ラサレットの聖母

ラ・サレットの聖母 (フランス語: Notre-Dame de La Salette) は、1846年9月19日、フランスのラ・サレット (La Salette) において牛飼いの少女メラニー・カルヴァ (Melanie Calvat) と11歳の牛飼いの少年マクシマン・ジロー (Maximin Giraud) の2人の子供が報告した聖母の出現である

泣いている貴婦人

1846年にはラ・サレットの村は8個から9個の小さな集落が散らばった状態で村として成り立っていた。人口は約800人ほどで、主に小規模な農家たちの集落であった。家族経営の小規模な農民が主であった。1846年9月19日の土曜の夜、マクシマンとメラニーは、牝牛の見張りをしながら山から帰ると、そこに「美しい女性が山でひどく泣いているのを目撃した。」と報告した。彼らが語った詳細によると、彼らは座って休みながら肘と手で顔を覆っている彼女の顔の傍らに座った。彼女の服装は、真珠がちりばめられている白いローブで装われ、そして、金色のエプロン、足には白い靴と大きな頭の飾りとバラの花、小さなチェーンで彼女の首から下がる十字架像を身につけていた。

彼らの説明によれば、正しいフランス語で、それから彼ら自身の方言で最初に彼らと話した。その時も彼女は泣き続けていた


ラ・サレットの聖母(フランス語:ラSaletteデノートルダムは)二人の子供が報告し、(マクシマン・ジローとメラニー・カルバット)で発生したご出現である。Salette-Fallavaux、フランス 1846年。

1851年9月19日、教皇ピオ9世は公然の献身とラ・サレットの聖母への祈りを正式に承認し、その幻影のメッセージを「秘密」と呼びました。1852年8月24日、教皇ピオ9世は再びラ・サレットへの祭壇の建設について述べました。同じ教皇勅書は、1852年9月7日に正式にラ・サレットの聖母の協会の基盤を、付与された[ 要出典 ]

1879年8月21日に、教皇レオ13世は正式にラサレットの聖母大聖堂での聖母マリアの像への正規の戴冠式を授与しました。彼女の幻影の間に聖母のその伝統的な描写で使われた太陽型のティアラの代わりに、ロシア風のティアラがそのイメージに与えられました。

ラ・サレットの聖母に捧げる聖域もあり、オリヴェイラ・デ・Azeméisは、でポルトガル、神社エンフィールド、ニューハンプシャー州、およびアトルボロ、マサチューセッツ、米国、彼らのクリスマスライト、チャペルのために知られている両方のサンミゲルデアジェンデ、グアナファトで、メキシコ。

イタリア パウチご絵  ラサレットの聖母  11、5×7センチ

箔線ご絵カードをパウチ加工しています。折れずに保管できます。

¥420

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イタリアメダイ LAL 138 M.la Salette ラサレットの聖母

メダイ縦20ミリ トップまで25ミリ 横15ミリ 金属合金

¥100

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日