ご絵 聖人 メダイ

聖コルベ  Maksymilian Maria Kolbe

聖マクシミリアンコルベ

 

聖マクシミリアンコルベは家族、麻薬中毒者、囚人、ジャーナリスト、そしてプロライフ運動の後援者です。Immaculata Movementを創設し、Knight of the Immaculate誌を製作したことで知られています。第二次世界大戦中、聖マクシミリアン・コルベは修道院に3000人以上のポーランド人難民を収容しました。彼は最終的に投獄されてアウシュヴィッツに送られ、そこで彼は絶え間ない殴打とひどい仕事を経験しました。聖マキシミリアンは警備員によって射撃隊のために選ばれた幼い子供を持つ男の代わりに亡くなりました。St. Maximilian Kolbeの祝日は8月14日です。

ご絵 イタリア 聖コルベ 7×12㎝ 裏白 2056

St. Maximilian Kolbe Holy Card.

This holy card is made in an Italian lithography workshop with a high definition print.

Available in the following sizes:

- 7x12cm

配送重量: 0.01kg

材料:紙

原産地:イタリア

¥85

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

ラメ ご絵 聖コルベ 10.5×6センチ 紙

¥108

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

聖母の騎士社 クリアファイル・聖マリアと聖コルベ

A4サイズ資料用(220㎜ × 310㎜)です。表面は白打ち後に絵柄印刷、裏面は白地になります。

¥165

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

聖母の騎士社 クリアしおり 聖コルベ神父

クリアしおり・聖コルベ神父 再生PET素材の透明なしおりです。 厚み:300ミクロン厚 サイズ:48×147ミリ

¥198

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

箔板絵 聖コルベ 10×6.5センチ×3ミリ

¥950

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

聖母文庫 アウシュヴィッツの聖者コルベ神父

これは「友のために命を捨てるよりも大きな愛はない」との聖書の言葉を実行した神父の物語である。かつて長崎で6年を過ごしたことのあるポーランド人宣教師の生涯を、女性作家が見事に描き出した名著。フランス・アカデミー賞受賞作。

¥540

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

聖母文庫 聖者マキシリアノ・コルベ

聖コルベの生と死、信仰と愛、思想と活動の全貌を、列福調査資料を駆使して克明にまとめ上げた必読の書です。 

マキシミリアノ神父の聖徳の噂が各地でささやかれるようになってから、1945年、通常の列福調査が行われた。主要な調査はポーランドの内情を考慮し、聖座の特別な許可を得て、パドヴァの司教館で行われ、その他、補助調査がワルシャワ、長崎、ローマでそれぞれ行われた。この調査には計75名の証人が出頭した。内訳はパドヴァに15名、ワルシャワに40名、長崎に19名、ローマに1名である。

¥1,080

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

聖母の騎士社 Fr.Maximilian Kolbe

B6 P16 English

¥162

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日

聖母文庫 長崎のコルベ神父

コルベ神父の長崎滞在時代を数々のエピソードで綴る聖母の騎士物語。

コルベ神父の47年の生涯で、長崎で過ごした6年間ほど、人間的に見て苦悩の時代はなかったろう。肺結核の病、貧困、周囲の無理解。その苦難の長崎時代を抜きにしては聖者コルベは語れない。 

著者等紹介  小崎登明 オザキトウメイ

本名、田川幸一。カトリック修道士。

昭和3年(1928年)3月、北朝鮮に生まれる。

本籍は長崎県外海町黒崎。昭和16年、帰国する。

昭和20年(1945年)8月、長崎・浦上で原子爆弾にあい

2ヶ月後、長崎聖母の騎士修道院(コンベンツアル聖フランシスコ修道会)へ入る。

長年、月刊「聖母の騎士」の編集にたずさわる。

聖母の騎士小学校・椿原中学校校長を経て、現在長崎・聖コルベ記念館に勤める。

著書に「コルベ神父 身代わりの愛」、「西九州キリシタンの旅」、「長崎オラショの旅」、

「ドキュメント・キリスト信者」、「信仰の旅路」、「十七歳の夏」、「春いつまでも」等(聖母文庫)がある。

¥864

  • 1 kg
  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

清水書院 コルベ

アウシュヴィッツといえば、大量虐殺が行われた死の収容所を思い浮かべる。そこに、他者のために命をなげうって、餓死監房にくだった一人の人間がいた。マキシミリアノ・コルベ神父である。神父は、「友のために命を捨てる愛」という武器をもって、人間の尊厳を否定する巨悪の力に立ち向かった、現代の預言者である。かれは、「憎しみからは何も生まれない。愛だけが創造する」という言葉を残している。まさに預言者の言葉であり、憎悪、不正義、搾取、命の抹殺、人間性の破壊という悪の力が渦巻く世界にあって、確かな重さを持っている。神父は学者ではない。自らの行動と生活によって証しする預言者、ジャーナリストとしての感覚を持つ実行の人であった。同時に、人間としての弱さも重く引きずっていた。本書は、かれ自身の言葉を辿りながら、かれ自身に語らせながら、餓死室に赴いたこの現代の預言者の姿に迫ろうとするものである。

¥1,296

  • 残りわずか
  • 配送期間:5-10日

聖母文庫  M・コルベ神父のことば集 無原罪の聖母

マキシミリアノ・コルベ神父が、聖母マリア、聖母の騎士(M.I.)運動、修道生活について同僚たちに残したことばの縮刷版。

¥550

  • 在庫あり
  • 配送期間:5-10日