尊者(そんしゃ、ラテン語: Venerabile、 Ven.)とは、カトリック教会において、列聖を最終的な目的とする調査の開始を宣言された後、様々な調査によって、その人物の生涯が英雄的、福音的な生き方であったことを公認した時につける敬称。正教会の克肖者に相当する。

列聖のための調査業務は、ローマ教皇庁の組織である列聖省が取り扱う[1]。まず、同省がある人物の列聖調査の開始を宣言すると、その人は「神の僕」(かみのしもべ)と呼ばれ、調査の結果、尊者としての要件を満たすと公認されると尊者と宣言される。

尊者についてさらに調査が行われ、「徳ある行為あるいは殉教によりその生涯が聖性に特徴づけられたもの」であると証されたときには、所定の手続を経て、福者の列に加えられる(列福)。列福の後、さらに厳密な調査が行われ、所定の手続を経て「生存中にキリストの模範に忠実に従い、その教えを完全に実行した人」と公認されると、聖人の列に加えられる(列聖)


尊者

尊者ドロシーデー

 

ドロシーデーは1930年代にカトリック労働者運動の創設者でした。特定の宗教的信念を持って日を上げることはしませんでした。彼女は時折、聖公会教会の礼拝に出席しましたが、10代の若者としての信仰を失いました。デイは社会秩序に非常に関心があり、変更を加える必要があると強く感じ、彼女はそれをジャーナリズムを通して推進しました。その日のカトリックへの回心は、彼女がニューヨークで働いている間に起こりました。改宗後、彼女はカトリック社会教育の最も影響力のある運動に発展したカトリック労働者新聞を創設しました。

グレナダの尊者ルイ

 

グレナダの由緒あるルイは有名な神学者そして作家です。彼は19歳でドミニカ共和国の命令に加わり、すぐに深い精神的な性格を示しました。由緒あるルイ・グレナダは、多くの人がケンピスのキリストの模倣に匹敵していた「罪人の手引き」を含む彼の禁欲的な執筆のすべてで有名になりました。  

アグレダの尊者マリア

 

Agredaの由緒あるMaryは神の神秘的な都市の作者です。この本は、天の町のマリアと三一の神についての6巻からなる、聖母マリアからの長い啓示です。アグレダの由緒あるメアリーは、聖餐を受けた後に宗教的な恍惚感を経験することが彼女の人生の間に知られていました。

聖母の騎士社 チェ キドン爺さんの話

2009年6月に韓国のコットンネで、カトリックの聖霊による刷新の国際的機関であるICCRSの主催による世界大会が、「実行する愛」Love in Action をテーマに開かれました。その際に、参加者一人ひとりに配布されたのが、この「コットンネ物語」でした。(邦訳者による「あとがき」より)

¥1,296

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日