イコン聖人女性 さしすせそ たちつてと なにぬねの

イコン 聖ゼニア サンクトペテルブルグの聖人 7.5×6センチ厚み5ミリ 3016-3

サンクトペテルブルクのゼニア

出生 1719-1730 ロシア帝国、サンクトペテルブルク

死亡 1803 サンクトペテルブルク、ロシア帝国

賛美される 東正教会

Canonized 1978年と1988年、ロシア正教会とロシア正教会による米国とロシア

主な神社 Smolensky Cemetery、サンクトペテルブルク、ロシア

祝宴 1月24日/ 2月6日

サンクトペテルブルクの聖祝福されたゼニア(ロシア語:СвятаяблаженнаяКсенияПетербургская) 1719-1730 - 1803年ゼニア・グリゴリエフナ・ペトロワ(Russian Xenia Grigoryevna Petrova、ロシア語:КсенияГригорьевнаПетрова)は、伝統に従って、夫が死亡した後、貧困層に贈られたサンクトペテルブルクの守護聖人です。

彼女の夫は、セントアンドリュー大聖堂の聖職者、アンドレイ・フィヨドロビッチ・ペトロフ大佐だった。彼の死後、ゼニアは「キリストのための愚か者」になり、45年間、サンクトペテルブルグの通りを回り、通常は彼女の後期夫の軍服を着ていた。

聖ゼニアの墓はサンクトペテルブルクのスモレンスキー墓地にあります。それは、彼女がされた1902年以来、華やかなチャペルでマークされている列聖により在外ロシア正教会 9月24日、1978(OS 1978年9月11日)、ニューヨーク、米国内とすることによりログインの聖母の大聖堂宗務局でロシア正教会の間に1988年6月6日にロシア正教会の地方協議会。OSでの彼女の祝日は1月24日で、新カレンダーの 2月6日です。

聖祝福された母親ゼニアは、雇用、結婚、ホームレス、火災、子供の行方不明、配偶者のための彼女の仲裁で有名です。[1]彼女はいくつかの国で尊敬されています。彼女の名前には約40の教会とチャペルが建てられています。

¥1,460

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

イコン聖人女性 ジューリア コルシカの聖人  7.5×6センチ厚み5ミリ 3016-39

コルシカのジューリア

生誕 カルタゴ

死没 コルシカ

崇敬する教派 カトリック教会正教会

記念日 5月22日

聖コルシカのジューリア (イタリア語:Santa Giulia da Corsica、フランス語:Julie de Corse, 生没年不詳)は、カトリック教会・正教会の聖人・殉教者(致命者)。5世紀の人物と推測されているが、帰天した(死亡した)年が616年から620年の間とする説もある。聖デヴォータ同様にコルシカの守護聖人である。祝日は5月22日。拷問犠牲者の守護聖人。

伝説[編集]

ジューリアはカルタゴ貴族の少女で、439年にヴァンダル族の王ガイセリックがカルタゴを滅ぼした後に奴隷として売られた。彼女は忍耐強さと朗らかさで、辛い召使いの義務を果たさねばならなかった。彼女の主人はシリアの商人エウセビウスで、ジューリアの美点に感銘を受けて彼女をガリアへの旅に同行させた。途上、一行は北コルシカにあるコルソ岬に休憩した。そこでは、異教の祭りが開催されていた。ジューリアは上陸も祭りへの同行も断り、船の中に残った。

島の知事フェリックスは、ジューリアがキリスト教徒だと適切に推測した。彼は、彼女にローマの神の犠牲となるよう命じた。ジューリアは、信仰を捨てれば自由にしてやるというフェリックスの申し出すらも拒んだ。エウセビウスは彼女を守ろうとしたが、彼が酔いつぶれて眠ってしまった間に、ジューリアは髪の毛を全部引き抜かれるという拷問を受けて磔にされた。

¥1,460

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イコン聖人女性 シュシャニック(スザンナ)ジョージアの殉教者  7.5×6センチ厚み5ミリ 3016-11

スザンナ(ヘブライ語: שׁוֹשַׁנָּה‎、英語: Susanna)はプロテスタントからは典拠が疑わしいと考えられているが、カトリック教会及び正教会によってダニエル書第13章に加えられたダニエル書補遺の3つの短編の内の1つである。イングランド国教会における39信仰箇条では、第6箇条に記載されているが正式な経典とは見なさないとしている[1]。ユダヤ教では道徳的な物語と認めてはいるが、タナハには加えられていない。

物語

この物語では正当なヘブライ人の人妻が、性欲を持て余したのぞき屋によって、いわれのない告発をされる。人払いをして庭で水浴する美しいスザンナ(ヘブライ語ではショシャーナ)を2人の好色な長老たちが密かに見つめていた。彼女が家へ戻ろうとした時、長老たちは彼女の前に立ちはだかり、「我々と関係しなければ、お前が庭で青年と密会していたと告発する」と言って脅迫した。スザンナはこれを拒絶したために脅迫通り逮捕され、ダニエルという青年が異を唱えた時には混乱の内に死罪に処されようとしていた。ダニエルが2人の長老から別々に詳細を尋ねると、スザンナがその下で恋人に逢っていたと主張する木の名前が一致しなかった。1人目は彼らが乳香樹(Pistacia lentiscus)の下にいたと言い、2人目はカシの木[2]の下にいたと主張した。乳香樹(カンラン科の低木)とカシ(ブナ科の高木)では大きさに著しい違いがあり、長老たちが虚偽の証言をしている事はその場の誰の目から見ても明白であった。不正な告発者は処刑され、美徳が勝利を収めた。

グエルチーノによる「スザンナと長老たち」

ギリシャ語のテキストにおけるダニエルの反対尋問のくだりには、長老たちが語った木の名前と「切る」「切り倒す」をかけた駄洒落が含まれており、これはこの短編がヘブライ語やアラム語のテキストには存在しなかった事の証明として挙げられた。しかし駄洒落に使用された単語は原語においても充分に響きが似通っていると主張する研究者もいる。アンカーバイブルは「yew(イチイ)」と「hew(切る)」、そして「clove(チョウジノキ)」と「cleave(切り倒す)」を用いて英語に置き換えている。また他の研究者は駄洒落はギリシアの翻訳者によって書き加えられたもので、原書には存在しなかったと主張する。

ギリシア語のテキストは2種類が残存している。七十人訳はキージ写本でのみ見られる。テオドティオン版はローマ・カトリック教会の聖書で見る事ができる。これらはダニエル書の部分と考えられ、旧約聖書稿本のダニエル書の冒頭に置かれた。ヒエロニムスは、この物語をヘブライ語聖書で見つける事が出来ないという指摘と共にダニエル書の最後に置いた。セクトゥス・ユリウス・アフリカヌス (Sextus Julius Africanus) は、これを除外した。ヒエロニムスはヴルガータを翻訳する際、この節を正典には含まれない寓話と見なした[3]。彼の序論では「スザンナ」はダニエル書の原書のようにヘブライ語で書かれず、ギリシア語で書かれているため正典として認められない追加文書であると指摘されている。オリゲネスはこれを外典ではなく、何らかのユダヤの慣習により隠匿されたものと見ている。古い時代には物語に対するユダヤ人による言及が全く存在しない。

¥1,460

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イコン聖人女性  ジュリアナ オルシャンスキー王子の娘 7.5×6センチ厚み5ミリ 3016-40

¥1,460

  • 在庫切れ

イコン聖人女性 ズラタ(クリュセ)ブルガリアの殉教者  7.5×6センチ厚み5ミリ 3016-42

ズラタ・オブ・マグレン(Bulg。 ズラタMglenska、マケダ。 ズラタMeglenska、ギリシャ。 Χρυσῆと、d。年10月13 1795年) -によって崇拝正統派の聖人、セルビアとブルガリア教会とグレート殉教者。10月13日と10月18日にメモリが確定します(ユリウス暦による)。

バイオグラフィー

サン・スラタの人生は、1799年にニコデモス・スヴャトゴルスク牧師によって、殉教の証人であったアーチプリエスト・ティモシーの言葉から書かれた簡単なギリシア人の生活から知られています。彼によれば、ズラタはSlatina(Pellaの名のもとにある現代のギリシャのクリス村)の村に住んでいました。彼女は貧しいキリスト教徒の家族から来て、3人の姉妹を抱えていた ズラタは彼女の美しさで区別され、彼女を誘拐し、彼女と結婚することを約束イスラムに変換するように説得しようとしたタークの注目を集めた。ズラタは拒否され、トルコの女性たちは彼女に、刑罰の脅威によって強制された彼女の親戚だけでなく、彼女の信仰を変えるよう説得しようとした。ズラタは説得に屈しず、拷問にさらされた。彼女は棒で殴られ、彼女は皮膚から切り取られ、彼女は焼かれて彼女の顔が焼かれた。村には、スラブロニタ・ティモフィー(Stavronikita Timofey)のアトス修道院があり、そこにはズラータが彼女のために祈りを求めたが、彼女は彼女を目撃した殉教。すべての拷問の後、女の子の柔軟性を見ると、トルコ人は彼女を梨で吊るし、お互いに競い合って、彼女の体をセーバーで切りました。ズラタは仲間の村人たちに密かに埋葬されていた。で1912それはとしてランク聖人。

セント・ズラタは、特にマケドニアとブルガリアで崇拝されています。アイコン上で彼女は全国ブルガリアのウェディングドレスの若い女の子として描写されています。

¥1,460

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イコン聖人女性  ゾエ 聖セバスチャンの働きかけで改宗 7.5×6センチ厚み5ミリ 3016-43

Martyr Zoeは、通常、Saint Sebastianと一緒に言及されています。ゾーイはセバスチャンの看守であったニコストラタスと結婚した。彼女は彼女が6年間話すことを妨げた状態に悩まされていた。彼女は聖セバスチャンを見た彼女は、地面に落ちたと言われて、聖人に彼女が癒されたかったことを告げる。彼女は十字架のサインをした後、彼女の苦しみから癒され、彼女は現場でキリスト教徒になった。それだけでなく、目撃したすべての人々も信者になりました.Nicostratusも含まれていました。

ペアはセバスチャンにバプテスマを頼んだ。聖人は国家の代わりに神に仕えるようニコストラタスに勧めました。長い会話の後、聖人は、ゾーとノコストラトゥスがバプテスマを受けるという彼らの望みについて誠実であることに気付きました。結局、夫婦はバプテスマを受けるようになり、主に仕えました。聖ゾーは逮捕され、キリストを捨てるように求められました。代わりに、彼女は彼のために彼女の愛を告白しました。彼女は大きな火の煙の上にぶら下がって殉教した。彼女の死後、彼女の体はティベール川に投げ込まれた。

¥1,460

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イコン聖人女性 タチアナ 古代ローマの殉教者  7.5×6センチ厚み5ミリ 3016-8

ヴァージン、殉教者

出生 ローマ

死亡 226-235 ローマ

で賛美された ローマカトリック教会東正教会

祝宴 1月12日

属性 殉教者の 十字架、またはそれに2つの目を持つプレートを 持って示されています

守護 学生の聖者タチアナは、3世紀のローマ時代のキリスト教徒の 殉教者であり、アレクサンドル・セヴェロス皇帝の治世中にあった。彼女は初期の教会の執事でした。

伝説によると、彼女は密かにキリスト教徒であったローマの公務員の娘であり、娘は信仰の中で育てられ、教会の執事になった。これは危険で、ある日、法学者UlpianはTatianaを捕らえ、彼女にアポロを犠牲にさせようとしました。彼女は祈って、奇跡的に、地震がアポロ像と寺院の一部を破壊しました。

その後、タチアナは盲目になり、2日間殴られ、サーカスに持ち込まれ、空腹のライオンとともにピットに投げ込まれた。しかし、ライオンは彼女に触れておらず、彼女の足元に寝ていませんでした。これにより死刑判決が言い渡され、拷問された後、タチアナは1月12日に紀元 225年または230 年頃に剣で斬首された

¥1,460

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イコン聖人女性  タマル ジョージアの王女 7.5×6センチ厚み5ミリ 3016-4

タマル・バグラティオニ(თამარი, Tamar Bagrationi, 1160年? - 1213年、在位:1184年 - 1213年)は、バグラティオニ朝(英語版)グルジア王国の女王。名はタマラ、タマーラとも記される。グルジア王国の最盛期を現出した。セルジューク朝を駆逐して領土を拡大し、グルジア王国の版図を南カフカース全域にまで広げた。また、トレビゾンド帝国の建国(1204年)を助けた。

目次

1 人物・略歴

2 内政と文化

3 軍事・外交 

4 脚注

5 参考文献

6 関連項目

人物・略歴[編集]

父ギオルギ3世(在位:1156年 - 1184年)より1178年に共同統治者に任命される。1184年にギオルギ3世が死んだ後、単独でグルジア史上初めての女王となる。最初の夫、ロシア人アンドレイ・ボゴリュブスキー大公の息子ユーリー(ギオルギ)とのあいだには子がなく、離縁した後、1189年に結婚した次の夫、オセット人ダヴィト・ソスランとのあいだに息子ギオルギ(後のギオルギ4世、在位:1212年 - 1223年)と娘ルスダン(後の女王、在位:1223年 - 1245年)をもうけた。

死後、正教会によって聖人に列されている。現在流通している50ラリ紙幣に肖像が使用されている。

¥1,460

  • 在庫切れ

イコン聖人女性 ニカ(ヴィクトリヌス)聖クアドラトゥスと殉教  7.5×6センチ厚み5ミリ 3016-15

¥1,460

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イコン聖人女性  ニノ ジョージア正教会で崇敬される 7.5×6センチ厚み5ミリ 3016-22

聖ニノ(せいニノ、グルジア語: წმინდა ნინო, ギリシア語: Αγία Νίνω, ロシア語: Святая Нина, 英語: St. Nina (or St. Ninny)、296年 - 338年もしくは340年)、もしくはグルジアの亜使徒光照者 ニノ(グルジアのあしとこうしょうしゃ ニノ)は、4世紀のグルジア(ジョージア)にキリスト教を伝道・紹介した女性である。「ニノ」はグルジア語からの転写。英語・ロシア語表記からは「ニーナ」と転写し得る

崇敬

正教会、特にグルジア正教会および東方諸教会・カトリック教会で崇敬される。英語・ロシア語の表記から「ニーナ」とも転写され、日本正教会では「ニーナ」が一般的であるが、グルジア語での発音は「ニノ」が近い。

ユリウス暦を使用する正教会では1月27日、修正ユリウス暦を使用する正教会・グレゴリオ暦を使用する諸教会では1月14日に記念される。

多くの広く伝えられる伝承によれば、彼女はカッパドキアのコラストラ(Kolastra)出身であり、聖ゲオルギウスの親類であり[1]、コンスタンディヌーポリ(コンスタンティノープル)からグルジア(コーカサス・イベリア(Iberia))に来たという。他の伝承によれば、彼女はローマ、エルサレムもしくはガリア出身であるという[2]。彼女は奇蹟的な癒しを行い、グルジアの女王ナナ、続いて、狩猟旅行中に闇の内に失明したが「ニノの神」に祈った後で道を見出した、異教徒のイベリア王ミリアン3世(Mirian III of Iberia)を改宗させ、ミリアンはキリスト教を327年に国教とし、ニノはグルジアにおける伝道活動を死ぬまで続けた。

彼女の墓は東部グルジアのカケティ(Kakheti)にあるボドベ修道院(Bodbe Monastery)にある。聖ニノはグルジア正教会にあって最も崇敬される聖人の一人であり、彼女を象徴する葡萄十字はグルジアのキリスト教のシンボルである。

¥1,460

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イコン板絵 4016-5 聖ニノ 14.5×10 厚み17ミリ

¥9,500

  • 在庫切れ

イコン聖人女性  ノンナ 聖グレゴリオの母 7.5×6センチ厚み5ミリ 3016-50 聖ノンナ

聖ノンナ、聖グレゴリーの母神学者

8月5日に記念撮影

セント・グレゴリーの神学者であるセント・ノンナは、キリスト教徒の敬虔な態度で彼女を育てたフィリタトスとゴルゴニアというキリスト教徒の娘でした。セント・ノンナは、イニテルムの司教セント・アンフィルロシウスの叔母でもありました。

聖アンナはグリアゴリとアリアンツとの間に結婚しました。彼はアリアンツとナチアノスの土地の豊かな土地所有者でした。残念なことに、結婚はセント・ノンナの聖なる魂に大きな惨さをもたらしました。彼女の夫は異教徒であり、最上級の神を崇拝し、特定のユダヤの儀式を観察しながら、同時に崇拝する崇拝者(Hypsistarii)の宗派の信者であった。

¥1,460

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日