尊者 福者

尊者(そんしゃ、ラテン語: Venerabile、 Ven.)とは、カトリック教会において、列聖を最終的な目的とする調査の開始を宣言された後、様々な調査によって、その人物の生涯が英雄的、福音的な生き方であったことを公認した時につける敬称。正教会の克肖者に相当する。

列聖のための調査業務は、ローマ教皇庁の組織である列聖省が取り扱う[1]。まず、同省がある人物の列聖調査の開始を宣言すると、その人は「神の僕」(かみのしもべ)と呼ばれ、調査の結果、尊者としての要件を満たすと公認されると尊者と宣言される。

尊者についてさらに調査が行われ、「徳ある行為あるいは殉教によりその生涯が聖性に特徴づけられたもの」であると証されたときには、所定の手続を経て、福者の列に加えられる(列福)。列福の後、さらに厳密な調査が行われ、所定の手続を経て「生存中にキリストの模範に忠実に従い、その教えを完全に実行した人」と公認されると、聖人の列に加えられる(列聖)

尊者ドロシーデー

 

ドロシーデーは1930年代にカトリック労働者運動の創設者でした。特定の宗教的信念を持って日を上げることはしませんでした。彼女は時折、聖公会教会の礼拝に出席しましたが、10代の若者としての信仰を失いました。デイは社会秩序に非常に関心があり、変更を加える必要があると強く感じ、彼女はそれをジャーナリズムを通して推進しました。その日のカトリックへの回心は、彼女がニューヨークで働いている間に起こりました。改宗後、彼女はカトリック社会教育の最も影響力のある運動に発展したカトリック労働者新聞を創設しました。

グレナダの尊者ルイ

 

グレナダの由緒あるルイは有名な神学者そして作家です。彼は19歳でドミニカ共和国の命令に加わり、すぐに深い精神的な性格を示しました。由緒あるルイ・グレナダは、多くの人がケンピスのキリストの模倣に匹敵していた「罪人の手引き」を含む彼の禁欲的な執筆のすべてで有名になりました。  

アグレダの尊者マリア

 

Agredaの由緒あるMaryは神の神秘的な都市の作者です。この本は、天の町のマリアと三一の神についての6巻からなる、聖母マリアからの長い啓示です。アグレダの由緒あるメアリーは、聖餐を受けた後に宗教的な恍惚感を経験することが彼女の人生の間に知られていました。

聖母の騎士社 チェ キドン爺さんの話

2009年6月に韓国のコットンネで、カトリックの聖霊による刷新の国際的機関であるICCRSの主催による世界大会が、「実行する愛」Love in Action をテーマに開かれました。その際に、参加者一人ひとりに配布されたのが、この「コットンネ物語」でした。(邦訳者による「あとがき」より)

¥1,296

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

福者

福者(ふくしゃ ラテン語: beātus (男性形), beāta (女性形)、スペイン語: Beato)は、カトリック教会において、死後その徳と聖性を認められた信者に与えられる称号。この称号を受けることを列福という。その後、さらに列聖調査がおこなわれて聖人に列せられることもある。

福者とされるまで

選考には二段階の審査を経る。まず第一段階では、管区大司教により生前の功績や残された著書が調査される。殉教者以外は、功績の中に奇跡の取次ぎがあった方が望ましい。第二段階では、列聖省で調査が行われ、最終的にローマ教皇によって列福宣言がされる。通例、これらの手続きには早くても本人の死後数十年を要する。ただし、生前から聖女とたたえられたマザー・テレサ、長期にわたる在位で全世界を司牧し、信徒のあいだで圧倒的な人気のあったヨハネ・パウロ2世など、死後数年にして列福された例もあり、この点は生前の人望や人気に左右される性質のものである。ヨハネ・パウロ2世の列福の手続きが異例の早さで進められたのは、後継教皇のベネディクト16世の意向が強く働いていた。

福者に対する信心は、殊に関係の深い地域の教会での典礼において許可されている。ただし全世界の教会の典礼で公的に記念する義務はない。

すべての福者はその記念日を持っており、通常は当人が死去した日をそれに当てる。

福者 高山右近は こちら

女子パウロ会 信じるものの 小さなことば

カード式らせん綴じミニ本。

神を信じ、ただひたむきに自分に与えられて使命を生き続けた人 シスターテクラ・メルロ。彼女の、単純だが心に響く祈りの言葉を、つづった小さな本。

初版発行:1994年2月5日

6刷発行:2012年4月2日

著者等紹介

著者:

シスター・テクラ・メルロ(Sister Tecla Merlo)

1894年イタリアに生まれ、1964年帰天。

1915年、アルベリオーネ神父と共に時代に先駆けてマスメディアによる福音宣教に献身する聖パウロ女子修道会を創立。

生涯を神と人々への奉仕に生きて、現在カトリック教会で、その聖なる生涯を確証するための調査が続行中。

画家:

矢野滋子(やの しげこ)

聖パウロ女子修道会会員。

¥669

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イコン 聖ブロニスワフ

寸法:約8.5 x 6 cm祝福されたBronisławMarkiewiczBronisławBonawentura 

Markiewicz長老

生年月日と出身地 1842年 7月13日プルシニック

死の日 1912年1月29日名誉ある カトリック教会至福 2005年6月19日

ワルシャワ、ジョゼフ・グレンプ[ベネディクト16世の代理

メモリ 1月30日

特別な礼拝場所 聖者の聖域 MichałArchaniołaand Bl。Miejsce Piastoweの BronisławMarkiewicz

ウィキメディア・コモンズのマルチメディア

ウィキクォートの引用

ボナベンチャーブロニスワフMarkiewicz(B。13年7月1842年でPruchnik、D。29年1月 1912年で置きPiastowe) -ポーランド司祭 カトリック、の創設者聖ミカエルの信徒(CSMA)、教育者は、祝福された カトリック教会

¥970

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

イコン 福者ジョージアレクサンダー

寸法:約8.5 x 6 cmジョージ・アレクサンダー・PopieluszkoアルフォンスPopieluszko前に、9月14日1947年におけるトレンチ、D。19年10月1984年の中Wloclawekの) -ポーランドの司祭 ローマカトリックの牧師ワルシャワの"連帯"、ディフェンダー人権の共産主義の役員によって殺害、セキュリティサービス、祝福と殉教者 カトリック教会の。ホワイト・イーグル勲章で死後飾られています。

¥970

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

福者ルーペルト・マイヤー ご絵

福者ルーペルト・マイヤー

司祭

生誕 1848年1月23日

死没 1945年11月1日

列福日 1987年

列福決定者 ヨハネ・パウロ2世

ルーペルト・マイヤー(Rupert Mayer 1848年1月23日[1] - 1945年11月1日)は、カトリック教会イエズス会の司祭、福者。妹は聖心会修道女ヘルマナ・マイヤー。

生涯[編集]

マイヤーはドイツ・シュトゥットガルトの中流家庭に生まれ育ち、幼少時から司祭になる意思を持ちイエズス会を志望した。しかし父親は教区司祭になることを望み、教区司祭を経て24歳の頃、イエズス会に入会した。

ミュンヘンで33年間勤め、1914年、第一次世界大戦が勃発、従軍司祭として戦地に赴き、傷病兵士を励まし、自分は爆弾で右足切断を余儀なくされ、義足で過ごすことになる。

ミュンヘンに帰り司祭として信者、青年を援助し、また共産党の集会に行き議論を交わしたりした。その中にのちにナチスを率いるアドルフ・ヒトラーがいた。

ナチス政権時代が始まり、マイヤーはナチスの危険性を見抜き、彼らに対し「カトリック信者はナチスにはなり得ない」と自らの危険を顧みず宣言した。

1937年、マイヤーは逮捕され5ヶ月監禁されたが釈放され、のちに説教し1938年、再逮捕。ナチスからの禁令にも係わらず拒み、1939年、ベルリン北方のザクセンハウゼン強制収容所に送られる。収容所先で健康を損なうがナチスは先の大戦の功労者を処刑することを恐れ、ミュンヘン南のベネディクト会の修道院に搬送され外部との接触を禁じられ四年間、隔離された。

1945年、第二次世界大戦が終結、ナチス政権は崩壊し、マイヤーはミュンヘンに帰還し司祭としての活動を再開、荒廃した教会を立て直した。

同年11月1日、諸聖人ミサの途中、脳溢血を起こし祭壇側に倒れ帰天(死去)。その後、マイヤーの列福調査が開始、1987年、教皇ヨハネ・パウロ2世により列福された。

¥120

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

ドンボスコ社 アンデスの天使

ラウラ・ビクーニャ(Laura Vicuña、1891年 - 1904年1月22日)はアルゼンチンの少女、カトリック教会の福者。

「神様、私の命を捧げます。だから母の心を救ってください…」

11歳の少女の祈りは聞き届けられた。

彼女の信仰が、彼女の母の心を主に引き戻した。

その幼い命と引き換えに…

やなぎや けいこ 著 

157ページ 新書版

定価:709円+税

ISBN 4-8862-018-5

1988年12月 初版発行

祈るのも働くのも、わたしにとっては同じことです。祈るのも遊ぶのも、それもまたわたしにとって同じことです。

しなければならないことをして、神様がそのお望みのことを行う、わたしがしたいのはそれです。これこそがわたしの一番いいお祈りなのです。

12歳の福者ラウラ・ビクニャ。その短くも劇的な生涯。

¥788

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

聖母の騎士社 アラスカの宣教師 セグンドヨレンテ神父

この本はセグンド・ヨレンテ神父(1906~89年)への「感謝の気持ち」の表れである。

彼のおかげで、人生の理想を追い求めていた他の何百人の青年たちと同じように、私はイエズス会への「召命」という賜物をいただくことができた。ヨレンテ神父はユーモアに富み、豊かな霊性に満ち、キリストに対する喜びと愛にあふれ、自分が属していたカトリックの修道会イエズス会へと私を引き寄せたイエズス会員である。(「はじめに」より)

著者等紹介/編著/ホアン・カトレット(Juan Catret)

1937年 スペインに生まれる

1954年 イエズス会入会

1969年 司祭叙階

1975年 ローマ・グレゴリアナ大学で神学博士の学位を受ける

略 歴 広島イエズス会修練院司祭、エリザベト音楽大学教授を経て、現在、東京上石神井イエズス会修道院修練長補佐著 書 「十字架の聖ヨハネの霊性」「聖イグナチオ・デ・ロヨラの道」「マザー・テレサ - なくても与える人」「イエス・キリストの生涯」他多数 

¥864

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

聖母文庫 シャルルドフーコー

2001年4月24日に教皇ヨハネ・パウロ2世によって尊者に、2005年11月13日に、教皇ベネディクト16世によって列福された。

モロッコを探検し19世紀末の地理学に新境地を開いたシャルル・ド・フーコーは、

劇的回心をしてサハラ砂漠で新しい修道生活を送る。その波瀾万丈を描く。

 

シャルル・ド・フーコーは、モロッコを探検して19世紀末の地理学に新時代を開いたが、

現世的名声を捨てて回心し、新しい修道会の創設を模索する。

そして、隠修士としてアフリカの遊牧民と生活していたが、

第一次大戦中愛する隣人に裏切られ、殺害され、殉教した。

本書は、すべての人に「友愛」を捧げるという理想を求めた、彼の霊的遍歴の軌跡である。

¥540

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

聖母文庫 ルイス デ アルメイダ

アルメイダの苦難に満ちた医療と伝道のあとをたどりルイス・フロイスとの友情や、カブラル神父との確執および、さまざまな人たちとの人間的な交流をつづったものである。なぜ、彼がその前半生の商業活動で得た富を投げ出してまで蒲柳の身に鞭打ちながら伝道を続けたのか…。なぜ、それほど献身的な伝道を続けていて、二十数年もの長い間報われることなく司祭叙階への道が閉ざされていたのか…。

¥648

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

福者アン・キャサリン・エメリッヒ 

 

祝福されたアンキャサリンエメリッヒは1774年9月8日に生まれました。子供の頃、アンは彼女の後見人の天使にしばしば訪問されました、そして、彼女が羊を飼っていたとき、グッドシェパードご自身は彼女に現れます。幼年期のアンは、彼女が神の母、イエス、そして聖者についてのビジョンを与えられ神の知識を持っていることが知られました。アンキャサリンはしばしば彼らを助けるために煉獄で苦しんでいる魂に求められました。28歳の時、修道院に加わることを切望し、アンキャサリンは修練院に入りました。アンキャサリンは魂のために苦しむことに彼女の人生を捧げました。彼女は、仲間の姉妹には必ずしも受け入れられない多くの現象を経験し耐えました。

福者イメルダランベルティーニ

 

祝福されたイメルダランベルティーニは最初の伝達者の後援者です。彼女は青春時代に祈りに多くの時間を費やし、ローマの聖アグネスへの強い献身を育みました。祝福されたイメルダランベルティーニは、同様にローマの聖アグネスの多くのビジョンを持っていました、そして、彼女が最初の聖体拝領を受けて、すぐ幻視で死にました。

福者キャロライン・ゲルハンディンガー

 

キャロライン・ゲルハンディンガーは1797年に労働者階級の家族に生まれました。彼女は後にノートルダムの学校姉妹となったキリスト教教育に捧げられた新しい宗教秩序を始めました。キャロラインはイエスのテレサとして知られるようになりました。テレサは1985年に列福されました。

福者ジョン・ヘンリー・ニューマン

 

祝福されたジョン・ヘンリー・ニューマンはもともとは英国国教会の司祭でした。時間が経つにつれて彼はカトリックの作家の影響を受けてカトリック教会に沿って書き始めた。祝福されたジョン・ヘンリー・ニューマンは1846年にカトリック教会の司祭に任命され、イギリスでの彼の人生の残りの40年間を過ごしました。彼はロンドンの礼拝堂のに神学と哲学に関する彼の影響力のある文章を残しています。福者ジョンヘンリーニューマンの記念日は10月9日です。

福者ミゲルプロ

 

祝福されたミゲルプロは、司祭たちが隠れていたとき、教会が閉まっていたとき、そして教会の迫害が政府の政策であった時代に、メキシコの司祭でした。彼は聖餐を忠実な人々にもたらした地下のミニストリーを行うために複数の変装を使いました。祝福されたMiguel Proは、爆撃の企てを誤って非難され、メキシコ政府による一斉射撃によって処刑されました。祝福されたMiguel Proの記念日は11月23日です。

福者ジョルジョ・フラッサッティ

 

祝福されたピアジョルジョフラッサッティは、世界ユースデーの守護者です。彼は聖体崇拝、マリアンの献身、そして個人的な純潔を促進したことを覚えています。祝福されたピアジョルジオフラッサーティは、1922年に貧しい人々を支援し、ドミニカ共和国の三次教育者として入学しました。彼はファシズムに強く反対し、カトリック学生連盟やカトリック行動などの政治団体に関与するようになりました。祝福されたピアジョルジョフラッサッティの祝日は7月4日です。