聖アナスタシア

聖アナスタシア

 

聖アナスタシアは異教徒の父親とクリスチャンの母親の貴族の子孫から生まれました。アナスタシアはバプテスマを受けました。彼女の母親がクリスチャンとして彼女を育てたいという願望のためです。アナスタシアは、異教徒だったPubliusという名の高貴なローマ人と結婚しました。彼が彼の妻がクリスチャンであることを彼が発見するまで、Publiusは愛情のある夫でした。Publiusはすぐに残酷な暴君となり、妻に多くの苦しみを与えました。Publiusはすぐにペルシャ王を訪問する彼の旅行の間に時宜を得た死に会いました。夫の死後、アナスタシアは自分の人生をクリスチャン、特に投獄された人々を慰めることに費やしました。アナスタシアは多くの迫害を受けましたが、多くの回心の模範でもありました。彼女は結局火で殉教しました。聖アナスタシアは、ローマのミサールを記念して、聖母マリア以外の7人の女性のうちの1人です。

イコン 聖アナスタシア

寸法:約8.5 x 6 cmアナスタシア(アナスタシヤ)は4世紀のキリスト教信者、殉教者(致命者)。カトリック教会、正教会などの伝統的教会で聖人。他のアナスタシアと区別して、聖大アナスタシア等、シルミウムのアナスタシアと呼ばれる。正教会での称号は聖大致命女解繋者せいだいちめいじょかいけいしゃアナスタシヤ。

カトリック教会など西方教会では、12月25日が記念日とされ、クリスマスの早朝ミサで記憶される。正教会では、12月22日(ユリウス暦を使用する正教会では1月4日に相当)を記憶日とする。

¥970

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日