聖人女性 はひふへほ まみむめも

イコン聖人女性  ヴァシリッサ(バッシリサ) ニコメディアの子供殉教者 7.5×6センチ厚み5ミリ 3016-32

聖マーティー・ヴァシリッサВасилиссаНикомидийская

子供の聖者うまれた 300死亡しました 309 

ニコメディアで賛美された ロシア正教会、ローマカトリック教会

祝宴 9月16日

Vasilissa(300-309)は、ロシア正教会によって子供殉教者として崇拝されています。伝統によると、彼女は苦しんで、殉教小さな子供だったニコメディア長くないの死後、アンティマス。ロシア正教の伝統によると、拷問者は全身を傷で覆ったが、彼女はイエス・ キリストに忠実であった。

彼女はまた、火事で野生動物の前で拷問されましたが、まだ無傷のままでした。彼女の拷問人、アレキサンダーは、これらの不思議を見て、悔い改めてキリスト教徒になった。バシリッサは畑に出て膝の上に落ちて、神に祈り、拷問の下で耐え忍んでくれたことに感謝し、祈っているうちに殺されました。彼女は309年に亡くなりました。

¥1,460

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イコン聖人女性  フォティナ(スヴェトラーナ)サマリア人の殉教者 7.5×6センチ厚み5ミリ 3016-12

聖マーティラーPhotina(Svetlana)サマリア人女性、彼女の息子ビクター(Photinus)とジョセフ。と彼女の姉妹Anatola、Phota、Photis、Paraskeva、Kyriake; Neroの娘Domnina。セバスチャン殉教者:聖なる殉教者フォトニナは救い主がヤコブの井戸で会話したサマリア人の女性でした(ヨハネ4:5-42)。

聖人フォトニナは、キリスト教徒に対して過酷な残虐行為を示したネロ皇帝(54-68)の時代に、カルテージに若い息子ジョゼと一緒に住み、そこで恐れることなく福音を宣べ伝えました。

¥1,460

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イコン聖人女性  ペラギア エルサレムの聖ペラギア 7.5×6センチ厚み5ミリ 3016-41

贖罪者ペラギア(英: Pelagia the Penitent, ? - 457年頃)またはエルサレムのペラギアは、5世紀頃の役者、踊り子。キリスト教の贖罪者で、カトリック教会および正教会で聖人である。記念日は10月8日。聖ペラギア(羅: Sancta Pelagia)ともアンティオキアのペラギア(羅: Pelagia antiochena)とも遊女ペラギア(英: Pelagia the Harlot)とも呼称される。15歳で殉教した少女ペラギアとしばしば混同される

ヤコボスが記した『ペラギア伝』によると、アンティオキアでマルガリタまたはマリナを名乗っていた踊り子、役者とされる。放蕩をして暮らしていたが、エジプトの司教ノンヌス(聖ノンヌス、Nonnus)と出会い回心した後、ペラギウス (Pelagius) と名前を変え男装の修道士となり、エルサレムのオリーブ山において隠遁し贖罪して暮らしたとされる。聖人伝についての詳細は後述するが、伝えられているペラギアの贖罪と忍耐の物語はエジプトのマリアやマグダラのマリアの物語との類似がみられる

¥1,460

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イコン聖人女性  ベレニス シリアの聖ドムニナの娘 7.5×6センチ厚み5ミリ 3016-33

サン・ベレニスはサン・プロソードの姉妹であり、サン・ドムニナの娘でした。彼らは家庭や家族を離れ、メソポタミアの平原にあるエデッサに定住しました。

異教徒であったベレニスの父と夫は、シリアのヒエロポリスに女性を連れて行った。兵士たちは休息して食べると、ワインを飲んだ。この機会を利用して、女性たちは逃げ出し、川に溺れました。

聖ヨハネ・クリソストム(PG 50,629-640)によれば、ドムニナは川の真ん中に立って、娘たちを水の中に連れてきた。彼女は兵士たちが強姦しようと恐れていたからだ。聖ヨハネはドミニナの勇気を称賛し、ベレニチェとプロソードは服従を称賛します

¥1,460

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イコン聖人女性 ベレニス シリアの聖ドムニナの娘  7.5×6センチ厚み5ミリ 3016-21

サン・ベレニスはサン・プロソードの姉妹であり、サン・ドムニナの娘でした。彼らは家庭や家族を離れ、メソポタミアの平原にあるエデッサに定住しました。

異教徒であったベレニスの父と夫は、シリアのヒエロポリスに女性を連れて行った。兵士たちは休息して食べると、ワインを飲んだ。この機会を利用して、女性たちは逃げ出し、川に溺れました。

聖ヨハネ・クリソストム(PG 50,629-640)によれば、ドムニナは川の真ん中に立って、娘たちを水の中に連れてきた。彼女は兵士たちが強姦しようと恐れていたからだ。聖ヨハネはドミニナの勇気を称賛し、ベレニチェとプロソードは服従を称賛します

¥1,460

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イコン聖人女性  マリアナ 十二使徒フィリップの姉妹 7.5×6センチ厚み5ミリ 3016-26

フィリップの第12回使徒の姉妹である聖なる正しいメアリー(マリアムナ)は、西暦1世紀のキリスト教徒の禁欲 使徒フィリップとバルトロメウがキリストのために殉教を受けたとき、正義のメアリーは彼女の平和な死まで、キリストの信仰を主張して説教したリカオニアに行きました。

フィリップ12世の使徒の姉妹である聖なる正義のメアリーの祈りが、聖書の真実を読んで学ぶことを含め、霊的成長を求めるすべての人に役立ちます。独身の誓いを受けた聖なる正義のメアリーは、使徒の使命の道に兄弟の使徒を伴い、殉教者が死んだ後、彼女は自分の兄弟の仕事を続けて、しばらくの間キリストの信仰を説きました。神の王国は力で奪われ、正義のマリアはわたしたちの祈りを通して、主と聖なるテオトコスを私たちのために祈って、霊的働きの力を与え、時には物理的な力を集めるよりも上の助けなしで見つけるのが難しい場合があります。もちろん、正義のマリア、すなわちマリアムナは、この聖なる名の中でバプテスマを受けている人たち、特に霊的価値を得ること、そしてもちろん困難な状況や出来事、

記念日: 2月17日/ 3月2日。

¥1,460

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イコン聖人女性 マリナ(マルガリタ)アンティオキアのマルガリタ  7.5×6センチ厚み5ミリ 3016-27

アンティオキアのマルガリタ

他言語表記 Margherita di Antiochia(イタリア語)

生誕 不詳アンティオキア

死没 304年崇敬する教派 正教会非カルケドン派カトリック教会聖公会

記念日 7月20日(正教会では同17日)

守護対象 妊婦、出産、腎臓病、農民、看護師、亡命者、悪魔からの逃亡、マルタ、イングランド、クイーンズ・カレッジ (ケンブリッジ大学)

聖マルガリタまたはアンティオキアのマルガリタ(ラテン語:Sancta Margarita Antiochena、イタリア語:Margherita di Antiochia、英語:Margaret of Antioch、? - 304年)は、正教会・非カルケドン派・カトリック教会・聖公会で聖人。乙女殉教者。西方教会での記念日は7月20日。正教会では7月17日(ユリウス暦を使用する正教会では7月30日に相当)が記憶日であり、聖大致命女マリナ(ギリシア語:Μαρίνα)と呼ばれる。

¥1,460

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イコン聖人女性 マリナ(マルガリタ)アンティオキアのマルガリタ 7.5×6センチ厚み5ミリ 3016-28

アンティオキアのマルガリタ

他言語表記 Margherita di Antiochia(イタリア語)

生誕 不詳アンティオキア死没 304年

崇敬する教派 正教会非カルケドン派カトリック教会聖公会

記念日 7月20日(正教会では同17日)

守護対象 妊婦、出産、腎臓病、農民、看護師、亡命者、悪魔からの逃亡、マルタ、イングランド、クイーンズ・カレッジ (ケンブリッジ大学)

聖マルガリタまたはアンティオキアのマルガリタ(ラテン語:Sancta Margarita Antiochena、イタリア語:Margherita di Antiochia、英語:Margaret of Antioch、? - 304年)は、正教会・非カルケドン派・カトリック教会・聖公会で聖人。乙女殉教者。西方教会での記念日は7月20日。正教会では7月17日(ユリウス暦を使用する正教会では7月30日に相当)が記憶日であり、聖大致命女マリナ(ギリシア語:Μαρίνα)と呼ばれる。

¥1,460

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イコン聖人女性  マリヤ エジプトの聖マリア 7.5×6センチ厚み5ミリ 3016-29

エジプトの聖マリア克肖女

生誕 不明エジプト

死没 教派毎に異なる伝承があるパレスチナ

崇敬する教派 正教会非カルケドン派カトリック教会聖公会

記念日 ・正教会:4月1日(ユリウス暦を使用する正教会では4月14日に相当)、および大斎の第5主日・カトリック教会:4月3日

エジプトの聖マリア(エジプトのせいマリア)[1]は、東方諸教会、正教会、カトリック教会、聖公会のいずれでも崇敬されるキリスト教の聖人。

特に正教会で、第一の聖人たる生神女マリヤ(聖母マリア)に次ぐ第二の聖人とも呼ばれ、極めて篤く崇敬されている。

生没年がはっきりしておらず(後述)、6世紀初め頃の聖人と正教会では伝えられているが、カトリック教会では5世紀初め頃の聖人と伝えられており、東西教会間で伝承される年代に相違がある。ただし東西教会の分裂がはっきりする前の時期の聖人である事はいずれの年代によっても確実であるという事もあり、東西両教派のいずれの聖伝・伝承においても、伝えられている彼女の生涯に関する内容(淫蕩の生活から、修行と苦難を経て高徳の聖人へ)は共通している。

その波乱に満ちた生涯は、古くから現代に至るまで、様々な藝術作品・文学・音楽作品に用いられる題材となっている(後述)。

日本正教会の祈祷書ではエギペトの聖マリヤと呼ばれる[2]。エギペトとはエジプトの事で、ギリシャ語の"Αίγυπτος"(エギプトス:中世以降の読み)が中世にスラヴ語圏に入った際に教会スラヴ語・ロシア語においてЕгипет(エギペト)と転写されたものが片仮名に転写されたものである。ちなみに「エジプト」は英語由来の転写である。正教会では「克肖女」の称号も付され、「エギペトの克肖女聖マリヤ」として記憶される。

¥1,460

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イコン聖人女性 マルファ ベタニアのマリアの姉  7.5×6センチ厚み5ミリ 3016-23

¥1,460

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イコン聖人女性 メラニア エルサレムに女子修道院を設立  7.5×6センチ厚み5ミリ 3016-30

セント・メラニアは 22歳の未亡人になった後、独身の誓約をして、彼女の財産のほとんどを譲り渡し、慈善目的に捧げました。彼女はエルサレムに行き、そこで聖ジェロームと会って修道院を建てました。彼女はかなり横柄な人格を持ち、彼女の孫娘との関係はやや緊張していた。彼女は410歳で亡くなり、長老のメラニアとして知られています。

¥1,460

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日