聖ドンボスコ 聖ヨハネボスコ Giovanni Melchiorre Bosco

聖人ご絵 聖ドンボスコ 聖ヨハネボスコ Giovanni Melchiorre Bosco

105mm×55mm 紙 裏白

ジョヴァンニ・メルキオッレ・ボスコ(伊:Giovanni Melchiorre Bosco,1815年8月16日 - 1888年1月31日、ドン・ボスコ、ドンはイタリア語で司祭への敬称。ヨハネはジョヴァンニを日本のキリスト教式に読んだもの)は、19世紀に活躍した北イタリアのカトリック司祭、教育者。カトリック修道会であるサレジオ会、扶助者聖母会(サレジアン・シスターズ)の創立者。カトリック教会・聖公会で聖人であり、カトリック教会では出版関係者の守護聖人。記念日は1月31日

生誕 1815年8月16日

イタリア・ピエモンテ州カステルヌオヴォ

死没 1888年1月31日

イタリア・トリノ

崇敬する教派 カトリック教会・聖公会

列福日 1929年6月2日

列福場所 ローマ

列福決定者 ピウス11世

列聖日 1934年4月1日

列聖場所 ローマ

列聖決定者 ピウス11世

記念日 1月31日

生涯

ヨハネ・ボスコは1815年8月16日、ピエモンテ州カステルヌオヴォ郊外、ベッキ村で生まれた。1835年から1841年までキエリの大神学校で哲学、神学を学んだ後、1841年、当時のサルデーニャ王国の首都トリノで1841年司祭に叙階された。19世紀後半のイタリア統一運動と産業革命の中で青少年たちが放置される現実に直面し、もっとも貧しい青少年たちのために生涯を捧げることを決意。1859年にサレジオ会を設立し、1869年に教皇から正式認可を受ける。1872年に扶助者聖母会を設立。1874年4月3日、サレジオ会の会憲が教皇から公式承認され、会は教皇直轄の修道会となる。学校事業、社会事業を通じて多くの人々を導いた。1888年1月31日帰天。葬儀には10万人が参列した。1934年に 列聖。現在、サレジオ会の本部はローマにあり、ヨハネ・ボスコの理想を引き継いで世界中で青少年教育活動を行っている

¥25

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

ご絵 ドンボスコの夢

青年の保護者である聖ドン・ボスコ(ヨハネ・ボスコ)。数々の不思議な預言的な夢を見たことで知られています。中でもこの絵に表わされる夢は、とても有名です。

ご聖体と聖母がそれぞれ載った柱の間につなぎ留めて難を逃れる船は教会を表しています。ご聖体への崇敬と、聖母への信心を大切にすべきことを教えてくれます。

(15.7×25cm)

¥378

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

ドンボスコ社 ドンボスコの言葉

ドン・ボスコは子どもたちの「魂」を愛し育てることを大切にした人でした。彼のことばには、寄り添い、人を笑顔にし、導いてくれる力があります。苦しい時、勇気づけてほしい時、道しるべが必要な時に支えとなることば集です。日本のサレジオ会員たちによる解説とヒント付き。

 

■編者 サレジオ会日本管区

1859 年、ドン・ボスコにより創立。青少年、特に貧しく不利な立場にいる青少年のために生涯をささげて働く、カトリックの神父・修道士による修道会。現在、1万6千人の会員が世界130 か国以上で活動している。日本には13 支部があり、青少年の人間形成のため教育・社会福祉・出版・教会活動に携わっている。

 

¥540

  • 1 kg
  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

ドンボスコ社 ドンボスコガイドブック

「青少年の父」と呼ばれる、イタリアの聖人ドン・ボスコを様々な視点で横断的に紹介するムック本!豊富なイラストと写真で、ドン・ボスコが生きた足跡を目で見て感じることができます。サレジオ会やサレジオ家族と呼ばれる関連団体に興味のある方必携の一冊です!!

─────── もくじ ───────

◇「ドン・ボスコ」と出会う旅へ!

(サレジオ会日本管区長・山野内倫昭)

◆1章 超入門 イラストでわかるドン・ボスコ

ドン・ボスコの生涯

ドン・ボスコの教育

ドン・ボスコの霊性(生き方)

写真でわかるドン・ボスコ

◆2章 出会う ドン・ボスコゆかりの地を巡る

はじまり:人生を変えた9歳の夢

コッレ・ドン・ボスコ

キエリ

アシジの聖フランシスコ教会

ピナルディ聖堂

聖フランシスコ・サレジオ聖堂

ドン・ボスコの部屋

扶助者聖マリア大聖堂

サンカルロス扶助者聖マリア大聖堂

サクロクオーレ大聖堂

最後の地

ピエモンテ

ドン・ボスコの時代のイタリア

◆3章 深める もっとよくわかるドン・ボスコ講座

ドン・ボスコ研究

ドン・ボスコのことば10

ドン・ボスコを育てた母のことば

ドン・ボスコ トリビアクイズ

◆4章 ならう ドン・ボスコのように生きる

サレジオ会の歴代総長たち

サレジオ家族の聖人たち

ドン・ボスコと日本

◆5章 つながる こんにちは!サレジオ家族です

サレジオ家族とは?

ドン・ボスコのように 若者と共に 若者のために

私たちがサレジオ家族です!

サレジオ家族の海外ボランティア

Let's join us!(FMA Sr.川下和子)

キミならドン・ボスコと何する?話す?

◇年表 ドン・ボスコの生涯

◇ドン・ボスコを知る読書・DVDガイド

¥1,296

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

ドンボスコ社 ドンボスコ 若者にささげた生涯

平和や豊かさとは程遠い19世紀のイタリアで、貧しい若者のために全生涯をささげ尽くしたカトリック司祭、ドン・ボスコ。彼はなぜ神父の道を選び、困難の連続にもめげずに若者を救おうとしたのか。彼の生涯を、豊富な写真とともにわかりやすく紹介する伝記。

●もくじ

9歳の夢/野原での曲芸/兄との対立/農家で働く/決定的な出会い/毎日10キロメートルの道を/「ドン・ボスコ」となる/地下牢の黒い壁/「ぼくはバルトロメオ・ガレッリです」/移動オラトリオ 病院から墓地へ/ドラムと警官たち/二人の神父が精神病院に/見習い少年たちの奇跡/500人の子どもたちに一人のお母さん/「ぼくはみなし子で、バルゼリアから来ました」/廊下で靴屋 台所で仕立て屋/神が送った犬/トリノの道ばたに死の訪れ/大きな計画の実現

★ドン・ボスコ

1815年イタリア・ピエモンテ生まれ。カトリック司祭。本名ジョヴァンニ・ボスコ。若者の教育と魂の救いのために生涯をささげ、サレジオ会を創立。1888年帰天。1934年列聖。

¥540

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

ドンボスコ社 ドンボスコ伝

「私のただ一つの望み、それは君たちがこの世で幸せになること、天国で幸せになること」

 見捨てられた若者たちのために神父として生涯を捧げたドン・ボスコ。産業革命と戦乱で混迷する19世紀イタリアで、青少年教育に献身するサレジオ会を創立し、その事業は現在130以上の国に広がっている。本書は最新の歴史研究・資料をもとにドン・ボスコの魅力あふれる生涯を描く、待望の完訳版。

■著者 テレジオ・ボスコ

サレジオ会司祭。1931年、イタリア・トリノ生まれ。1966年、L.D.C.に入り「ボレッティーノ・サレジアーノ」誌の編集長(1972〜75年)を務め、現在にいたる。長年にわたり、若者向けに模範となる世界の偉人伝や聖人伝、信仰教育の著書を多数執筆。本書『ドン・ボスコ伝』は、世界40か国語以上に翻訳されている。

目次

推薦のことば

1 十二歳の出発

2 幼年時代

3 教育の原点

4 少年時代

5 小さな道化師

6 備えの時―家畜小屋係の三年

7 カステルヌオヴォの学校

8 「ぼくは勉強しなければならない」

9 キエリでの青春

10 友情の季節

11 二十歳

12 神学校に入る

13 司祭への道

14 ドン・ボスコになる

15 司祭としての第一歩

16 「ぼくの名前はバルトロメオ・ガレッリ」

17 左官の少年たちのオラトリオ

18 バロロ侯爵夫人とボレル神父

19 移動オラトリオ

20 牧草地からピナルディの小屋へ

21 左官の少年たちの奇跡

22 爆発寸前の火薬工場

23 見捨てられた子どもたちの父となる

24 革命の熱狂

25 希望の崩壊

26 政治、社会の問題とドン・ボスコ

27 実りのない年

28 新しい聖堂

29 神様が送った犬、グリージョ

30 作業所や学校をつくる

31 軍用外套を着た学生たち

32 「サレジオ会員と名乗ろう」

33 ジェネララ少年院

34 母、そして愛弟子との別れ

35 「私はドン・ボスコと共にいる」

36 ミケーレ・マゴーネ

37 モンフェラートの小旅行とオラトリオでの生活

38 夢に見た大聖堂

39 ルア院長への手紙

40 時代の転換とサレジオ会の新たな基本原理

41 モルネーゼもヴァルドッコのように

42 ローマの占領とカトリック信徒の不安

43 サレジアニ・コオペラトーリ

44 オラトリオの少年たち

45 海外の宣教地へ

46 約束の地、パタゴニア

47 ガスタルディ大司教

48 フランス、スペインへの長い旅

49 ジョヴァンニ・カリエロ司教

50 ドン・ボスコの涙

51 この世との別れ

付記

ドン・ボスコ 年譜

あとがき

¥1,944

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日