聖ロクス

聖ロック

 

Saint Rochは学士号、病気の牛、犬、外科医、そしてイタリアのBalzolaの後援者です。彼は20歳で孤児になり、貧しい人々に彼の高貴な財産を与えることで対応しました。St. Rochはそれからペスト被災地で病人に奉仕することに専念した。この活動の結果、通常は十字架のサインによって、そしてSaint Rochによるペストの最終的な買収によって、多数の奇跡的な治療法が生まれました。その病気に反応して彼は死ぬために森に移動したが、野良犬が彼を助けたため、結局彼は健康に戻った。St. Rochの記念日は8月16日です。


聖ロクス (ラテン語:Rochus、イタリア語:Rocco、フランス語:Roch、スペイン語及びポルトガル語:Roque、1295年 - 1327年8月16日)は、カトリック教会の聖人。ペスト(黒死病)に対する守護聖人とされたことから、古くからヨーロッパで崇敬の対象となってきた。絵画や肖像では、裂傷を負った脚を見せて立ち、傍らにはパンをくわえたイヌが描かれている。

フランスの総督の子息として生まれたが、20歳のとき両親をなくしたのを機に全財産を貧者のために投げうってローマ巡礼の旅に出た。ローマでは当時流行っていたペスト患者の看護にあたった。ロクスが患者の頭上に十字架の印をすると、患者はたちまち癒えたという。やがてロクス自身もペストにかかったが、犬が食べ物を運んできたり、舐めてくれて、ロクスのペストを治してくれたという伝説がある。彼はスパイだと勘違いされ投獄の憂き目にあい、そのまま獄死した。

イタリアメダイ LAL197 聖ROCH

メダイ縦20ミリ トップまで25ミリ 横15ミリ 金属合金

¥100

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日