聖ベアトリス

次のような聖人伝が伝えられている。

シンプリチウスとファウスティヌスはディオクレティアヌス統治下のローマ帝国において、拷問を受け、こん棒で殴られたのちに斬首され、遺体はテヴェレ川に投げ込まれて殉教した[2][注 3]。妹のベアトリスは彼らの遺体を川から引き上げ、埋葬した。そののち7ヵ月ほど、ベアトリスはルキナ (Lucina) という敬虔なキリスト教徒と隠れて暮らしていたが[2]、兄弟の領地を狙っていた都長官のルクレティウスはベアトリスを捕縛し、非キリスト教の神[注 4]に捧げものをするように命じ、彼女が断るとその夜のうちに兵士に命じて絞殺させた。ルキナは彼女の遺体を盗み出し、2人の兄弟とともに埋葬した[2][注 6]。 領地を手に入れたルクレティウスは宴会を催し、殉教者たちを笑いものにしていたが、その場にいた赤ん坊が「都長官は人を殺して領地を奪った。悪魔の手に落ちた」[注 7]と叫ぶと、ルクレティウスは悪魔に取りつかれ苦しみ死んだ[6]。

これらの聖人伝の他に、3人についての記録は残されていない

イタリアトリノ 紙細工ご絵 聖ベアトリス  OAT 240

繊細な切絵加工の美しい祈りカードです。

カード7×11センチ ソフトケース入り 8×12センチ

¥432

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日