聖シャーベル

St. Charbel / Sharbel 聖シャーベル 聖シャベール

 

St. Charbel Makhlouf(時々Sharbelと綴られる)はクリスチャンの育ちを持ち、祈りの重要性を教えられました。彼は信仰への情熱を発展させ、そして彼の二人の隠者叔父の道をたどり、修道院と修道生活を取り入れました。彼は祭司になり、彼の人生を通してめったに庵を離れなかった。彼は祈りと崇拝に時間を費やしました。Charbelは、聖なるミサを言っている間に病気に襲われて、1898年のクリスマスイブに死にました。彼の記念日は7月24日です。


シャーベル(幼名ヨセフ)は、1828年5月8日にレバノンに生まれた。

 彼は、3歳のときに父を失い、叔父にあずけられた。幼いころから隠遁(いんとん)生活の召命を感じ、14歳になると村はずれの洞くつに隠遁し、祈りに専念した。今日この場所は「聖なる洞くつ」と呼ばれている。当時は隠修士の生活には23歳にならなければ入ることができなかった。そのため、レバノンのマロニータ修道会の修練院に入ったのは、彼が23歳になった1851年であった。ここで、シャーベルは殉教者サルベルの名をもらい、1859年に司祭に叙階された。

 シャーベルは、1875年には隠遁生活を始める許可が与えられ、祈りと犠牲をもって、人々が神にたちかえるように祈り続けた。

 1898年12月16日、ミサの最中に発作が起こり、8日間の苦しみの後24日に亡くなった。数カ月後、彼の墓が開かれたが、その遺体は腐敗していなかった。さらに1950年と1952年にも、彼の墓は開かれたが、彼の体は、生きているようだった。そしてシャーベルは、短時間に、600の奇跡をおこした。

 1965年12月5日、シャーベルはパウロ6世によって、第二バチカン公会議の教父たち全員の前で列福された。そして、パウロ6世は、彼を1977年10月9日、列聖した。

イタリアメダイ LAL104 聖シャーベル

メダイ縦20ミリ トップまで25ミリ 横15ミリ 金属合金

¥100

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日