イコン 聖人女性 あいうえお かきくけこ

イコン聖人女性 アグネス 古代ローマの殉教者  7.5×6センチ厚み5ミリ 3016-51

聖アグネス (聖致命女アグニヤ)サンタニェーゼ・フオリ・レ・ムーラ聖堂のモザイク

聖致命女、殉教者生誕 291年死没 304年1月21日

記念日 1月21日(カトリック)守護対象 婚約したカップル、夫婦、純潔性、女子、強姦被害者、作物、庭師 

聖アグネス(ラテン語:Sancta Agnes, 291年 - 304年1月21日)は、カトリック教会・聖公会・ルーテル教会・正教会・非カルケドン派の聖人で殉教者。13歳[2][注 1]で殉教したと伝えられる。ローマの聖アグネスや聖イネス、聖女アグネス、聖女アニエスとしても知られている。日本正教会では聖致命女アグニヤと呼ばれる[5]。イタリア語名に基づけば聖アニェーゼ。ローマの教会名の「サンタニェーゼ」(Sant'Agnese)は、「サンタ・アニェーゼ」の発音が融合(エリジオン)したものである。

伝説によると、聖アグネスは291年にローマの上流階級でキリスト教徒の一家に生まれた、うら若く聡明な美少女で、13歳になった304年1月21日にローマ帝国皇帝ディオクレティアヌスの統治下で殉教した[注 2]。

長官センプロニウスは、アグネスが自分の息子と結婚することを望んだが、アグネスがそれを拒否すると、センプロニウスは彼女がキリスト教徒であると告発した。アグネスは非キリスト教の女神 (Vesta)に供物を捧げるか、売春宿に行くかの選択を迫られたが、その信仰から要求を拒否をした[8]。アグネスの衣服は剥ぎ取られ、一糸まとわぬ姿で売春宿へ連れていかれたが、神により彼女自身の髪を伸ばされたため、アグネスの身体は足まで隠された[8]。アグネスが売春宿に入ると、神から遣わされた天使が待っており彼女を守り取り囲んだ。男たちは彼女を見ることも近づくこともできなかった[8]。アグネスは火刑に処されることとなった[8]。士官は大きな火をおこすことは出来ず、アグネスを焼くはずの炎は二つに別れてそれぞれ争い、彼女は火を感じることはなかった[8]。その後、士官はアグネスの身体を剣で突き刺すことを命じ、アグネスは殉教した[8]。 アグネスの死から数日の後、彼女の墓で祈っていたエメレンティアナ(英語版)という少女が、自分はアグネスの乳母の娘であると主張した。エメレンティアナは墓から去ろうとしなかったため、それを非難した非キリスト教徒に石で打たれ殺害された。このエメレンティアナも後に列聖されている。

¥1,460

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イコン聖人女性 アナスタシア シルミウムの殉教者  7.5×6センチ厚み5ミリ 3016-54 聖アナスタシア

アナスタシア(アナスタシヤ)は4世紀のキリスト教信者、殉教者(致命者)。カトリック教会、正教会などの伝統的教会で聖人。他のアナスタシアと区別して、聖大アナスタシア等、シルミウムのアナスタシアと呼ばれる。正教会での称号は聖大致命女解繋者せいだいちめいじょかいけいしゃアナスタシヤ。

カトリック教会など西方教会では、12月25日が記念日とされ、クリスマスの早朝ミサで記憶される。正教会では、12月22日(ユリウス暦を使用する正教会では1月4日に相当)を記憶日とする。

¥1,460

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イコン聖人女性 アポリナリア エジプトの殉教者  7.5×6センチ厚み5ミリ 3016-45

高位のローマの公安官、アンフィムは、レオ皇帝(470)のもとで奉仕し、娘Apollinariaを持っていた。彼女は美しさと知恵で彼女の時間のほとんどの女の子を上回った。若い頃からの主に対する熱烈な愛に圧倒され、彼女は彼女の処女をキリストに捧げ、地上に滞在して聖別された場所への巡礼に行くよう、両親から絶え間なく同意を受けました。

エルサレムでは、アポラリナは彼女の奴隷と従業員を彼女の卒業生から解放し、貧しい衣服、宝石、お金に配り、宦官と老人だけが同行して禁欲の楽園であるエジプトに行きました。アレクサンドリアの郊外に到達したアポリネリアは、秘密裏に衛星を去り、近くの森に住んでいました。彼女は長年過ごしました。彼女は理性に肉を落とし、あらゆる方法で彼女を殺した。このように、禁欲主義者は忍耐強い蚊の無数の攻撃に耐え忍んでいた。

¥1,460

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イコン聖人女性 アラ クリミアの殉教者(26人のうちの一人) 7.5×6センチ厚み5ミリ 3016-52 聖アナ

¥1,460

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イコン聖人女性  アリアドネ フリギアの殉教者 7.5×6センチ厚み5ミリ 3016-49

聖なる殉教者アリアドネは、皇帝ハドリアヌス(117-161)のもとにあるミッション(フリジア)の都市の長老であった奴隷タルティヤであった。ある日、マスターが息子の誕生の機会に異教の神々を犠牲にしたとき、クリスチャン・アリアドネは邪悪なお祝いに参加することを拒否しました。このために、彼女は殴られ、吊るされて、鋭い鉄のフックで彼女の体を裂いた。その後、殉教者はダンジョンに投げ込まれ、長い間飢えてしまい、偶像を礼拝するようになった。聖人が刑務所から解放されたとき、彼女は街を去ったが、トルティーヤは彼女の後を追いかけた。彼女が迫害されているのを見て、聖なる殉教者が走って、敵から彼女を守るよう神に呼びかけました。突然、彼女の祈り、山に形成された隙間、聖なるアリアドネが姿を消した。

¥1,460

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イコン聖人女性  アレフティナ カイサリアの殉教者 7.5×6センチ厚み5ミリ 3016-53 聖アルベチナ

殉教者Chioneasとsv。殉教者ポールはもともとエジプト出身でした。キリスト教徒の迫害の間に、皇帝マクシミン(305-313はGG。)、彼らは最初の採石場で重労働を宣告、し、次いで、最も恐ろしい拷問聖なる殉教者の姉妹の後AlevtinaとKhioniaが焼かれ、神聖たパレスチナにカイザリヤに与えられたキリストの他の告白と殉教者ポールは剣で斬首されています。308年に苦しんだ聖人

¥1,460

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イコン聖人女性 アンジェリーナ 夫と子も聖人  7.5×6センチ厚み5ミリ 3016-19

いくつかの情報によると、アンジェリーナはチェルノーヴィッヒ家に属していた - 彼女はアンドリューの娘であり、1465-1496年にはモンテナゴロの支配者であるアーヴァニット・ザ・ブレイブとボイヴ・アイヴァン・ベイの姪であった。彼女の兄が持っている場合には、明らかに、彼はイワンは彼女のセルビア専制君主ステファン・ブランコービックブラインドと結婚し、もはや生きていた[1] 。支配者のほとんどの結婚と同様に、これはおそらく政治的な理由からでもあり、家族全員で聖なる輝きがさらに顕著になります。

セルビアの独裁政権のステファン・ブランコヴィッチとその家族の生活は、変わりや悩みに満ちていた。スティーブンとアンジェリーナは愛と調和を保ち、ジョージとジョンの二人の息子、マルとミルサの二人の娘を抱えていました。約10年間、トルコの虐殺から隠れて、家族はイタリアの地域Furlaniiで過ごしました。ここでは、聖スティーブンと姉妹カサリナがベオグラードの城を購入し、そこで死去しました

¥1,460

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イコン聖人女性  アントゥーサ マンティネイアの修道院長 7.5×6センチ厚み5ミリ 3016-1

¥1,460

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イコン聖人女性 アントニーナ コンスタンチノープルの殉教者  7.5×6センチ厚み5ミリ 3016-46

聖殉教者アントニナ・ザ・ヴァージンとアレキサンダー。サン・アントニナはKrodamos(アジア・マイナー)の都市出身でした。彼女はキリスト教徒であることで逮捕され、フェストゥス知事の前に持ち込まれました。彼は女神アルテミスの司祭になると約束した異教徒の神々を崇拝するように彼女に促した。しかし、聖人は勇敢にキリストを告白し、彼女は知事に偶像の形で悪魔の崇拝を放棄するように促した。フェストゥスは、聖人の顔を攻撃し、彼女を刑務所に閉じ込めるよう命じました。

殉教者は祈りの時間を過ごして何も食べなかったが、その後何も飲まなかったが、その後アントニナ神の声を聞いて、食べて勇気づける。私はあなたと一緒にいる。 、殉教者はキリスト教信仰のために起き上がり、異教徒を非難し続けた。

知事は、聖なる処女を兵士たちによって汚れたものにすることを決めましたが、主は聖アレクサンダーの一人に聖なる処女を救うよう促しました。彼は、彼女に知事の意志に従うように説得することができるかもしれないという口実に彼女に入る許可を求めた。聖アレクサンダーは、彼女が軍服を着て逃げ出すように勧めました。聖アントニナは恐れましたが、主は彼女に同意するよう命じました。

誰も彼女を兵士の身に着けているとは認めず、彼女は刑務所から出て行った。フェストゥスが派遣した兵士たちは、聖アレクサンダーをセルで単独で見つけました。彼は知事の質問に答えなかったので、彼は拷問を受けて無慈悲に殴られた。聖アントニナは主イエス・キリストの霊感によってフェストゥスの前に立つようになりました。

兵士たちは手を切った。そして、彼らは彼らに手を打って火を燃やしていた穴に投げ込んだ。火が消えたとき、彼らはピットにヘビを投げ、クリスチャンが殉教者の骨を集めることができないようにしました。家に戻ってフェスティは麻痺し、食べることも飲むこともできませんでした。彼は7日間のひどい苦しみで死んだ。

聖アレクサンダーとアントニナは313年5月3日に殉教しました。彼らの記憶は6月10日にリストアップされています。聖人の遺物はコンスタンティノープルに移され、マキシモフ修道院に置かれました。

¥1,460

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イコン聖人女性  イリナ テッサロニキの殉教者 7.5×6センチ厚み5ミリ 3016-9

彼は父親リキニウスは小領域の知事だったMagedonの町で、使徒の時代にバルカン半島に住んでいました。ある人は彼女がスラブだと思っています。彼女は異教の両親の異教に生まれました。ペネロペは、彼女の異教徒の名前だったので、彼女の先生、アペリウスからクリスチャンの信仰を学びました。使徒パウロの弟子であるセント・ティモシーは、彼女と彼女の待っている女性にバプテスマを施し、使徒パウロから手紙を受け取り、読ませました。

彼女は結婚することを拒否して父親を怒らせ、彼女を拷問しようとしましたが、彼は奇跡的にキリスト教に連れて行きました。彼女は父親以外の4人の王によってさまざまな方法で拷問されましたが、神は彼女を天使たちを通して救ってくれました。Sedechias王はヘビとサソリでいっぱいの穴に彼女を首に葬ったが、神の天使は爬虫類の毒を中和し、聖なる乙女をそのまま残した。それから同じ王が彼女を二人で見ようとしたが、剣は石に逆らって彼女の体にぶつかった。この同じ王はもう一度彼女を水車の車輪に縛りつけ、水を彼女に溺れさせたが、水は流れなかったが、まだ立っていた。そしてその処女は生きていて生きていた。Sedechiasの息子であるSapor王は、彼女に釘をかけて彼女に砂の袋をかけ、

「本当に私はあなたの前で獣のようです。彼女が彼女の拷問者の後ろで暴行されたとき、聖なる殉教者は言った。しかし、神の天使が地震を起こし、地面が開いて彼女の苦しみを呑み込んだ。膨大な数の異教徒がキリスト教に持ち込まれたこれらの拷問をすべて克服して、イレーヌはカリニコス市に行き、キリシタン信仰を説いた。地元の王ナンメリアンは彼女を殺そうとしました。しかし、処女は保存され、生きていて、多くの人が見て、信じていました。ヴォードン・パパは、コンスタンティナの街に彼女を連れて行きました。コンスタンティナでは、彼を彼女を燃やすグリッドに乗せて殺すことを考えました。しかし、これは聖イレインを害するものではなく、多くは真の信仰に導かれました。

最後に、アイリーンはメセンブリアの町にやって来て、王が彼女を殺したが、神は彼女を元気に戻した。王は多くの人々と一緒にこれを見て、キリストを信じてバプテスマを受けました。そして、聖イレインは、彼女の苦しみと奇跡によって、十万人以上の異教徒をキリストの信仰に導きました。やがて彼女は自分を墓に置き、アペリウスに命じてそれを閉じました。墓が開かれた4日後、彼女の体はそこにいませんでした。このように神は永遠にすべてを犠牲にしてすべてを耐えられた乙女と殉教者イレーヌに栄光を与え、神は男性の間でもっと栄光に満ちているはずです。 

¥1,300

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イコン 聖イリナ 7,5×6センチ

聖イレーヌは、説教と彼女の模範を通して何千人もの人々をキリストに導いた。教会は彼女の記憶を尊重し、彼女の天の仲裁を求め続けています。彼女は迅速かつ幸せな結婚をしたいと思う人々によって呼び出されます。ギリシャでは、彼女は警官の守護聖人でもあります。サン・アイリーンは、サロフの聖者セラフィム(1月2日)に登場した12人の聖母殉教者の一人でもあり、1831年に聖公会の記念日にディヴェエボ・ヌ・ユープラクシアが登場しました。

¥1,460

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イコン聖人女性  ヴァレンティーナ パレスチナの聖人 7.5×6センチ厚み5ミリ 3016-16

¥1,460

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イコン聖人女性 エウドキア モスクワ王子の妻  7.5×6センチ厚み5ミリ 3016-37

¥1,460

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イコン聖人女性  エウラリア バルセロナの殉教者 7.5×6センチ厚み5ミリ 3016-36

バルセロナのエウラリア (カタルーニャ語:Santa Eulàlia de Barcelona、スペイン語:Santa Eulalia de Barcelona、290年頃 - 303年頃)は、カトリック教会および正教会の聖人。ディオクレティアヌス帝時代に行われたキリスト教徒迫害によって、バルセロナで殉教した。バルセロナ、そして船乗りの守護聖人とされている。メリダのエウラリアの生涯と内容が似ているため、同一人物ではないかという論争が存在する

¥1,300

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イコン聖人女性 エリザベス ロシアの大公后 殉教者  7.5×6センチ厚み5ミリ

ヘッセ・ダルムシュタットのエリザベスは1864年11月1日に生まれました。彼女は彼女の家族のカトリック教徒であるハンガリーのエリザベス(1207-1231)にちなんで名づけられました。彼女の母親は子供の頃に亡くなり、彼女は祖母、ビクトリア女王の保護下に住むために英国に来ました。彼女の子供時代がルター派だったら、彼女の思春期の宗教文化は英国人であった。1884年、エリザベスはロシアのツァール・アレクサンドル2世の第5息子であるセルジュ・アレクサンドロヴィチ大公と結婚した。エリザベスは正統派がますます吸収されるのを見つけ、1891年に彼女は信仰を採用しました。

彼女の人生は確信と卓越性のすべての快適さを持っていましたが、壊れやすい土台に座っていました。ツァリスト国家は、抑圧によって変化する社会を支配し続けた。革命の話は持続し、より大きくなった。テロリズムの行為が行われた。1905年2月18日、セルジュ大公は暗殺された。

これはエリザベスの人生の転換期を迎えました。彼女は彼女の宝石を贈り、彼女の最も豪華な財産を売却しました。そして、収入を得て、モスクワのマーサとメアリーの家を開いて、敬虔な女性の祈りと慈善を助長しました。ここでは、無秩序な世界の中心に仲介と行動を組み合わせた、女性のためのディアコネーションの新たなビジョンが生じました。1909年4月、エリザベスと17人の女性が愛と慈悲の姉妹として捧げられました。彼らの仕事は盛んになりました。すぐに病院を開き、さまざまな慈善事業が始まりました。1917年3月、ドイツとの戦争によって致命的に損なわれたツァリスト国家が崩壊した。10月に、ボルシェヴィキの革命党が権力を握った。内戦が続いた。ボルシェヴィキ党は無礼な無神論者であり、旧政権の柱である正教会で見られた。権力で、それはひどい力で教会を迫害した。時には、数百人の司祭と修道女が投獄され、遠くの労働収容所に連れ去られ、殺されました。教会は閉鎖されたか破壊された。1918年5月7日、エリザベスは彼女の修道院から2人の姉妹と逮捕され、ペルミ、エカチンリンブルク、そして最後にアラパエフスクへと全国に輸送されました。7月17日、ツァールとその家族は撃墜された。次の夜、エリザベス、SSメアリーとマーサの姉妹がヴァルバラと命名し、王室のメンバーは鉱山で殺害されました。

ソビエト連邦では、キリスト教は定期的な迫害と抑圧を受けて生き残った。しかし、エリザベスは覚えていた。1984年、彼女は海外のロシア正教会によって聖人として認められ、その後1992年にはモスクワ総主教庁によって認められました。

¥1,460

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

イコン 聖オルガ 7,5×6センチ

聖オリガ(キエフのオリガ)

『聖オリガ』(ミハイル・ネステロフによる)

生誕 不明プスコフ

死没 969年7月11日キエフ

崇敬する教派 カトリック教会 正教会

記念日 7月11日

聖オリガ(Ольга, Ol'ga, ? - 969年7月11日)はキエフ大公国第2代大公イーゴリ1世の妃。キエフのオリガとも。夫の死後、キリスト教の洗礼を受けた。洗礼名はヘレナ(日本ハリストス正教会の読みではエレナ)。ルーシでは最初期のキリスト教改宗者であり、ルーシでもっとも早い時期に聖人とされた一人である。聖人としては亜使徒の称号をもつ。

¥1,460

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イコン聖人女性  キラ シリアの聖人 7.5×6センチ厚み5ミリ 3016-7

¥1,460

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イコン聖人女性  クラウディア アミサ(黒海沿岸)の殉教者 7.5×6センチ厚み5ミリ 3016-6

¥1,460

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イコン聖人女性 クリスティーナ テュルスの聖人  7.5×6センチ厚み5ミリ 3016-5

聖クリスティーナ

生誕 3世紀

イタリア、ボルセーナ

またはティルス

死没 3世紀末頃

イタリア、ボルセーナ

崇敬する教派 カトリック教会

正教会

記念日 7月24日

聖クリスティーナ(ラテン語:Sancta Christina)は、カトリック教会・正教会の聖人で、3世紀末頃の殉教者。祝日は7月24日。 弓の射手、粉屋、船員、ボルセーナ、パレルモ、トルチェッロの守護聖人。 棕櫚、いしゆみ、2本の矢、石臼、蛇、やっとこなどと共に描かれる。

概要[編集]

クリスティーナはイタリアのボルセーナ(またはティルス)の生まれで、両親は貴族であった。 11歳の頃、父親は彼女を12人の侍女と共に塔の中に閉じ込め、生涯神々に仕えさせようとした。 しかし彼女は聖霊に教えられてキリスト教徒になり、金や銀の神像を壊し、貧しい人々に施した。 父は侍女に彼女の服を脱がさせ、12人の男達に殴らせた。 それでも娘は信仰を変えなかったので、その肉を釘で裂かせ、手足を折らせた。 彼女は自分の肉片を父の顔に投げつけ罵った。 父は娘を車輪に縛り付けて火をつけさせたが、炎は横に走り1500人ほどの人々が焼け死んだ。 また首に石臼をくくりつけて湖に投げ込んだが、すぐに天使達が彼女の身体を沈まないようにした。 そしてキリストが現われ彼女に洗礼を授け、大天使ミカエルが陸地に導いた。 その晩父は急死した。

裁判官はクリスティーナを裸にしてアポロ[要曖昧さ回避]の神像の前に引いていったが、彼女が命じると神像は粉々に砕けた。 これを聞いた裁判官は仰天し息絶えた。 後任の裁判官は大きな炉に彼女を投げ込ませたが、火傷ひとつせず天使達と共に散歩したり歌ったりしていた。 次に毒蛇を彼女に仕向けたが蛇は彼女に懐き、巫術師が蛇をけしかける呪文を唱えると、蛇は彼に飛び掛り噛み殺した。 クリスティーナが命じると蛇は荒野に去った。また彼女は巫術師を蘇らせた。 裁判官は彼女の乳房と舌を切り取らせたが、それでも彼女は話すことができた。 彼女が自分の舌を裁判官の顔に投げつけると、彼は目が見えなくなった。 逆上した彼が放った2本の矢を受け、クリスティーナは殉教した。

彼女の遺体はカタコンベに葬られ、11世紀その上にサンタ・クリスティーナ教会が建てられた

¥1,460

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日