イコン男性聖人 はひふへほ まみむめも

イコン男性聖人 カイサリアの聖人 パソレイオス 7.5×6センチ厚み5ミリ 1016-17

カイサリアのバシレイオス(カエサレアのバシリウス)(ギリシア語: Βασίλειος Καισαρείας, ラテン語: Basilius Caesariensis, 330年頃 - 379年)は、ギリシャ教父、4世紀の最も重要なキリスト教神学者の一人である。カイサリア(現在のカイセリ)の主教(司教)を勤めたことからこの名があり、大バシレイオス(ギリシア語: Μέγας Βασίλειος, Άγιος Βασίλειος ο Μέγας, ラテン語 : Basilius Magnus)とも呼ばれる。聖人の概念を持つ全ての教派で、聖人として崇敬されている。三位一体論の形成など異端反駁の一方、正教会で用いられる聖体礼儀の奉神礼文を整備したことでも知られる。日本正教会での正式な称号を伴った呼び名は「我が聖神父カッパドキヤのケサリヤの大主教大ワシリイ」[1]。バシル、聖バシルとも。

¥1,460

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イコン男性聖人 セバステの四十聖人殉教者の一人 ヴァレリア(バレリア) 7.5×6センチ厚み5ミリ 1016-24

¥1,460

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イコン男性聖人 チェコの王子 ヴァチェスラフ(バチェスラフ)  7.5×6センチ厚み5ミリ 1016-20

¥1,460

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イコン男性聖人 ヴェレイヤの大司教 ヒラリオン  7.5×6センチ厚み5ミリ 1016-12

¥1,460

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

イコン男性聖人 ガザの聖人 ヴィタリス(ビタリス)  7.5×6センチ厚み5ミリ 1016-1

ヴィタリーアレクサンドリアの誕生

ガザ、パレスチナの国死 VII世紀

アレクサンドリア名誉ある 中正教とカトリック教会

記念日 正教会(ででユリウス暦 1月11日(ギリシャの教会)、4月22日( - )ロシア正教会)、カトリック教会で- 1月11日黙想 説教師

ビタリアレクサンドリア(VII C) - キリスト教の顔に尊敬聖人のSTS。メモリが構成されています。中に正教会(でユリウス暦) - 1月11日(ギリシャの教会)、4月22日(ロシア正教会)、にカトリック教会  - 1月11日。

聖ヴィタリの伝記は、レオン・ネオポリータンが 7世紀に書いたアレクサンドリア総主教聖ヨハネの人生の一部です。ヴィタリー話のロシア語のソースは古いロシアに含まれていたプロローグ 4月22日で、そして中グレートchetyahミン市メトロポリタンマカリウスは、その日に置かれた「牧師mniseヴィターレの言葉は、化工はアレクサンドリアに彼のセル、井田を離れると娼婦を救いました。」

¥1,460

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イコン男性聖人 ローマ兵士 ダマスカスで殉教 ヴィクター(ビクター)  7.5×6センチ厚み5ミリ 1016-4

¥1,460

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イコン男性聖人 プスコフの聖人 フセヴォロド 7.5×6センチ厚み5ミリ 1016-21

¥1,460

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イコン男性聖人  ポリスとグレブ 洗礼名 ロマンとダヴィド 7.5×6センチ厚み5ミリ 1016-33

ボリスとグレブ死没 1015/9年

崇敬する教派 正教会東方典礼カトリック教会

列聖日 1071年主要聖地 ヴィーシュホロド

記念日 3月2日

7月24日(ボリス)

9月5日(グレブ)

ボリスとグレブ、洗礼名ではロマンとダヴィドは、11世紀初期に没したキエフ大公国の人物で、当国の最初期のキリスト教の聖人である。11世紀に書かれたふたつの『ボリスとグレブ伝』(それぞれ年代記作家ネストルと修道士ヤコブの作とされる)では、ふたりはキエフ大公ウラジーミル1世の息子であり、かつ大公の最愛の子供たちであるといわれる。二人は、大公の死後、1015年から1019年にかけて行われた公位継承戦争のなかで殺害され、1071年にルーシの正教会により列聖された。正教会だけでなく東方典礼カトリック教会でも崇敬される。

¥1,460

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イコン男性聖人 ポリス 聖グレブの兄弟 7.5×6センチ厚み5ミリ 1016-36

¥1,460

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イコン男性聖人  マクシモス ギリシャの聖人 7.5×6センチ厚み5ミリ 1016-46

聖マクシモス(580年頃 - 662年8月13日、ギリシア語: Μάξιμος ο Ομολογητής, ラテン語: Maximus Confessor, 英語: Maximus the Confessor)は、キリスト教の神学者であり修道士。正教会・カトリック教会・聖公会・ルーテル教会で聖人。マクシムス、マクシム、マキシモス、マキシムとも転写される。

ギリシア教父の一人に数えられる。

各言語のΟμολογητής・Confessorの部分は、日本正教会では表信者[1]、日本のカトリック教会では証聖者と訳される[2]。正教会では克肖表信者聖マクシムとも呼ばれ[3]カトリック教会では証聖者マクシモスと呼ばれる。 学問研究者によっては教派色をさけるため、告白者マクシモスと訳されることもある。

単意論への反駁で知られる

¥1,460

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

イコン男性聖人 マクシモス ギリシャ教父の一人  7.5×6センチ厚み5ミリ 1016-56

聖マクシモス(580年頃 - 662年8月13日、ギリシア語: Μάξιμος ο Ομολογητής, ラテン語: Maximus Confessor, 英語: Maximus the Confessor)は、キリスト教の神学者であり修道士。正教会・カトリック教会・聖公会・ルーテル教会で聖人。マクシムス、マクシム、マキシモス、マキシムとも転写される。

ギリシア教父の一人に数えられる。

各言語のΟμολογητής・Confessorの部分は、日本正教会では表信者[1]、日本のカトリック教会では証聖者と訳される[2]。正教会では克肖表信者聖マクシムとも呼ばれ[3]カトリック教会では証聖者マクシモスと呼ばれる。 学問研究者によっては教派色をさけるため、告白者マクシモスと訳されることもある。

単意論への反駁で知られる

¥1,460

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イコン男性聖人  マルティヌス一世 第74代ローマ教皇 在位649~653年 7.5×6センチ厚み5ミリ 1016-55

聖人 マルティヌス1世第74代 ローマ教皇

教皇就任 649年7月5日教皇離任 653年

先代 テオドルス1世次代 エウゲニウス1世

個人情報出生 不明

東ローマ帝国ウンブリアトーディ近郊

死去 655年9月16日

東ローマ帝国ケルソンその他のマルティヌス

マルティヌス1世(Martinus I、? - 655年9月16日)は第74代ローマ教皇(在位649年7月5日 - 653年)。カトリック教会・正教会で聖人で、カトリック教会での記念日は4月13日[1]。日本のカトリック教会では聖マルティノ一世[2]、聖マルチノ1世教皇殉教者[1]などとも呼ばれる。

東ローマ帝国皇帝コンスタンス2世が両性単意論を支持する勅令(テュポス)を発布した際、ラテラン教会会議でこれを異端と決議したため、653年に東ローマ帝国のラヴェンナ総督府によって捕縛された上コンスタンティノープルに連行された。裁判の結果、クリミア半島のケルソンに配流され、その地で没する。

彼の逮捕は、7世紀の半ばになってもコンスタンティノープルの皇帝の権威・権力が西方にも及んでいたことを示す一つの例である。

¥1,460

  • 在庫切れ