シラクサの聖ルチア 聖ルチアおとめ殉教者 Santa Lucia

聖ルーシー 

シラキュースのセントルシア

 

聖ルーシーは盲人、セールスマン、目の痛み、作家、労働者、そして作家の後援者です。彼女の母親は強制結婚させようとしましたが、聖ルーシーは聖アガサの墓で祈りました、そして、彼女の母親の出血性疾患は治癒されました。拒絶された花婿はシシリーの知事に彼女の信仰を伝えました、そして、知事は炎が彼女を傷つけられなかったので、彼女の目を引き裂き、そして殺されました。聖ルーシーの祭日は12月13日です。

聖人ご絵女性 シラクサの聖ルチア 聖ルチアおとめ殉教者 Santa Lucia

105mm×55mm 紙 裏白

シラクサのルチア (イタリア語:Santa Lucia, 英語:Saint Lucy 伝承による生没年:283年-304年)は、聖ルチアの名で知られるキリスト教の殉教者。ルーテル教会・聖公会・カトリック教会・正教会で聖人。目、及び視覚障害者、そしてシラクサの守護聖人。記念日は、西欧では12月13日(旧ユリウス暦では1年で最も夜の長い日)である。

ルーテル教会信徒が圧倒的に多いスウェーデン、フィンランド、デンマーク、ノルウェーで崇敬される数少ない聖人の一人である。これら北欧諸国では、キリスト教伝来前の晩冬の祝祭『光の祭り』がルチア信仰と結びつき、12月13日に『聖ルチア祭』として国中で祝われる行事となっている(他にスカンディナヴィア諸国で知られる聖人は、洗礼者ヨハネとノルウェーの守護聖人聖オーラヴである)。また、彼女はナポリの船乗りたちの守護聖人でもあり、サンタ・ルチアという有名なナポリ民謡も作られている。街中には同名の港もある。ここでは出生地主義を採用し、名前をイタリア語の『ルチア』とする。日本のカトリック教会では称号を付けて聖ルチアおとめ殉教者とも呼ばれる。『ルチア』とはラテン語で光を意味するLuxまたはLucidから派生した名前である。ルチアの伝説が伝播したのは中世だが、彼女の生涯は不明なことが多い。確かなことは、ディオクレティアヌス帝支配下のシラクサで304年に殉教したという事のみである。彼女の犠牲はローマに広まり、6世紀には彼女を信仰の守護者として、教会全体で讃えるようになった。

ローマ人であったルチアの父が死ぬと、彼女と母エウティシアは何の後ろ盾もなかった。エウティシアは4年あまりも瀉痢に苦しんだが、ルチアは聖女シチリアのアガタの奇跡を聞きつけ、ミサに参加した。エウティシアの病が癒されるよう、2人は聖アガタの墓前で一晩中祈り続けた。いつしか母子は眠ってしまうと、ルチアの枕元に聖アガタが姿を見せ、『私がそうしたように、あなたはすぐシラクサの栄光となるのです。』と言った。エウティシアはたちまち全快した。

エウティシアはルチアを異教徒と政略結婚させようとしたが、ルチアは自身の処女を守るために、持参金を貧者への施しとしてほしいと拒んだ。エウティシアは持参金が良い遺産になると示唆したが、ルチアは逆に母を説き伏せた。自分にはより高貴な婚約者(すなわちキリスト)がいるというのである。その異教徒は思いのままにならないルチアに怒り、彼女を実はキリスト教徒であり、神への犠牲として火炙りにすべきだと密告した。ルチアを引き立てに来た兵士たちは、彼女を動かすことができなかった。ルチアは聖霊に満たされた、山のように強固な存在となっていたのである。牛の一群に彼女をつないでも動かなかった。彼女の喉元に剣を突き立てても、ルチアは自らを迫害する者たちに予言していたのである。最後の拷問として、ルチアは両目をえぐり出された。奇跡が起き、ルチアは目がなくとも見ることができた。絵画や像では、彼女はしばしば黄金の皿の上に自分の眼球を載せた姿で描かれる。

¥25

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

イタリア ご絵 Eucaristina 聖ルシア 027 10.7×6センチ 飾り縁箔押し 紙裏白

紙 裏白 OPP袋つき

写真は著作権保護の為ビニールパッケージの上から撮影しています。

¥58

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

イタリア プラ箔押しカード RCC 63 聖ルーシー 8.3×5.5センチ 裏面英語祈り

イタリア製 プラスチック箔押しコーティング加工 

クレジットカードサイズ。箔押しのメダイなのでかさばらず、お財布にも入れられ、水濡れにも安心です。美しい発色です。裏面は英語の祈り。

¥162

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

イタリアトリノ 紙細工ご絵 聖ルチア  OAT 024

繊細な切絵加工の美しい祈りカードです。

カード7×11センチ ソフトケース入り 8×12センチ

¥432

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

イタリア パウチご絵 聖ルシア 聖ルーシー 11×7センチ

箔線ご絵カードをパウチ加工しています。折れずに保管できます。

¥360

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イタリアメダイ LAL37 聖ルチア ルーシー

メダイ縦20ミリ トップまで25ミリ 横15ミリ 金属合金

¥100

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

イコン シラクサの聖ルシア

寸法:約8.5 x 6 cmシラクサの聖ルチア

殉教者、致命者

崇敬する教派 ルーテル教会・聖公会・カトリック教会・正教会

記念日 12月13日象徴 黄金の皿に自分の眼球を乗せた姿守護対象 目、視覚障害者、シラクサ、ナポリの船乗りシラクサのルチア (イタリア語:Santa Lucia, 英語:Saint Lucy 伝承による生没年:283年-304年)は、聖ルチアの名で知られるキリスト教の殉教者。ルーテル教会・聖公会・カトリック教会・正教会で聖人。目、及び視覚障害者、そしてシラクサの守護聖人。記念日は、西欧では12月13日[1](旧ユリウス暦では1年で最も夜の長い日)である。

ルーテル教会信徒が圧倒的に多いスウェーデン、フィンランド、デンマーク、ノルウェーで崇敬される数少ない聖人の一人である。これら北欧諸国では、キリスト教伝来前の晩冬の祝祭『光の祭り』がルチア信仰と結びつき、12月13日に『聖ルチア祭』として国中で祝われる行事となっている(他にスカンディナヴィア諸国で知られる聖人は、洗礼者ヨハネとノルウェーの守護聖人聖オーラヴである)。また、彼女はナポリの船乗りたちの守護聖人でもあり、サンタ・ルチアという有名なナポリ民謡も作られている。街中には同名の港もある。ここでは出生地主義を採用し、名前をイタリア語の『ルチア』とする。日本のカトリック教会では称号を付けて聖ルチアおとめ殉教者とも呼ばれる[1]。

¥970

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日