聖ウルスラ

聖ウルスラ

 

聖ウルスラは聖なる死、生徒、教師、そしてドイツのケルンの後援者です。伝説によると、聖ウルスラはクリスチャンブリティッシュキングの娘でした。彼女はアモリカの入植者の支配者であるCynan Meiriadogに送られました。そして、入植者が水を飲むことができるように、1万1000人の乙女と6万人の普通の女性がいました。彼らの艦隊は難破し、すべての女性はケルンの異教徒のフンによって奴隷にされるか殺害された。聖ウルスラの祭りの日は10月21日です。

イコン 聖ウルスラ

寸法:約8.5 x 6 cm

聖ウルスラ(せいウルスラ、ラテン語:Sancta Ursula(小さな雌熊の意),英語:Saint Ursula、? - 383年?)は、伝説の人物で、ブリタニア出身のキリスト教徒の聖女である。しかし聖女の伝説は、ドイツのケルンが発祥の地である。 ウルスラは、1万1千人の処女をめぐるキリスト教的伝説の中心人物で、この伝説は、9世紀に起源があり、ついで、ケルンの小礼拝堂内で墓石が発見されて後、13世紀になって伝承が変容し大きく増幅された。ケルンの墓石は後になって、ウルスラの名前を持つ、さる八歳の少女のものであるとされた。中世以来、実在の聖女と信じられ、ウルスラ崇敬が盛んであった。

¥970

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日