聖具メンテナンス

日本の教会での典礼も100年を迎えてきております。

 

日本独特の多湿な環境は聖具の傷みが進みます。

合金の場合は、剥げた状態のまま典礼にご使用になりますと

直接口に触れられる神父様の健康にも悪影響を及ぼします。

 

当店では各教会様の聖具のメンテナンスをお受けしております。

送料別途 実費をいただきます。

メンテナンス預かり期間 見積もり含め1ヶ月から3ヶ月

数点同時に依頼された場合は、加工費が安くなります。

 

メッキは口に触れても安全な食器用加工メッキです。

日本国内での加工となります。

 

加工前                                      加工後

メンテナンスについてのご注意

※ メッキ加工ができない、またはご了承の上での加工となる場合

 

1.宝石、ガラスなどの飾り石がある場合(すべて加工不可です)

2.ツートーン(ゴールドとシルバーの混合)の品

  (メッキ加工によりどちらか一方のお色となります)

3.18Kなどの金箔加工品  箔を落としてからのメッキ加工となります

  (金箔の加工はできません お色が違ってきます)

4.一部塗装品 塗装部を落としてからの加工となります。

  取れない場合は塗装部の上にメッキ加工となるので浮いた感じが残る場合が

  あります。

5.腐食が進んでいる場合

  金属内部に真菌などが入り込んでいる場合は金属部に凹凸が発生します。

  カビの侵食や銅の緑青化が進んでいる場合、メッキ加工しても

  黒く凹凸が残る場合があります。最善を尽くしますがご了承いただいた上と

  なります。

6.メッキ加工により電気を通しますので、電気を通したことで破損する可能性がある

  素材を使用している場合は加工ができません。

7.万全、最善の注意にて輸送および加工をいたしますが、加工における

  破損、傷、変質、変色の責任を取ることができません。叙階や献堂記念品などの

  貴重な品につきましては、責任がとれる方の判断の元、ご依頼くださいますよう

  お願いいたします。

  

カリスメンテナンス 1体 26200円~(税込)

チボリウムメンテナンス1体 34560円~(税込)

加工前                加工後

パテナメンテナンス 1枚 12960円~(税込)

加工前                加工後

シルバー素材のハンド磨き1枚5400~16200円送料実費

磨いてみると、純銀の素材の素晴らしい聖具である場合があります。

純度が高いシルバーの場合はあえて素材を出すことも一つの方法です。

                  加工前

                  加工後

聖具メンテナンスにつきましては、それぞれの状態が違いますのでお品を見させていただいた上での見積もり判断とさせていただきます。

加工の有無にかかわらず、送料手数料実費として2620円~をいただきますのでご了承ください。(加工を依頼された場合は加工費内でと相殺させていただきます)加工が出来ないと判断された場合でも見積もり送料は実費をいただきます。

聖具メンテナンス 見積もり送料実費 パテナサイズ コンパクト便

ご依頼いただきますと、聖具送付先をお知らせします。パテナ1枚~2枚を厳重に梱包したコンパクト便の価格となります。見積もりに数日いただきます。代金にはロザリオと工房往復送料、お客様への送料が含まれます。

¥2,620

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

聖具メンテナンス 見積もり送料実費 箱60センチ内

ご依頼いただきますと、聖具送付先をお知らせします。パテナ&カリスセット1対で60センチ内です。見積もりに数日いただきます。代金にはロザリオと工房往復送料、お客様への送料が含まれます。

¥6,480

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

聖具メンテナンス 見積もり送料実費 箱100センチ内

ご依頼いただきますと、聖具送付先をお知らせします。見積もりまでにお品お預かり後3週間ほどいただく場合がございます。パテナ、カリス、チボリウムなど数点を梱包された場合の大きさとなります。見積もりに数日いただきます。代金にはロザリオと工房往復送料、お客様への送料が含まれます。

¥12,960

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日