教徒と結婚しました。セントモニカはカバのセントオーガスティンの母であり、常に彼女の息子と彼女の夫の改宗者の両方のために祈っていました。両方とも回心し、彼女は改革されたアルコール中毒者です。聖モニカの記念日は8月27日です。

聖人ご絵j女性 聖モニカ St.Monica

105mm×55mm 紙 裏白

聖モニカ 8月27日

モニカ(Monica, 331年 - 387年)は、ヒッポの司教アウグスティヌスの母で、キリスト教の聖人。カトリック教会・聖公会・ルーテル教会・正教会で崇敬されている。母子とも聖人となった彼女の記念日は8月27日であり、これは息子のアウグスティヌスの記念日8月28日の前日にあたっている。

生涯

モニカの生涯はアウグスティヌスの著作『告白』に簡潔に述べられている。それによるとモニカは北アフリカのタガステ(現在のアルジェリア)でキリスト教の家庭に生まれ育った。長じてパトリクスという異教徒の男性と結婚し、アウグスティヌスらを産んだが、夫の暴力や浮気性に悩まされた。さらに息子のアウグスティヌスが成長して放蕩生活を始めたことにも悩み、夫と息子の回心のために祈る日々が続いた。特にアウグスティヌスは身分の低い女性と同棲し、子どもまでもうけていたため、二人を別れさせて身分の高い女性と正式な結婚をさせたいと考えていた。

この祈りが届いたのか、夫は死の前年に回心してキリスト教徒となった。夫の死後、息子を追ってイタリアに渡っていたモニカは親子共にミラノ司教であったアンブロジウスの知己となり、大きな影響を受けた。ここでアウグスティヌスはアンブロジウスから洗礼を受けた。モニカには息子のアウグスティヌスがキリスト教に改宗し、放蕩な生活を悔い改めたことがうれしかった。アウグスティヌスの回心のためにモニカが悩み、その回心が果たされたことを喜ぶさまは『告白』に感動的に描かれている。息子の洗礼後ほどなくしてモニカはオスティアで没した。

モニカは東西教会の両方で、異教徒の夫をもったキリスト教徒女性の模範にして守護聖人として尊ばれている。さらに夫を亡くした婦人や既婚女性全般、ドメスティックバイオレンス被害者の守護聖人でもある。また『告白』によれば幼年期に酒をたしなむくせがあったのを下女にとがめられてやめたことから、アルコール使用障害患者の守護聖人ともされている。これは夫や子どものために悩み苦しみ、祈る母というモニカの姿が時代を超えて人々の共感を得るものとなっている証左ともいえる。 アメリカ合衆国・カリフォルニア州・ロサンゼルス郡の西部に位置する市サンタモニカ(Santa Monica)は、彼女に由来する。

¥25

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

イタリア FBご絵 SERIE287 103 聖モニカ 5.5×10センチ 紙 OPP(透明袋)入り

ご自身のお手持ちや受洗の方へのメッセージギフトとしてお使いいただけるOPP透明袋入り。伝統的なご絵カードです

¥25

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

イタリアメダイ LAL191 聖モニカ

メダイ縦20ミリ トップまで25ミリ 横15ミリ 金属合金

¥100

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

教文館 アウグスティヌスの母 モニカ

殉教者でも、教師でも、修道者でもない

 庶民階級の女性が、なぜ聖人となったのか?

『告白録』で母としての思い出のみが語られるモニカ。家庭内に問題を抱え苦しむ女性たちの守護者とされた彼女は、どのような人物だったのか。歴史学・考古学・文化史などの視点から、古代末期の女性像を再構築したアウグスティヌス研究の第一人者による画期的な研究。

¥3,740

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日