聖ホセマリア エクスリバー神父

聖ホセマリア・エスクリバー・デ・バラゲル(Josemaría Escrivá de Balaguer、1902年1月9日 - 1975年6月26日)はローマ・カトリック教会の聖人。オプス・デイの創立者。2002年、教皇聖ヨハネ・パウロ二世によって列聖された。

1902年(明治35年)1月9日 - スペインのバルバストロで誕生。

父はホセ、母はドローレス。6人兄弟の2番目で、敬虔なカトリックの家庭で育つ。

1915年(大正4年)- 父親の織物事業が破産したため、ログローニョへ引っ越す。(13歳)

ログローニョ、サラゴサの神学校に通い、神学を学び、同時に父の勧めで法学の勉強を開始。

1924年(大正13年)- 父・ホセが死去。(22歳)

1925年(大正14年)3月28日 - 司祭に叙階。農村の小教区の後にサラゴサで司祭を務める。(23歳)

1927年(昭和2年) - 法学博士取得のため、司教の許可を得てマドリードに移る。(25歳)

1928年(昭和3年)10月2日 - オプス・デイを創立。(26歳)

1936年(昭和11年) - スペイン内戦の勃発で反宗教の迫害があった中でも、マドリードを離れるまでの間、非合法を承知で隠れて司牧活動を継続。(34歳)

ピレネー山脈を越えてフランス南部に入った後、スペインのブルゴスに移る。

1939年(昭和14年)- スペイン内乱が終わり、マドリードに戻る。数年後、法学博士号を取得。(38歳)

1946年(昭和21年)- ローマに移り、ラテラノ大学で神学博士号を取得。(45歳)

バチカンの二つの省の顧問、教皇庁神学院会員を歴任。教皇付き名誉高位聖職者(モンシニョール)の称号を授与される。

1970年(昭和45年)~ 1975年(昭和50年)- メキシコ、イベリア半島、南米、グアテマラを訪問。

1975年(昭和50年)6月26日 - ローマの本部で心不全で死去。(73歳)

1992年(平成4年)5月17日 - ヨハネ・パウロ2世により列福され、「福者ホセマリア・エスクリバー」となる。

2002年(平成14年)10月6日 - ローマの聖ペトロ広場において、ヨハネ・パウロ2世により列聖され、「聖ホセマリア・エスクリバー」となる。

2005年(平成17年)8月30日 - 聖ホセマリアのご像が聖ペトロ大聖堂の外壁に安置された(ロマーノ・コッシ製作、高さ5メートル)。教皇聖ヨハネ・パウロ二世が、大聖堂の外壁に現代の聖人のご像を置くように決められ、聖ホセマリアのご像の隣にアンデスの聖テレサ、カンパニャの聖マルセリーノ、アルメニアの聖グレゴリオなどのご像が並ぶ。祝別式は教皇ベネディクト16世によって行われた。

聖ホセマリア エクスリバー神父

オプス・デイから頂いた資料を基に、分かりやすくオプス・デイおよび聖ホセマリア・エスクリバー神父様についてご紹介致します

いつくしみセンター発行四六判 92頁 カバー付

最近小説や映画の影響で、「オプス・デイって何?」「聖ホセマリア・エスクリバー師ってどんな方?」、少し知っている方からは、「属人区って何?」などの質問をよく受けるようになりました。オプス・デイの創立者ホセマリア・エスクリバー師は、「すべてのキリスト信者は、聖人になるように召されている」という神からのメッセージを伝え、各自の仕事、生活条件の中でキリスト教的徳を実践することを提唱しました。オプス・デイは、司祭、信徒、未婚、既婚にかかわらず、あらゆる人びとを対象としており、その目的はまったく霊的なもので、あらゆる条件の人びとに、世間にいながら信仰に完全に一致した生活をするように勧めています。

(ISBN4-902144-05-0)

¥1,296

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日