聖アウグスチヌス

アウレリウス・アウグスティヌス(ラテン語: Aurelius Augustinus、354年11月13日 - 430年8月28日)あるいはアウグウティノは、古代キリスト教の神学者、哲学者、説教者。ラテン教父とよばれる一群の神学者たちの一人。キリスト教がローマ帝国によって公認され国教とされた時期を中心に活躍し、正統信仰の確立に貢献した教父であり、古代キリスト教世界のラテン語圏において多大な影響力をもつ理論家。カトリック教会・聖公会・ルーテル教会・正教会・非カルケドン派で聖人。母モニカも聖人である。日本ハリストス正教会では福アウグスティンと呼ばれる。

なお、イングランドの初代カンタベリー大司教も同名のアウグスティヌスであるため、本項のアウグスティヌスはこれと区別してヒッポのアウグスティヌスと呼ばれる。

司教・証聖者・教会博士(カトリック)

主教・至福者(正教)

生誕 354年11月13日

北アフリカ・タガステ(今のアルジェリア、スーク・アハラス)

死没 430年8月28日

北アフリカ・ヒッポ

崇敬する教派 カトリック教会、聖公会、ルーテル教会、正教会、東方諸教会

記念日 8月28日(カトリック教会)

6月15日(正教会)

アルバ文庫 聖アウグスチヌス

アフリカの明星、ヒッポの司教聖アウグスチヌスは決して、初めから聖人ではなかった。信仰を求めてさまよい、悩み、自己の弱さと戦って苦しむ彼の人生は、私たちとなんら変わることのないものだった。

¥734

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日