聖エルモ

聖エルモ

 

聖エルモは出産、船員、および爆発物労働者の後援者です。彼は皇帝ディオクレティアヌスの統治時代のイタリアの司教でした。聖エルモは彼が生き延びるためにカラスしか住まないレバノン山に逃げました。残念なことに、彼は発見され投獄されましたが、奪還されました。そしてある天使が彼を助けました。セントエルモは303年に殉教しました。セントエルモの記念日は6月2日です。