使徒聖ペテロ

聖人ご絵 使徒聖ペトロ Pétros

ペトロ (ヘブライ語: שִׁמְעוֹן בַּר־יוֹנָה‎, Šimʿon bar-Yônā, 古典ギリシア語: Πέτρος, Pétros, 古典ラテン語: Petrus)(生年不明 - 67年?)は、新約聖書に登場する人物で、イエス・キリストに従った使徒の一人。シモン・ペトロ、ペテロ、ケファともいわれる。聖人の概念をもつ全てのキリスト教諸教派(正教会・東方諸教会・カトリック教会・聖公会・ルーテル教会)において聖人とされ、その記念日(聖名祝日)は6月29日(ユリウス暦を使用する正教会では7月12日に相当)である。

カトリック教会においては「使徒の頭」、正教会においてはパウロ(パウェル)と並んで首座使徒の一人と捉えられている。

教皇就任 30年?

教皇離任 64年から68年の間

先代 (初代)

次代 リヌス

本名 シメオン・バル・ヨナ

שמעון בר־יונה‎

出生 1年

ベツサイダ、ゴラン高原、シリア属州、ローマ帝国

死去 64年から68年の間 (62〜67歳)

ウァティカヌスの丘、ローマ、イタリア本土、ローマ帝国

埋葬地 サン・ピエトロ大聖堂、バチカン

原国籍 ローマ帝国

宗派 ユダヤ人キリスト教徒

親 ヨナ

本名はシモン(ヘブライ語読みでは「シメオン」שמעון。「シモン」は「シメオン」の短縮形)であるが、イエスにより「ケファ」(Kêpâ、アラム語で岩の断片、石という意味)というあだ名で呼ばれるようになった。後に同じ言葉のギリシア語訳である「ペトロス」という呼び名で知られるようになる。

パウロも書簡の中で、ペトロのことを「ケファ」と呼んでいる。この名はイエスが「私はこの岩の上に私の教会を建てる」と言ったことに由来している。この一節は全ての共観福音書に見られるが、ただマタイのみが「天の国の鍵」をペトロが受けるだろうとしている。

日本のカトリック教会で用いられてきた「ペトロ」はラテン語に基づく表記(羅: Petrus; abl. Petro)で、カトリック教会とエキュメニカル派の『新共同訳聖書』にも採用された。日本の聖書用語に大きな影響を与えたプロテスタントの『文語訳聖書』とプロテスタントの他の翻訳では「ペテロ」と表記される。 日本正教会では教会スラヴ語から「ペトル」と転写する。正教会ではペトル(ペトロ)を首座使徒との呼称を以て崇敬する。

また、「ペトロ」は聖ペトロにちなむヨーロッパ諸言語の一般的な男性名としても用いられ、現代の言語では英語のピーター、フランス語のピエール、イタリア語のピエトロ、ドイツ語のペーター、スペイン語・ポルトガル語のペドロ、ロシア語のピョートルなどのように発音される。

¥25

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

プラカード8,3×5,3センチ  Svati apostolove Petr a Pavel  聖ペテロ 32

¥360

  • 在庫切れ

ヴァチカン フランシスコ教皇 聖ペトロ キーホルダー

¥1,836

  • 在庫切れ