聖アウグスチヌス

Aurelio Agostino d'Ippona(ラテン語:Aurelius Augustinus Hipponensis ; Tagaste、354年11月13日 - Hippo、430年8月28日)は、ラテン語表現およびベルベル語起源の、または一部によるとPunicの哲学者、司教およびローマ神学者であった。 。

知られるセントオーガスティン、[3]である父、医者や聖人のカトリック教会としても知られ、ドクターGratiae(「グレースの医者」)。彼は「最初の千年間の最大のクリスチャン思想家であり、確かに絶対的にも人類の最大の天才の一人」と言われてきました。[4] 自白が彼の最も有名な作品であるならば、[5]それは広大なアウグスティヌスの生産において、神の都市であることが重要であることが注目される

アウレリウス・アウグスティヌス(ラテン語: Aurelius Augustinus、354年11月13日 - 430年8月28日)あるいはアウグウティノは、古代キリスト教の神学者、哲学者、説教者。ラテン教父とよばれる一群の神学者たちの一人。キリスト教がローマ帝国によって公認され国教とされた時期を中心に活躍し、正統信仰の確立に貢献した教父であり、古代キリスト教世界のラテン語圏において多大な影響力をもつ理論家。カトリック教会・聖公会・ルーテル教会・正教会・非カルケドン派で聖人。母モニカも聖人である。日本ハリストス正教会では福アウグスティンと呼ばれる。

なお、イングランドの初代カンタベリー大司教も同名のアウグスティヌスであるため、本項のアウグスティヌスはこれと区別してヒッポのアウグスティヌスと呼ばれる。

司教・証聖者・教会博士(カトリック)

主教・至福者(正教)

生誕 354年11月13日

北アフリカ・タガステ(今のアルジェリア、スーク・アハラス)

死没 430年8月28日

北アフリカ・ヒッポ

崇敬する教派 カトリック教会、聖公会、ルーテル教会、正教会、東方諸教会

記念日 8月28日(カトリック教会)

6月15日(正教会)

イタリアメダイ LAL 151 S.Agostino

メダイ縦20ミリ トップまで25ミリ 横15ミリ 金属合金

¥100

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

アルバ文庫 聖アウグスチヌス

アフリカの明星、ヒッポの司教聖アウグスチヌスは決して、初めから聖人ではなかった。信仰を求めてさまよい、悩み、自己の弱さと戦って苦しむ彼の人生は、私たちとなんら変わることのないものだった。

¥734

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イコン 聖アウグスティヌス

寸法:約8.5 x 6 cmアウレリウス・アウグスティヌスAurelius Augustinus

フィリップ・ド・シャンパーニュによる肖像画。17世紀(1645年頃〜1650年頃)、ロサンゼルス・カウンティ美術館蔵。司教・証聖者・教会博士(カトリック)

主教・至福者(正教)

生誕 354年11月13日北アフリカ・タガステ(今のアルジェリア、スーク・アフラース)

死没 430年8月28日北アフリカ・ヒッポ

崇敬する教派 カトリック教会、聖公会、ルーテル教会、正教会、東方諸教会

記念日 8月28日(カトリック教会)6月15日(正教会)マニ教を批判したアウグスティヌスの書簡。

アウレリウス・アウグスティヌス(ラテン語: Aurelius Augustinus、354年11月13日 - 430年8月28日)あるいはアウグウティノは、古代キリスト教の神学者、哲学者、説教者。ラテン教父とよばれる一群の神学者たちの一人。キリスト教がローマ帝国によって公認され国教とされた時期を中心に活躍し、正統信仰の確立に貢献した教父であり、古代キリスト教世界のラテン語圏において多大な影響力をもつ理論家。カトリック教会・聖公会・ルーテル教会・正教会・非カルケドン派で聖人。母モニカも聖人である。日本ハリストス正教会では福アウグスティンと呼ばれる。

¥970

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日