聖ベルナデッタ

聖人ご絵 聖ベルナデッタ Bernadette Soubirous 枠無しご絵

105mm×55mm 紙 裏白地

聖ベルナデッタ 4月16日  

ベルナデッタ・スビルー(Bernadette Soubirous, 1844年1月7日 - 1879年4月16日)は、フランスの聖女。南仏のルルドで聖母の出現を体験し、後にヌヴェールの愛徳女子修道会の修道女となる。写真に撮られたカトリック教会の最初の聖人である [脚注 1]。ベルナデッタによって発見された泉の水によって不治の病の治癒例が多く見られ、教会が公認したものだけでも68例にのぼり、ルルドはカトリック教会の最大の巡礼地の一つとなった

生誕 1844年1月7日

 フランス王国・オート=ピレネー県・ルルド

死没 1879年4月16日(35歳)

 フランス共和国・ニエーヴル県・ヌヴェール

崇敬する教派 カトリック教会

列福日 1925年7月14日

列福場所 ローマ

列福決定者 ピウス11世

列聖日 1933年12月8日

列聖場所 ローマ

列聖決定者 ピウス11世

記念日 2月11日(世界病者の日)

¥25

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

聖人ご絵 聖ベルナデッタ Bernadette Soubirous 白枠ご絵

105mm×55mm 紙 裏白地

聖ベルナデッタ 4月16日  

ベルナデッタ・スビルー(Bernadette Soubirous, 1844年1月7日 - 1879年4月16日)は、フランスの聖女。南仏のルルドで聖母の出現を体験し、後にヌヴェールの愛徳女子修道会の修道女となる。写真に撮られたカトリック教会の最初の聖人である [脚注 1]。ベルナデッタによって発見された泉の水によって不治の病の治癒例が多く見られ、教会が公認したものだけでも68例にのぼり、ルルドはカトリック教会の最大の巡礼地の一つとなった

生誕 1844年1月7日

 フランス王国・オート=ピレネー県・ルルド

死没 1879年4月16日(35歳)

 フランス共和国・ニエーヴル県・ヌヴェール

崇敬する教派 カトリック教会

列福日 1925年7月14日

列福場所 ローマ

列福決定者 ピウス11世

列聖日 1933年12月8日

列聖場所 ローマ

列聖決定者 ピウス11世

記念日 2月11日(世界病者の日

1858年2月11日、ベルナデットは、妹のマリー・トワネットと隣家のジャンヌ・アバディーとともに、昼飯の支度のための薪をひろいにマッサビエルの洞窟に向かった。子供たちはポン・ヴュー(古橋)からポー川 を渡り、シュベルカレールの森へ向かう道をたどり、サヴィの水車小屋を動かしている水路の橋をまたいだ。そして、当時はシャレ島と呼ばれていた中州にあるサヴィの牧草地に入り、サヴィとメルラスの運河が合流する水路がポー川に注ぐ牧草地の西端に向かった。ポー川から引かれた水路はここが一番川幅が狭くなっており、歩いて渡れるからである。

二人は先に水路を渡ったが、ベルナデットは喘息の発作を恐れる母の言葉を思い出して川を渡ることを躊躇していた。何とか足を濡らさないで川を渡れる場所を探したがどこにもないので、意を決して靴下を脱ごうとした。そして、「片方の靴下を脱いだとき、風の音のようなものが聞こえ」たので振り返ったが、何も見えなかった。振り返りもう片方の靴下を脱ごうとすると、また大きな風の音がした。前を見ると木の枝が揺れ動き、野生のバラの木は地面から上に伸び洞窟のくぼみまで3メートルほども伸びていた。暗いくぼみには柔らかい光が射し込み、白い服を着た女性が両手を開いて手招きをしていた。おそれおののき、夢でも見ているのではないかと何度も目をこすって見たが、女性はほほえみをたたえてベルナデットを見つめていた。ポケットのロザリオに手を触れて十字の印を切ろうとしたが手が挙がらなかった。しかし女性の方が十字の印を切ると、今度は手が挙げられるようになり、ベルナデットは、ロザリオの祈りを唱えた。

洞窟を注視して祈っているベルナデットを見た二人の少女にたちに、ベルナデットが何か見えなかったかと尋ねると、好奇心にかられた二人はベルナデットから、誰にも口外しないという条件で経緯を聞き出した。ところが二人がこの約束を破ってしまったので、またたく間に噂が町中に広まった。

¥25

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

ご絵 はがきサイズ 聖ベルナデッタ

¥57

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

フランス ルルド ベルナデッタB 15×8センチ

¥280

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

フランス ルルド ベルナデッタA 15×8センチ

¥280

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

ドンボスコ社 文庫 ベルナデッタ 魂の日記

 ルルドの聖母をその目で見た聖女ベルナデッタ。

 彼女自身は決して出現の話をすすんで語ることはなく、騒がしい世俗を離れて修道院で静かな一生を過ごすことを選びました。そんなベルナデッタが黙想や折にふれてノートに書きこのした言葉を集めました。

その飾らない言葉の数々が心にせまります。

 本文より

 「1873年の手記から おお、マリアよ、わたしの罪のあがないのためにささげられる犠牲として、わたしの心をお受け下さい。この心を悲しみで打ち砕いてください。

  おお、み母よ、私の心が、まったくあなたとイエスのものとなることができますように。すべてのものを犠牲としてあなたにささげます。

  おお、み母よ、わたしを助けてください。自我に死ぬ恵みをお与えください。ただ、ひたすら柔和なイエスによって生かされ、イエスのために生きることができますように。」

¥486

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

ドンボスコ社 ベルナデッタとロザリオ

ロザリオの祈りだけを知るルルドの貧しい少女ベルナデッタに、聖母マリアは、罪人である私たちを極みまで愛された御子イエスの愛と、御父のいつくしみを教えられた。ロザリオの祈りを通して、自らの苦しみを人びとの回心のために捧げきった聖女の言葉と霊的な道をたどる。

ルルドの聖母ご出現150年を記念して新装復刊。ベルナデッタの祈りと単純・素朴な生きかたに迫る名著。

■著者紹介

イエズス会司祭、文学博士。特に資料批判(ロヨラのイグナチオ、サレジオのフランシスコ、ベルナデッタ等)、霊性の分野における研究の専門家。

■目次

ボリーの粉ひき小屋からマッサビエルへ

・「わたしは、ロザリオの祈りしか知りませんでした」

・「ご出現」のロザリオ

・「ロザリオの学び舎」から初聖体まで

マッサビエルからヌヴェールへ

・「恵みあふれる聖マリア」のみ跡に従って

ヌヴェール

・「閉ざされた園 封じられた泉」

スール・マリー・ベルナールの歩んだ「平凡な道」

・「わたしにとって生きるということは、キリストである」

・「わたしはわたしの心の愛するものを探そう」

・聖母のように――恵みに対する素直さ――

・「もう迷うことのないように」

・「愛は火の矢 神の炎」

極みのとき

・「そしてわたしはあなたに愛をささげよう」

聖ベルナデッタ わたしたちに祈ることを教えてください

¥1,080

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

ドンボスコ社 ベルナデッタ

心と体の癒しを求めて、世界中から毎年何百万人もの人がおとずれるカトリックの大巡礼地ルルド。もともとピレネーの寒村にすぎない村で何が起こったのか。薪を拾いに来た貧しい少女が見たものとは?

聖母の出現を目の当たりにし、修道女として一生をささげることになったベルナデッタの生涯。

1979年に初版が発行されたものを、ベルナデッタの列聖70年を記念して、内容はそのままに読みやすく書き改めた改訂版です。

¥1,620

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

フランス ルルド ベルナデッタD 15×8センチ

¥280

  • 在庫切れ

フランス ルルド ベルナデッタC 15×8センチ

¥280

  • 在庫切れ

フランス ルルド ベルナデッタE 15×8センチ

¥280

  • 在庫切れ