聖フランシスコサレジオ

フランシスコ・サレジオ(イタリア語 Francesco di Sales (Salesio), フランス語 François de Sales, 1567年8月21日 現フランス・アヌシー近郊・トラン=グリエール Thorens-Glières サール城 château de Sales - 1622年12月28日)はカトリック教会・聖公会の聖人。ジュネーヴ(現スイス)の司教。 17世紀の宗教改革の困難な時代にあって、カトリック教会の司牧者として大きな働きをした。

著作をよくしたことから作家、ジャーナリストの守護聖人でもある。著作としては「信心生活入門」などが有名。 貧者の友としても知られている。フランシスコ・サレジオの記念日は1月24日。

生涯

サレジオはイタリア語で「サール(地名) Sales の」という意味。現代イタリア語ではフランチェスコ・ディ・サレスとするのが一般的で、フランス語読みではフランソワ・ド・サールとなる。当時の南フランスからスイス、北イタリアはサヴォイア家の領土であった。彼はサヴォイア地方の貴族の家に生まれ、自由学芸を修めたあとでアヌシーや名門パリ大学で法学を学んでいたが、周囲の期待を裏切り、世俗の栄達を捨ててカトリック司祭になる道を選んだ。

宗教改革期、ジュネーヴはカルヴァン派の拠点となっていたため、カトリックのジュネーヴ司教は(現南フランスの)アヌシー滞在を余儀なくされていた。この時代にジュネーヴ司教となったフランシスコは、困難な状況にあっても熱心な説教やわかりやすく書かれた著作によって活躍し、優れた精神的指導者として名声を得た。1610年には霊的指導者をしていたシャンタルの聖フラシスカと共に女子修道会「聖母訪問会」を設立した。

1622年12月28日、サヴォイア公の随員として訪れたパリで客死。長く活躍したアヌシーに葬られ、今でもその墓がアヌシーにある。1661年、列福。1665年、列聖。1877年にはピウス9世によって「教会博士」とされた。

サレジオ会

19世紀、北イタリアのトリノで活躍した司祭ヨハネ・ボスコは自らの修道会の名前をフランシスコ・サレジオにちなんでサレジオ会とした。これはフランシスコがサヴォイアゆかりの聖人であるだけでなく、彼の柔和な人柄、著作による宣教活動、貧しい人々への共感などにヨハネ・ボスコが大きな影響を受けていたからであった。

ドンボスコ社 フランシスコサレジオと共に歩む 神への道のり

フランシスコ・サレジオと共に歩む

神への道のり

浦田慎二郎 著

宗教改革の時代に、司牧者として活躍した聖フランシスコ・サレジオの霊性を通して、日常で神に近づくためにはどうしたらいいかをとく。「カトリック生活」の人気連載に加筆、修正を加え、各項に黙想のヒントも掲載。黙想の手引きとして最適の一冊です。

●目次

・はじめに

・道のり(1) 「信心生活」とは? 

・道のり(2) 祈りについて

・道のり(3) 徳・謙遜・柔和

・道のり(4) 日常生活の中で

・道のり(5) 霊的生活の中で

・道のり(6) 道のりへの気持ちを新たにすること

・道のりの最後に

・資料編 黙想の方法

・サレジオの生涯

・おわりに

◎著者 浦田慎二郎 うらた・しんじろう

サレジオ会司祭。1971年生まれ。幼児洗礼。洗礼名はミカエル。中学2年生のとき川崎のサレジオ会小神学校に入り、司祭を志す。2003年司祭叙階。調布サレジオ神学院で5年間おもに志願生を担当し、ローマに留学。教皇庁立サレジオ大学神学部霊性神学博士課程修了、神学博士。専門はドン・ボスコ研究。現在、カトリック下井草教会に隣接するSITEC(サイテック:研修施設)館長。サレジオ会日本管区編『ドン・ボスコのことば100』(ドン・ボスコ社)では監修を務める。

◎聖フランシスコ・サレジオ

1567年フランス・サヴォアに生まれる。ジュネーブの司教。宗教改革の混乱の中、カルヴァン派をカトリックの信仰に再び呼び戻すことに尽力。カトリックのジャーナリスト、著作家たちの保護者。

新書判並製 238頁 定価:本体700円+税

ISBN978-4-88626-562-3 C0216

¥756

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日