聖ジャンヌダルク Jehanne Darc

聖人ご絵 聖ジャンヌダルク Jehanne Darc

聖ジャンヌダルク 5月30日 ガールスカウトの守護聖人

105mm×55mm 紙

ジャンヌ・ダルク(フランス語: Jeanne d'Arc、古綴:Jehanne Darc、IPA: [ʒan daʁk]、英: Joan of Arc、ユリウス暦 1412年頃1月6日- 1431年5月30日)は、15世紀のフランス王国の軍人。フランスの国民的ヒロインで、カトリック教会における聖人でもある。「オルレアンの乙女」(フランス語: la Pucelle d'Orléans/英: The Maid of Orléans)とも呼ばれる

言語表記 仏: Jeanne d'Arc

生誕 1412年頃1月6日

 フランス王国、ドンレミ

死没 1431年5月30日(満19歳没)

 イングランド王国(占領下)、ルーアン

列福日 1909年4月18日

列福場所  フランス共和国 ノートルダム大聖堂 (パリ)

列福決定者 ピウス10世

列聖日 1920年5月6日

列聖場所  バチカン サン・ピエトロ大聖堂

列聖決定者 ベネディクトゥス15世

記念日 5月30日

守護対象  フランス、殉教者、捕虜、軍人、女性従軍者など

ャンヌの生涯

生い立ち

ジャンヌの生誕地は現在は記念館になっている。画面右の樹木の後ろに見えるのが、少女期のジャンヌがミサに通った教会である。ジャンヌはジャック・ダルクとイザベル・ロメ(英語版)の娘として生まれた。父ジャック・ダルク(1380年 - 1440年)がロメと呼ばれていたイザベル・ヴトン(1387年 - 1468年)と結婚したのは1405年のことで、2人の間にはジャクマン、ジャン、ピエール、ジャンヌ、カトリーヌの5人の子供が生まれている。ジャンヌが生まれたのはバル公領の村ドンレミで、当時のバル公領は、マース川西部がフランス領、マース川東部が神聖ローマ帝国領で、ドンレミはマース川西部のフランス領に属していた。バル公領は後にロレーヌ公国に併合され、ドンレミはジャンヌの別称である「オルレアンの乙女(ラ・ピュセル・ドルレアン(la Pucelle d'Orléans)」にちなんでドンレミ=ラ=ピュセルと改名されている。ジャンヌの両親は20ヘクタールほどの土地を所有しており、父ジャックは農業を営むとともに、租税徴収係と村の自警団団長も兼ねていた。当時のドンレミはフランス東部の辺鄙な小村で周囲をブルゴーニュ公領に囲まれてはいたが、フランス王家への素朴な忠誠心を持った村だった。ジャンヌが幼少のころにドンレミも何度か襲撃に遭い、焼き払われたこともあった。後にジャンヌは異端審問の場で自分は19歳くらいだと発言しており、この言葉の通りであればジャンヌは1412年ごろに生まれたことになる。さらにジャンヌが初めて「神の声」を聴いたのは1424年ごろのことで当時12歳だったと証言している。このとき独りで屋外を歩いていたジャンヌは、大天使ミカエル、アレクサンドリアのカタリナ、アンティオキアのマルガリタの姿を幻視し、イングランド軍を駆逐して王太子をランスへと連れて行きフランス王位に就かしめよという「声」を聴いたという。聖人たちの姿はこの上なく美しく、3名が消えた後にジャンヌは泣き崩れたと語っている。

ジャンヌは16歳のときに親類のデュラン・ラソワに頼み込んでヴォークルール(英語版)へと赴き、当地の守備隊隊長だったロベール・ド・ボードリクール伯にシノンの仮王宮を訪れる許可を願い出た。ボードリクールはジャンヌを嘲笑をもって追い返したが、ジャンヌの決心が揺らぐことはなかった。翌年1月に再びヴォークルールを訪れたジャンヌは、ジャン・ド・メスとベルトラン・ド・プーランジという2人の貴族の知己を得た[23]。この2人の助けでボードリクールに再会したジャンヌは、オルレアン近郊でのニシンの戦いでフランス軍が敗北するという驚くべき結果を予言した

¥25

  • 在庫切れ

イタリアメダイ LAL180 聖ジャンヌダルク

メダイ縦20ミリ トップまで25ミリ 横15ミリ 金属合金

¥100

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

創元社 奇跡の少女ジャンヌダルク

「フランスを救え!!」。神の声を聞いた17歳の少女ジャンヌ・ダルクは、彗星のごとく歴史に登場し、わずか4カ月で対イギリス戦の戦況を一変させ、失意の王太子シャルル7世をフランス国王として戴冠させるが、19歳で火刑に処せられる。その活躍は、長いヨーロッパの歴史のなかでも、屈指の奇跡的事件とされている。大好評『皇妃エリザベート』『王妃マリー・アントワネット』につづく「歴史を変えた女たち」第3弾!!

目次

第1章 奇跡の少女

第2章 オルレアンの勝利

第3章 ランスの戴冠式

第4章 コンピエーニュの悲劇

第5章 ルーアンでの火刑

資料編 奇跡の終焉と新たなる伝説

¥1,728

  • 1 kg
  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

イコン 聖ジャンヌダルク

寸法:約8.5 x 6 cmArc Jeanne d'Arcの聖ジョーン処女

生年月日と出身地 1412年1月6日Domrémy-la-Pucelle

死亡した日時 1431年5月30日ルーアン

崇拝者 カトリック教会

至福 1909年4月18日ノートルダム・ド・パリによるピウスX

列聖 1920年5月16日聖公会聖堂。バチカンのピーターによってベネディクトゥス15世

メモリ 5月30日

属性 剣、バナー、ランスパトロン フランス、殉教者、囚人、兵士、彼らの敬虔なために嘲笑された人々、捕虜、愛国者、独立のために戦う

ジャンヌダルク(FR。 ジャンヌダルク:IPA / ʒ n個のD ʁのK / としても知られる)、バージンOrlean。(Bおそらく6年1月 1412でドンレミ=ラ=ピュセル、D。30 5月 1431でルーアン) - フランス国民のヒロイン、カトリック教会の聖人、フランスの守護者。中に百年戦争は、それは神によって指示動作することを主張して、いくつかの重要な勝利にフランス軍を率い。彼女は間接的に戴冠式に貢献したシャルル7世。彼女はブルゴーニュ人に捕らえられ、19歳の時に教会裁判所に裁かれ、英国人に渡され、ステークに焼かれた。24年後、教皇カリクスト3世は教会裁判所の判決を検討した。彼は彼女を受け入れ、法律に反してルーアンでの裁判を説明した。彼女は1909年に恵まれ、1920 年に正式に認定されました。

¥970

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

中公文庫 ジャンヌダルクの生涯

17歳で剣を取り、祖国フランスを救ったジャンヌ・ダルク——。神のお告げを聞いた生まれ故郷ドンレミから、戦勝を重ねたオルレアン、ノートル・ダム大聖堂における戴冠式、そして炎に包まれ19年の生涯を終えた街ルーアンまで、「男装の少女」ジャンヌ・ダルクの謎につつまれた生涯をたどる歴史エッセイ。図版68点収載。

¥740

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

河出書房社 ジャンヌダルク

神の声を聞き、戦闘に加わった15歳の少女。ある時は英雄に、ある時は魔女に。火刑により19歳で命を閉じる。フランス国民の象徴として崇敬される、ジャンヌの秘密に迫る画期的な1冊!

¥1,944

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

講談社ビジネスパートナーズ ジャンヌダルク 超異端の聖女

痛快で、やがて悲しい――。ジャンヌ・ダルクの生涯を一言であらわすならば、このようになるでしょうか。

時は15世紀、英仏100年戦争の末期。フランスを二分する未曾有の国難のなか、パリを追われた失意の国王シャルル7世のもとに彗星のごとくあらわれたのが、ジャンヌ・ダルクです。甲冑を身にまとい馬上の人となった彼女は破竹の勢いで敵方を打ち破り、またたくまにシャルル7世をランスでの戴冠に導きます。しかし華々しい栄光もつかの間、ジャンヌはイギリス軍に引き渡され、異端者として生きたまま火あぶりにされてしまうのです。「声」に導かれるまま生まれ育った村を旅立ったのが16歳、火刑台に立たされたときには19歳でした。

本書は、100年戦争の政治的背景から、中世におけるお告げや聖女の系譜など、彼女が生きた当時の世界を浮かび上がらせることで、ジャンヌ・ダルクの全体像をあざやかに、しかも親しみやすい筆致で描きだします。

名もない羊飼いの娘だったジャンヌを突き動かした「声」、ついにはシャルル七世をも動かし、フランスを熱狂させたものとは、いったい何だったのでしょうか。カトリックの聖人は数多くいますが、異端者として火刑にまでなりながら、500年後に聖女として認定されたのは彼女だけです。「普通の女の子」が国を救い、国家意識を創ることを可能にしたヨーロッパ中世とは、そして彼女を「守護聖女」として今なお現役で生かしているフランス人の心性とはいったいどのようなものなのでしょうか。異端にして聖女、華やかで苛烈なジャンヌ・ダルクの世界に、あなたも飛び込んでみませんか?(原本:講談社現代新書、一九九七年)

【本書の内容】

プロローグ

序 章 ジャンヌ・ダルクとはだれか

第1章 ジャンヌ・ダルクの先駆者たち――カリスマと聖女

第2章 神の「声」を聞いた少女

第3章 中世の政治と宗教――少女戦士はいかにして誕生したか

第4章 戦場の乙女

第5章 ジャンヌの最期

¥1,037

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日