聖バヒータ

聖バヒータ

 

聖ジョセフィン・バキータは1869年にスーダンで生まれました。バキータは幼い頃に誘拐され、奴隷として売られました。Bakhitaは、彼女が誘拐犯によって貧弱に扱われたことは一度もなく、むしろ愛と優しさで扱われたと語っています。後に、彼女はヴェネツィアのCatechumens研究所のCanossian Sistersに託され、そこで彼女は神について学んだのです。彼女はそれから秘跡を受け、新しい名前Josephineとなりました。1896年にジョセフィンは慈善の娘として神に奉献され、そこで彼女は次の50年間謙虚な生活を送りました。彼女の記念日は2月8日です。